足関節の後遺症について

テーマ:

足関節の後遺症で、多いのは外くるぶしの周りの痛みですが、足首の前側、かかと、ふくらはぎなど症状は色々なところに出ます。場合によっては痛みや違和感ではなく、可動域が狭くなり、動きが硬くなることもあります。捻挫の後遺症の原因は何かというと、足関節の微妙な位置異常です。足首は細かな骨が集まり、重なって出来ています。捻挫とは急な力が関節にかかって、捻れと引き延ばしが起こるので、関節が本来あるべき位置からズレます。そうした微妙な動きの引っ掛かりや、骨のわずかな捻れが症状のきっかけになっていることがあります。足関節捻挫の後遺症に対して、細かな触診をしていきます。そして、骨の動きの硬さ、よじれを見つけて、それを本来の位置に戻していきます。そして、足首の関節の位置以上により、つながっている膝、股関節、骨盤、背骨まで、影響は広い範囲に及びますので、背骨を含む手足のバランスも調整をしていきます。普段の歩きに不都合がある、スポーツが思い切り楽しめない。そんな捻挫の後遺症、足首の問題でお悩みでしたら、是非当院にご相談下さい!