「結婚」というロングドライブ | 「私なんか」を「私だから」に変える!潜在意識の専門家《大阪・東京》パーミッションセラピー協会代表 七海文重のブログ

「私なんか」を「私だから」に変える!潜在意識の専門家《大阪・東京》パーミッションセラピー協会代表 七海文重のブログ

「美」も「豊かさ」も思い通りになるパーミッションセラピー~過去の「痛み」も豊かさに変えて、愛されて輝きたいあなたのために~


テーマ:


【結婚というロングドライブ】

「パートナーシップ」や「結婚」についてのご相談を受けることが多い中、私自身の「結婚観」を聞かれることもしばしば。
クライアントさんには、こんなストーリー風にお伝えすることもあります。

「結婚」って、ゴールではなく、
ロングドライブの始まりだと思うのです。
 
 
今まで乗っていた、父親の運転する「家族」という
安定感のあるファミリーカーから
「あなた」の大好きな彼の運転する軽快な車に乗り換える。
 

 
今まで見たことのない景色。
自分とは違う趣味の音楽、食べ物、考え方。

「次はどこへ行こうか」と
「あなた」と彼と2人だけで決めて、
2人が行きたい場所へ行けるのです。

 
最初は何もかもが新鮮で、「あなた」は彼と
自分との違いを知ることが楽しくて刺激的。

2人だと、車窓から眺める景色も美しく見えて、
飽きることはありません。

  
しかし、いつしか窓を流れる景色も単調になり、
彼の好きな音楽も、ただの耳障りな騒音に聞こえたりして。

車を運転する彼もネタが尽きて、
以前は面白かったジョークのキレも鈍ってきます。
つまらなくなってきます。

途中、期間限定の同乗者のために、
ファミリカーに買い替えるかもしれません。

新しい楽しみも増える一方、
車内は以前ほどくつろげず、「あなた」は不自由で、
窮屈に感じることが増えてきちゃうかも。

 
 
  
でも、長いドライブの途中である日気が付くかもしれません。

「あなた」が助手席で口をあけてグーグー寝ている間にも、
彼は眠い目をこすりながら高速道路を走ってくれていたこと。

暖かい車内に「あなた」を置いて、手をかじかませながら
一人、凍えるような雪道でタイヤを交換してくれていたこと。
 
そして、
「あなた」が乗っているから、
車を前に進ませようとしてくれていたこと。


 
彼は不器用だから、伝えるのは上手じゃない。

「あなた」は気づいてないかもしれないけれど、
彼は「あなた」を大切にずっと守ってくれていて。
「あなた」はずっとずっと愛されていた。

だけど「あなた」はそれを知らずに勝手に拗ねて、
その愛情を上手に受け取っていなかったかもしれませんね


そして、「あなた」が心を尽くしてくれていることを
彼はちゃんと知っていて、「あなた」に感謝しているのです。


それは、「やってあげた」「してくれない」の次元でなく、
もっともっと心の深いところに流れる愛情とつながり。


もちろん、晴れの日も、雨の日も、嵐の日もあるけれど。
その1日、1日を2人で一緒に味わいながらドライブを楽しめたなら素敵。


  
時間が過ぎて、いつしか車内はまた2人になって、
きっと静かで穏やかな時間が流れていることでしょう。

そこに、
「疲れたでしょう?」とやさしくコーヒーを差し出す
「あなた」がいたら彼はとても幸せでしょうね。

これから先も、
「次はどこに行こうか」と
「あなた」と彼と2人で決めて、
2人で行きたい場所へ。

残りのドライブも安全運転で。

 
  

「許可」することで、愛も自信も手に入れる「潜在意識」の専門家さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります