_

_

_



テーマ:

子供の歯列矯正は

(小児矯正歯科・咬合誘導・床矯正)
ヨーロッパをはじめ

欧米では90年以上前から

取り入れられている治療方法です。



矯正では 
アゴの骨のバランスや大きさ
歯の位置 などを整えます。


骨自体が柔らかく 骨と骨のつなぎ目も

緩い子供の時期にアゴの骨の形を整え

将来、咬み合わせを治すために
歯を抜いたり

外科的にアゴの骨を切る
可能性を減らします。

アゴの骨を整え 大人の歯が

きちんと並ぶ土台ができた場合は

その後の治療が
必要ない場合もありますし

部分的な歯列矯正で
済むケースも多くあります。


もちろん、すべての歯並びの問題が

小児矯正の適応ではありません。

永久歯が生えそろい

成長が止まってから

治療した方がいい場合もあります。

お子様の将来の為にも
ご家族の方が 知識を持ち
適切な選択をされることを
おすすめ致します。

是非 一度 当院まで
お気軽にご相談ください。

ご予約は 博多歯科クリニックまで


  •  
  • Ameba人気のブログ

    Amebaトピックス