第6回結心会モーター部会が11月10日開催されました。

 

リアル参加者とオンライン参加者で40名ほどが参加いただきました。

 

今回は、ソニーネットワークコミュニケーション株式会社の体力・認知機能測定FIATを紹介いただきました。

 

 

タブレット1つで、座ったままできる体力・認知機能測定機器で、しかもタブレットが指示してくれますので、補助なしでもできます。

 

10分くらいでできますが、補助がついて、お客様とコミュニケーションを取りながら進めていくと、色々な話ができます。

 

ここに生命保険のニーズ喚起のチャンスがあります。

 

始めたら10分かかることで、お客様と接する時間が10分確定されますので、便利ですよね。

 

10分間でのトークスクリプトを作れば、確実に生命保険につながると思います。

 

続いては、朝日放送テレビから「ふるラボ」の提案がありました。

 

 

朝日放送テレビが製作している毎週土曜日放送の「旅サラダ」の中でも広告が入っていますので、徐々に認知度は高まっています。

 

ふるさと納税される方は節税目的ですので、であれば生命保険の話が確実にできますよね。

 

その入口として「ふるさと納税サイト・ふるラボ」を活用するのです。

 

しかも、お客様がふるさと納税された金額からフィーが出ます。

 

11月から12月がピークですので、今から取り組んで行きましょう。

 

リーフレットもできましたので、これを配布するだけで成果につながると思います。

 

保険ショップや整備工場さんでは「店頭」に幟を立てるだけで来店があると思います。

 

保険という直球でなく、ちょっとした変化球を使うことで生命保険の入口のハードルが大幅に下がります。

 

こうしたアイテムは結心会に400ほどあります。

 

損害保険中心でなかなか生命保険が取れないという保険代理店さんも参加いただければ、取れるようになります。

 

次回モーター部会は来年2月9日午後から開催します。

 

今からスケジュール表押さえて参加下さい。