老後資金を賢く増やす方法!生命保険を貯蓄につなげる上手な選び方

老後資金を賢く増やす方法!生命保険を貯蓄につなげる上手な選び方

老後資金、教育資金、マイホーム資金などの、ご相談から貯蓄のふやし方まで。お金の知識が、あなたの生活を守り、しっかり貯まる家計へ変身させます!
初心者でもわかりやすく。リスクを抑えながら投資と貯蓄で、老後資金3000万円を目指しませんか?


テーマ:
● 老後資金、あなたの理想の金額をつくる!

こんにちは、大澤博子です。

保険の見直し方法から、貯蓄と投資で、効率的に学費や老後資金を、貯める方法をお伝えしています。

さて、先回の記事の、続きです。
先回の記事は、こちら。^^

老後までに、しっかりと貯蓄を作っていくために。

あなたの理想の貯蓄金額は、いくらに設定しましょうか?

一般的には、老後資金は3000万円必要だと言われています。

その根拠はここでは、割愛させていただきます。



では、こんな設定を、してみますね。

今現在35才として。65才くらいまで働いたら、後はゆとりをもって生きていきたい。

もし働くとしたら、生活のためではなく、趣味や特技を仕事にするような、生き方をしたい♪

まず、3000万円を、60歳までに貯めるとして。

期間は、60歳-35歳=25年間。

さあ、どちらの方法、をあなたは選びますか?



毎月コツコツ貯蓄で貯めるには、必要な額は、こちら。


・約10万円

この金額を、毎月、積み立てていく必要があります。

もう一方で。

コツコツ積み立て投資なら?


・約4万5千円

この金額なら、ハードルが低くなって、「出来そう!」と思えませんか?

さらに、へそくり(100万円)などがあったりして、こちらも、投資にまわせるなら♪

毎月の積み立て額は、ここまで減りますよ!


・約3万8000円

毎月、コツコツ積み上げていくお金。

これほどまでに、変わるのですよー


ラクに、賢く貯めることって、できるのですね!

まさに、お金に働いてもらうという考え方が、できるようになると
賢く、効率的に貯められるようになるわけなのです。^^

だからこそ!

あなたも、ご自身やご家族のライフプランを考えることをまず第一に、してくださいね。

働く大人な女性だからこそ、準備や計画を、きちんと立てていただきたいなと、心から思っています。

あなたが、安心して、楽しく、ハッピーに過ごす未来のために。

あなたの大切な将来と、ぜひ向き合ってくださいネ!

目標額達成のために、もっと、毎月の積立金額を減らしたいなら、どうすればいい?

そんな方法を、こちらから発信しています。

登録しておいていただくと、タイムリーに情報があなたのアドレスに届きます。





老後資金、マイホーム資金、子どもの教育資金、結婚資金、車購入資金、リフォーム資金などの、貯蓄に関するご相談承ります。

保険の減額、見直し、選び方コツのから、家計改善へ。投資と貯蓄で、自分年金を作り、公的年金にプラスして安心の老後を。

テーマ:
● 老後資金3000万円を貯められるカンタンな方法は、とっても現実的です^^

こんにちは、大澤博子です。

保険の見直し方法から、貯蓄と投資で、効率的に学費や老後資金を、貯める方法をお伝えしています。

早いもので、もう12月も半ばを過ぎました~(^^;

2018年も、今月で終わり。

年を重ねるごとに、1年のスピードが早くなっているような気がします。

時間は、誰にとっても24時間平等にあるはず、ですよね・・・



現実の成果に対して、思ったように進んでいなかったり。

それとも、思ったような状況になってきている♪

こーんな差を感じてしまう根本って、何だと思いますか?

それは・・・

「行動するか、しないか」

ここに、あなたの、その欲しい結果のスタートがあります。

このスタート地点に立つことが、カンタンにみえても、意外に難しかったりすることも、知っているから。

結論から言うと・・・



叶えている方、達成の途中にいる方は、スタートに立って行動したから!

だから、行動しないことには、何も始まらないのですよ。

たとえば、今あなたが漠然と、将来のお金の不安があると、しますね。

そこから、その不安を具体化して、叶えたい目標を決めますー!

今までのクライアントさまの最終的なご希望は、こんな感じです。


**********

・将来お金に困りたくない、幸せな老後を実現させたい♪

→ 老後資金3000万円を貯められるしくみを手にいれて
実践していくだけ。

**********


「お金に振り回されない、安心で幸せな老後」

どなたにも共通する願いですよね。

現時点での抱えている悩みは、本当にさまざまなのですよ。

それでも、大事なのは、悩みの大きさではなくて。

目標を決めて、スタート地点に立つということ!!

意外でしょ?

それほど、スタート地点に立つということが大事だということ☆

スタート地点というのは、

目標を叶えるために「やってみる!」という旗を立てる!

ということだからです。

もちろん、正しい方法で・・・ね!

あとは、ここに向かって、どういう手順を踏んでいけば、どうなっていくのかを体感しながら、進んでいくのですね。^^

ですので、今現在、このような状況の方であっても。

変われますよ!全く問題がありません。

・貯蓄がほとんどない。

・毎月の収支がほとんどマイナスな状況で、ボーナスなどで補填(ほてん)している。

・毎月貯蓄をしていきたいと思っているのに、使ってしまう。

・貯金をしているつもりなのに、あまり貯まっていない。

・目的があって貯めたいけれど、今の方法では貯まる感じがしない。

・収入が少ないので、大きな額の貯蓄を作れる自信がない。

・保険に入りすぎていて、家計を圧迫している。

などなど。

特に、生命保険の保険料で家計が圧迫している方ほど。

大きく貯められる、資産作りができるという、可能性を秘めています。

私が、保険業界の現場にいたころから、保険の見直しは特に、得意としていたからなのです。

年平均で、30万位から多いと100万近く貯蓄を生み出してきました。^^

どこにも所属しない中立の立場で、アドバイスさせていただくので、特定の営利商品を売ったりすることがありません。

そして、現場では、ここまでお伝え出来なかったことでもあり。

本当は、一番お伝えしたいこと。

それが、今の仕事の源泉になっています。



・コツコツ大変な思いをしながら、辛い節約をしなくても、お金は増やしていける!

ということ。

お金を貯めることは、増やしていくことにつながっています。

そして、大きなお金を作るための、基本的な大切な考え方と、押さえるべきポイントを知って、実践していくだけで。

お金に振り回されない、幸せな安心の生活、充実した生活は、きちんと手に入れられますよ!

あなたは、どんな人生を手にしたいでしょうか?

いろいろな、希望、願い、生き方を変えられる、幸せな選択を手に入れるためのツールの一つが・・・

「お金」

でも、あります。

今は独身でも、結婚するために準備する資金。

将来やりたいこと、夢を叶えるための学びのお金だったり、趣味に没頭するための一時的な資金。

近いうちに、必要になるお金や、突発的な出来事への対応資金。

そんな大切な選択。

お金がないという理由のために、逃したくないですよね?

私は、イヤです。

そのためには、やはり、計画的な貯蓄は避けては通れません。

そのための、方法の一つを、次回お伝えしていきますね。

人生の分かれ道になるくらいの、重要な、知っておいて欲しい方法です。

そんな情報を、こちらから発信しています。ご登録は無料です^^





老後資金、マイホーム資金、子どもの教育資金、結婚資金、車購入資金、リフォーム資金などの、貯蓄に関するご相談承ります。

保険の減額、見直し、選び方コツのから、家計改善へ。投資と貯蓄で、自分年金を作り、公的年金にプラスして安心の老後を。

テーマ:
● 投資で資産形成ができるワケ

こんにちは、大澤博子です。

保険の見直し方法から、貯蓄と投資で、効率的に学費や老後資金を、貯める方法をお伝えしています。

「投資」をマイナスイメージで、いわゆるマネーゲームととらえている方は、多いかもしれません。

「投資」とは、自分の将来に備えるための一つの手段です。

本質の意味が、こちら!

「将来のために、行動を起こすこと」



反対に、目先の利益を得ようとする行動は、投機・ギャンブルと言います。

自分の投資スタイル次第で、安全性はある程度コントロールできるのですね。

私が日々これからお伝えするのは、結果の出やすい、長期型の手堅い投資方法です。

さらに、ここからが、大切なことです。

日本の人口は減少してきています。

しかし世界という視点でみると、人口は増え続けています。

人口が増えるということは、それだけ物や、サービスの需要がふえていく!ということ。

そうなると、結果、経済は発展していきますよね。

だから、経済の発展につながる「投資」をすれば、投資されたお金も成長しふえていくということです。

しかし、目的によっては、投資の商品は何でも良いというわけではありません。

鉄則を守って、適切な運用をする。

そうすれば、リスクをコントロールしながら資産をどんどんふやすことは、可能です。

投資したお金が、世界をめぐって活躍し、あなたのもとにおみやげをたくさん連れて戻ってきてくれる。というわけです。^^

あなたも、自分のお金を投資にのせて、世界経済の発展に貢献してみませんか?

具体的な、商品や方法はこちらでお伝えしています。




老後資金、マイホーム資金、子どもの教育資金、結婚資金、車購入資金、リフォーム資金などの、貯蓄に関するご相談承ります。

保険の減額、見直し、選び方コツのから、家計改善へ。投資と貯蓄で、自分年金を作り、公的年金にプラスして安心の老後を。


テーマ:
● 「NISA」の賢い利用方法を知っていますか? 

こんにちは、大澤博子です。

保険の見直し方法から、貯蓄と投資で、効率的に学費や老後資金を、貯める方法をお伝えしています。

今日は、ノウハウ記事です。

あなたは、「NISA」ってご存知でしょうか?別名、少額投資非課税制度と言われます。

これから利用しようとされていらっしゃる方、もしくはすでにスタートされている方に。

知っておいていただきたいことです。

このNISA制度、始まってから5年目になりますが、ホントに分かりにくいのです。



ご質問も多いのですね。

その一つに、非課税投資枠があります。

NISAには、一般NISAとつみたてNISA、ジュニアNISAがあります。

その中で、年間120万円の投資枠があるのが、「一般NISA」といわれるものです。

120万円の投資枠の範囲の中で、株式や投資信託などを購入できます。

また、「一般NISA」の非課税投資総額は、最大で600万円です。

その5年間、その間に受け取る利益に対して、税金がかからないのです。

そう、非課税なのですよ!



例えば、100万円証券会社などの口座で運用すると、税金が20%ほど引かれます。

そうなると、いくらの受け取りになると思いますか?

80万円です!

しかし、NISA口座で運用すると、100万円受け取ることができます。

この20万円って大きいですよね?

ちょっとした海外旅行にも行けますね♡

けれど、こちらの一般NISA口座、利用できる年に限りがあります。

10年間です。

新規に投資できるのは、2014年~2023年というわけです。


引用元:金融庁HP


ここで、こう思われる方もみえるようです。

口座を開設できる期間が10年あり、毎年120万まで投資ができるなら、トータルで1200万円の非課税枠があるのでは?と。

・非課税枠は、最大5つまでもつことが、できます。
・NISA口座は、この期間の中で、毎年一つの投資枠をもつことができます。

さらにここから、どうするの?という疑問がおこります。

一般NISA、5年後の選択は?

結論から言うと、5年後の選択肢として、こちらを選択することで、トータル10年利用することができる方法が存在します。

それが、「ロールオーバー」です。

しかし、そのロールオーバーが選択できる最後の年が・・・

2018年、購入分までなのです!!

ここを知ることで、では来年以降はどうしたら良いのか?

がわかりますよ。

長くなりますので、この続きはメルマガでお伝えしますね。





老後資金、マイホーム資金、子どもの教育資金、結婚資金、車購入資金、リフォーム資金などの、貯蓄に関するご相談承ります。

保険の減額、見直し、選び方コツのから、家計改善へ。投資と貯蓄で、自分年金を作り、公的年金にプラスして安心の老後を。

テーマ:
● こんな素敵な「タロットの世界」が無料で学べますよ♪

こんにちは、大澤博子です。

保険の見直しから、貯蓄と投資で、しっかり貯まる家計になる方法をお伝えしています。

今日は、占い好きの方にはたまらない、こちらの講座のご紹介です。

・森野御土日古さんと、かげした真由子さんのコラボ企画

   「女性のための無料タロット占い講座」

お客さんを依存させず、「自分の運命を自ら選ぶため」にタロットを使える占い師を増やすために!

というボランタリーな想いで運営されている無料の講座なのです。



私はもともとスピリチュアルが好きで、タロットの世界観は、まさに人生そのもの!と学びを感じていて勉強させていただいています!

物事の真髄、本質がわかるタロットの使い方、占い方ができるようになりたい方には、是非!!

自分の人生をしっかり舵をとって、最高の手に入れたい人生をつかめる!そんな考え方のコツ、エッセンスが満載です♪

・自分の運命を自ら選ぶためのタロットの使い方を学んでみたい方
・タロットを使って収入を得たい方
・コーチやカウンセラーやセラピストでちょっとだけタロットを取り入れたい方

は次回の先行募集をしているようです。

ぜひ、こちらから受講してみてくださいね。





老後資金、マイホーム資金、子どもの教育資金、結婚資金、車購入資金、リフォーム資金などの、貯蓄に関するご相談承ります。

保険の減額、見直し、選び方コツのから、家計改善へ。投資と貯蓄で、自分年金を作り、公的年金にプラスして安心の老後を。