保険は付けたり、はずしたりするものです。 | 『長期投資、これが日本を救う道』

『長期投資、これが日本を救う道』

保険代理店を経営しながら、自然に長期投資をお客様にご案内し続けてきました。もはやライフワークとなった長期投資の極意をお伝えすることで、日本のお金の流れが活性化すると信じています。


テーマ:

いつも『保険アイマーク』のブログをお読みいただき、

ありがとうございます。


このところ、難しい内容のブログばっかり書いているからか、

さっぱり読者登録が増えずに

気持ちが滅入っております。


そんな気持ちを吹っ切るために、

リラックスして読めるブログを今日はお届けすることにします。


生命保険と一生付き合うにあたって、

上手に保険とお付き合いするポイントです。


ご家族の環境が変化するたび、

生命保険を全部変えてしまう方がいらっしゃいます。


私のおすすめポイントは

若いうちに加入された終身保険のような、

長期の保険はそのままにしておいて、

必要な部品を付け加えたり、

お子さんが独立したら、

はずしたりしてお付き合いください。


というものです。


車でしたら、車検のたび、

買い換えるユーザーもおみえになると思います。


それは性能が良い車が出たり、

今乗っている車のデザインに飽きたり、

家族構成が変わったりと

色々な理由があるでしょう。


では、今まで読者のみなさんは、

何回、生命保険を買い換えていますか?


会社勤めを始めたときから、

**生命とずっと付き合っているから

買い換えたことは無い。


という方は、

トヨタとずっと付き合っているから、

買い換えたことが無い、

といっていることと同じで、

本当にずっと同じ保険かは、

保険証券の契約日を確認すればすぐに分かります。


社会人になったのが、

昭和の時代だけれども、

保険証券を確認したら平成15年*月*日契約、

となっていたらそれは買い換えているということになります。


本当のことを言うと、

若いころに加入した終身保険は、

買い換えると

『もったいない』ということがほとんどです。


保険と付き合っていて、

デザインに飽きることは無いと思います。


性能という面では、

医療保険とか、

ガン保険とかは新しい保険のほうが

性能が上がっていることもあるかもしれません。


こんな場合、

医療保険とかガン保険とかのみ、

新しくする方法があるんです。


なのに、多くの日本人がその方法を使わずに、

何度となく、

保険を全て買い換えている現実。

そして、それ以外の選択肢があることを

知っていないか、教わっていないという現実。


この現実を何とかして変えて差し上げたい。


微力ながら、そんな理念で

お客さまに保険のことをお伝えしております。


これからもよろしくお願いします。



保険アイマークのマスター 村松繁さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス