私が「パッケージ商品」を取り扱わないワケ | 【保険見直し塾】無料保険相談受付中!
2011-07-12 18:54:53

私が「パッケージ商品」を取り扱わないワケ

テーマ:ブログ
前回お話した内容でだいたい分かっていただけたと思うのですが、より詳細に書きます。



私が「パッケージ商品」を取り扱わない理由は、

1.お客様にとってのメリットを、ただの一点も見出せないから。
一般の方がメリットのみの説明を受けたら魅力的に感じるかも知れませんが、私たちプロは多くの会社の商品を知っています。その結果、メリットを感じないと言っているのです。
署名捺印が1箇所で楽だからという方が万が一いたなら、人生でそう何度もない保険契約をそのレベルで判断したという結果はご自分で受け入れてください。


2.「パッケージ商品」の中に、一部魅力的な保障があっても、私が取り扱う保険会社に同様の保障があるから。
例えば、大手保険会社に入院時かかった費用を「実費払いする保障」があり、TVCMもさかんにやっていました。しかし、私が取り扱う保険会社に同様の保障があり、しかも「単品契約」できます。


3.「パッケージ商品」の保障をすべてバラバラにすることで、必要のない保障は排除し、なにより「パッケージ商品」特有の制限が消え去るから。



4.「パッケージ商品」には、個々の家庭に相応しいコンサルティングに対応する能力はないから。
「パッケージ商品」はいわば「既製品」です。柔軟な設計は不可能です。



5.仮に「パッケージ商品」とほぼ同じ保障内容を「単品の組み合わせ」で設計したなら、保険料が安くなるから。

年齢が上がっていても、安いことさえあります。



6.「パッケージ商品」は現役時代のリスクのみを対象にしており、現実問題として「死なない日本人の老後」に配慮がないから。

若い時に万が一のことがあればそれは本当に大変で、保険はそこを見逃すわけにはいきません。
しかし、実際は圧倒的確率でほとんどの方が老後に突入します。
そのリスクに「パッケージ商品」は数々の理由で対応できません。
仮に、アカウント商品の積み立て部分を大きくし、多額の解約返戻金が貯まったとしても、解約しなければお金を受け取ることは出来ません。
「解約=保障の消滅」です。入院などのあらゆる保障がなくなってしまいます。


良識あるプロなら異論はないと思います。

いや、もしも異論のある方がおられたら、コメント大歓迎です!

「でも、これで日本経済を支えてきたのだから」なんてのはナシですよ!(笑)

【保険見直し塾】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス