もし私が「パッケージ商品」を売ることになったら? | 【保険見直し塾】無料保険相談受付中!
2011-07-12 18:16:39

もし私が「パッケージ商品」を売ることになったら?

テーマ:ブログ
前回説明しました「パッケージ商品」を私が売る立場になったらどうするかという空想話です。


未来永劫この種の商品を取り扱うことは決してないですが、「もしもそうなったら」っていうことですね。


例えばプロと同等、またはそれ以上の勉強をして、「パッケージ商品でなきゃ、ボクは絶対イヤだ!」と泣きながら地団駄踏む人がいたら(笑)、もしかしたら提供するかも知れません。


実際、パッケージ商品のみを売らなければならないことになったら、商品説明の時間配分が大幅に変わると思います。


お客様にとってのデメリット(注意点)の説明に相当の時間を消費するに違いありません。


おそらく・・・メリット:デメリット=2:8くらいの時間配分になるでしょう。


「なんでそんな制限があるんよ!?」などと突っ込まれたら、もっと長くなること必至です。


結果、デメリットをきちんと説明したら売れないんじゃないかとさえ思っています。




この商品を、すんなりお客様に契約していただくには、「魔法を使う」か「デメリットは一部しか説明しない」方法しか思い浮かびませんん。


デメリットをきちんと説明していなかったら・・・きっと夢に出てきて・・・私が「禁じ手」と思っている「転換」を勧めるしかないと思います。


それでも、私がきちんと説明してないのに、「なんだか感じが良い人なんで入るよ!(これは嬉しいケド)」な~んていうノリで契約してしまう「あ・な・た」・・・将来起きるデメリットはすべて自己責任でお願いします!(笑)

【保険見直し塾】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス