亜細亜N倶楽部~ひとまず近隣諸国へ行きましょ~

世界の人々が仲良くしてくれたらいいなぁと思います。
そのためには、相手のことをよく理解しなくちゃ!と思い、
細々と近隣諸国を見て廻ってます。
言葉が解らなくても、なぜか分かり合えるその瞬間が好きです。


テーマ:
ついにこのネタを書いちゃいます!

リアルにトイレの画像なので、覚悟しておいて下さいね!!

特にお食事中の方はご注意下さい!!



中国のトイレというのは、当時から色々話題になってたし、

私自身もかなり研究してました。

が、しかしっ! トイレネタは過去の記事

「よく行ったトイレ」

でしか登場しておりません。

そしてついに!このたび思い切って

この禁断のトイレネタに挑んでみます!

っと、前置きはこのぐらいにしといて・・・


今回は、あの北京のよく行ったトイレを上回るステキさですにひひ

(というか、あのよく行ったトイレは至って普通レベルですね)

雲南省が全てこのタイプだという訳ではありませんが

非常に興味深かったので、思わず写真を撮りました~グッド!

確か西雙版納のトイレではなかったかと思うのですが…。

いきますよ!! 

こちらです↓

雲南のトイレ

見ていただくとおわかりかと思いますが、

陽が当たっている箇所があります。

そうビックリマーク

屋根ナシなのでございます。

一応、分りやすく図解してみました。

トイレ図説

全体像はこのような円形の建物になっております。

いわゆる塀で囲ってあるだけ…って感じです。

入り口から入って、円の中を回って、

空いている小部屋(?)に入ります。

で、壁に背を向けて用を足す訳です。

この時はたまたま私しかいなかったので

写真撮影にも成功しました~♪

この頃の私は公衆トイレには慣れていたので

全然平気だったのですが、それまでの私が知ってる

トイレはどこも薄暗かったのです。

しかし、ココは思いっきり明るいひらめき電球

かなりの「上級者コース」でした~シラー

ちなみに、ちゃんと男女分かれていて、

男性が入ってくることはございませんので

安心してご使用下さいませ~♪

(機会があれば…ね)


この前大連に行った時も思いましたが、

日本の完全個室に慣れちゃうと、中国の大衆トイレは

なかなか勇気がいるもんですね~あせる
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hokahoka-cooさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。