そうだ!雲南省に行こう!(12)雲南の食事 | 亜細亜N倶楽部~ひとまず近隣諸国へ行きましょ~

亜細亜N倶楽部~ひとまず近隣諸国へ行きましょ~

世界の人々が仲良くしてくれたらいいなぁと思います。
そのためには、相手のことをよく理解しなくちゃ!と思い、
細々と近隣諸国を見て廻ってます。
言葉が解らなくても、なぜか分かり合えるその瞬間が好きです。


テーマ:
雲南に来てから、美味

しいものもあったのです

が出される食事はなかなか

進みませんでした。

というのも、味が薄くて

冷えていて…。

それはツアーの食事だったからだとは思うんですけどね!

北京でいつも美味しいものばかり食べていたので、

贅沢な舌になっていたのかも知れません。。。

そんなその日の朝、食堂に行くとなぜか私だけみんなと

違う別メニュー!!

そういえば前の晩に

「どんな食べ物が好き?」

と聞かれたので答えていたのです。

私は何気ない会話の流れでのことと思っていたのですが、実は

食の進まない私を気遣って、私の好きなものを用意してくれて

いたのでした。

「面」や「炒飯」が好き!と答えていた私の席には、

「過橋米線」と「稀飯」が用意されていました。

好きとは言ったものの、「穀物&穀物」がこんなたくさん…

と思いましたが、私のためにせっかく用意して

いただいたので頑張って食べました。

「過橋米線」は雲南の有名な麺料理です。

雲南滞在中に何度かこの「過橋米線」を食べましたが

絶対に日本人の舌に合うと思います。機会があれば是非

食されるといいですね!実は北京に戻ってからも

この味が忘れられず、「過橋米線」の看板を出すお店にも

行ってみましたが、全然違いました。。。

地方でも美味しいところもあるんでしょうけど、できれば

本場で食べるのがオススメです!!


※写真は玉泉公園で「演奏中のナシ族」です。

hokahoka-cooさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス