地震に強い屋根材 | 岐阜の屋根工事は外部工務店

岐阜の屋根工事は外部工務店

大垣市の瓦屋の屋根ブログ

今週の後半からは傘マークの連続で本格的に雨のシーズンが始まるようです。

今週までは、天気予報では雨 現状はくもりで予定が狂いましたが、雨雲が除けてくれるのもあと数日のようです。

 

梅雨時期に地震が多く発生していますね、今日も千葉と静岡で震度4、先週は山形県で震度6強と雨の中での普及工事は大変と思います。被災された方々には心からお見舞い申しあげます。

 

弊社にも去年の大阪北部地震の普及工事の応援要請がありましたが、その後の台風21号での普及工事でお伺いが出来ませんでした。

工事が落ち着きましたらお伺いが出来ればと思っております。

 

テレビの特集で雪国の積雪工法が耐震にもつながるという話で、躯体に雪の重みが掛かっても潰れない構造が、今回の地震で全壊が1軒も無かったという話の中で屋根は軽い方がいいと言っていましたが、重い屋根(在来工法)でも倒壊しなかった話のはずが、なぜ屋根は軽い方がいいという話になるか意味が分かりませんでした。

下の写真(今回の地震の写真ではありません)のように瓦で葺かれていても無傷の家もあります。

躯体さえ頑丈なら屋根材は重くても大丈夫という事です。

 

崩壊した阪神高速と無傷のいぶし瓦屋根

 

軽い屋根材で葺かれた住宅でも壁量や腐朽の程度で写真のように大きな被害を受けます。

地震に強い瓦屋根←こちらもご覧ください 。

 

 

岐阜県知事許可(般28号)第15980号
 屋根工事・瓦工事・
古鬼、瓦の販売
住宅リフォームの事なら有限会社外部工務店
 岐阜県大垣市三津屋町4丁目2番地-2
 TEL:0584(81)2864㈹ FAX:0584(82)2382
 http://www.hokabe.net/

 

お見積もりは完全に無料。成約に至らなくても無料です!
お問い合わせはこちら