あっきーのブログ

テーマ:
10/28、東京ドームにて開催された「KANPAI LIVE JAPAN 2017」に、柴咲コウのバンドメンバーとして出演しました。久々にコウちゃんの後ろで演奏出来、かつ会場はドームと、このお話を頂いてからこの日が来るのを楽しみにしていました。

今回のバンドは、Dr.福田洋子氏(ようこさん)、Ba.山口寛雄氏(ひろおくん)、Key.渡辺シュンスケ氏(シュンちゃん)、Gt.會田茂一氏(アイゴンさん)。ドラムのようこさんとは、以前から面識はあれど音を一緒に出すのが初めて。「ANOTHER:WORLD」のレコーディングが洋子さんのドラムですね。すこぶるかっこいいグルーブとドラミングに僕は持ち上げられて、リハーサルから本番までとても楽しくギターを弾くことが出来ました。ベースひろおくんは、2011年からの柴咲コウバンドのメンバーでバンマス。お久しぶりでしたが、その時から音が更に貫禄が増したような、説得力ある素晴らしいプレイ。キーボードシュンちゃんは最近いろんなアーティストで一緒に演奏していますが、ここでは鍵盤の比重が高い分、シュンちゃんの存在感を存分に発揮しているような感じがします。そしてギターアイゴンさん、僕がGREAT3でギターを弾き始めた90年台後半、エルマロで活動されていた頃に知り合い、その後「HONESTY」でご一緒したりしました。と言いつつ数えるほどしかご一緒していないのではと、そんな記憶。しかしながらリハーサルで一緒に音を出せば驚くほどスムーズで、かっこいい音がバンバン聴こえて来ます。エフェクティブで飛び出すような音も真骨頂かと思いますが、包み込むようなリズム、そのグルーブがとても気持ちよくて、アイゴンさんのギター大好きだと再認識。とても高揚しました。

東京ドームのステージに立つのは今回が初めて。噂通りワンワンする音場、いろんな音が混ざった反響音はリバーブというよりシンセパッドのようでした。イヤモニのない時代どうやって演奏していたんだろうとすら思いました。いざ本番を迎えると、ライブ!って感じ。何よりコウちゃんの気迫が凄く、僕の位置だと背中からその覇気が伝わってきてかっこよかった。僕も自ずと演奏に熱がこもりました。たくさんの観衆の前で演奏出来てとてもありがたかったです。初の東京ドーム、とても素晴らしいライブでした。

またこのメンバーとご一緒したいなぁ。参加出来て光栄に思います。