ユリが咲き、枝豆が採れだした。
 
   
 
そして毎年この時期はダリが咲きだす。
 
このダリアを守るためにやらなければならないのが風対策。
 
今までは棒を立て茎に紐で縛っていた。ところが台風の時は、風の強さに負けて茎が折れてしまったことが多々あった。
 
そこで数本棒を立て紐で巻く。するとダリアはこの紐が支えとなって棒が倒れなければ問題なく育つ。 
 
 
 
これでメデタシメデタシで終わったらブログらしくない。
 
ダリアの囲いに足を載せて作業していたら、バランスを崩し、そのままバックドロップ。
 
 
受け身はできた。しかしバラの囲いに使っている瓦が背中、足、手にビビビビビ~と。。。
 
笑って俺を見るダリアであった。
 
     
 
7月になり、コロナの破壊力は未だ衰えない。 しかし時は進み続ける。音楽活動も再開。
 
6月は色々あったのよ~~~ まずは音楽活動の方だけど、大所帯のバンドに参戦決定!!
コーラス、メインヴォーカル、ブラスが揃っている~~~~~ 
 
今までは自分が引っ張ってきたけど今回は新たなメンバーとして参加する。
バンド練習始まったら改めて報告したいと思う。
 
次に悲しいお知らせが一つ。
 
今までライブをやらせて下さった居酒屋とん。その店長が倒れて数か月。現在も入院の日々が続く。
その居酒屋でライブをするための機材を先日取りに行った。
 
寂しいがこれはしょうがない。長女、次女もコーラスで参加したこのステージは思い出がいっぱいだ。
 
 
長女を引き連れて機材を片付けに行った。その居酒屋でカレーを食べさせた。
 
 悲しくても新たな目標が生まれた場所でもある。
 
 
次女は高3となり、今年は受験。見事に進学が叶った後、長女、次女を歌わせライブ活動を再開する予定。
ミュージシャンのパパたちが目標とする親子ライブ、2021年予定だ。
 
その次女が行きたい大学から次女が通う高校に連絡があった。つまりこれは推薦募集。その枠に入り、合格するのが次女の目標である。
こんな感じに色々あった6月だった。
 
さて、冒頭に書いた依然と威力を持ち続けるコロナウィルス。世界で多くの死者を出したが私が住んでいた岩手県は感染者がいない。
これは本当に凄い事だと思う。
 
この岩手県は東日本大震災のとき、世界諸国の皆様の応援があったからこそ今の岩手県がある。
 
その支援して下さった皆様に支援のお礼を伝える活動を続けていたのは読者の多くの方がご存知のことと思う。
 
プロジェクトを始める前の2011年6月、岩手県は世界に向けて発信したことがある。それは平泉町の世界遺産登録が決定した。
 
2009年11月に本を出版し、年が明けて3月、平泉の自宅で開業。自費出版ではなく本を書けたことに感謝する気持ちを込めて始めたのがフリーペーパーに月1で発信したコラム。
 
そして東日本大震災が起きる。
 
本を出した責任、世界遺産登録の街に住む者として何ができるか考えた。それに応えて下さったのが岩手日報社。
 
この岩手日報社の動画チャンネルに平泉の宣伝として載せて下さった。
 
 
そして7月、陸前高田第一中学校へボランティア施術に行ったのがきっかけで始めたのが震災復興プロジェクト。
 
亡くなられた皆様の魂を音楽で形にし、CDにして被災者に差し上げる活動を始めた。
 
    
 
岩手日報社、毎日新聞社が取り上げて下さったのだが、母の命を救うために生まれた埼玉県に戻り、埼玉医科大学で手術。母の命は救われた。
 
引っ越して気づいたのが支援して下さった皆様の愛情。それに応える為に被災者支援の活動から支援して下さった皆様へお礼を伝える活動となった。
 
その活動は今まで書いたブログを見て戴きたい。2017年は特に熱かった。岩手に戻り凱旋ライブを果たす。
 
 
 
前置きが長くなってしまった。この活動をする時に作った曲がコロナと向き合う方々の力になれたらいいと思い、再度アップした。
 
歌は変えられないが英語で詞を書いてみた。ほんのちょっとでもいいから国境をこえて住む皆様の心に小さな力が宿ることを願う。
 
Freedom Kitchen True Happiness​ ← クリックよろしく
 
被災者の一人として皆様にお礼を伝える事と同時に新たな一歩を踏み出す力になれたらありがたい。
 
ほぐし堂練馬店 小川 哲男

これを使うとハッピーになると思ったが必要なかった。それは注射器。



代わりに使ったのは、、、

じゃない! スポイト!!



先日、ハードオフで330円のプリンター購入!

安い理由はインクがでない。つまり、印刷はできてもカラー印刷できない。

その原因は簡単で目詰まり。ノズルをクリーニングすればいい。そこで登場する予定だったのがこの注射器!

ここに水をいれてインクカートリッジに注入。そしてプリンターのクリーニングスイッチを数回やれば大丈夫。

いざ、やるぞ!と思った時、目に飛んできたのはこのスポイト。

注射器と先っぽが同じ太さ! 水を入れカートリッジに刺したら見事にうまくいった。

330円のプリンター復活!!



さあ、このノリでブログ、いってみようか~~~~


パンチパンチパンチ黄ハートぱー失敗足跡わからんダブルハート

 

しびれてるぜ〜 君に。

ちゃう。しびれるがこれほどではない。

俺をしびれさせたのはこいつだった。しかし、女ではなかった。

汁のない麻婆豆腐。



そこに山椒の実がたくさん入っているから痺れまくる。

舌はしびれても心がしびれないので心をしびれさせるのは君の役目らしい。

心がしびれると、なかなかもとに戻らないだろう。ん〜味わってみたい 笑 

あともう一つはマグロとねぎとの柚子胡椒。



山椒の実に比べればたいしたことではない。

山椒の実よりしびれるのはきっと君の歌声かもな~~~ 笑笑

相方はメンタル維持と体調不良でやめてしまった。ポジションあいたよ。歌って~

山椒の実もたくさん採れたが今年もイチゴがいっぱい採れた。



 

蚊に刺されながらとってきたよ。自家製イチゴ、なかなか味わえない幸せかも。。

これもいいでしょ?自家製ハンバーガー!Macより分厚いよ。



このハンバーガーとイチゴを食べて向かった先は仕事場。

 

仕事場の最寄りの駅は急行が止まらない。急行止まれ!!と思っているのは俺よりも練馬区民だろう。。。

その練馬駅、いつもの活気が戻ってきた。

 

店も忙しくなり、コロナの2か月間に初めて来店されたお客様がリピターとしてお越し下さる様になった。

そして2か月間お越しにならなかったお客様がお越し下さり、店も活気が戻ってきた。

 

別にいつも活気ある練馬店だから何も変わったことはないのだがコロナの影響でお越しになれなかった方々が来て下さったのが何よりうれしい。

 

ほぐし堂練馬店 小川哲男

 

先日、伊奈町の公園の脇をランニングしたら、バラは咲いていなかった。

伊奈町と同じように与野公園も埼玉県でバラの名所の一つ。

その与野公園も新型コロナウィルスの感染拡大防止のため「ばらまつり2020」の開催は中止となり、密集・密接を避けるため、つぼみをせん定することになった。

開花前のせん定は、木の形状を整え茎に養分を蓄えることができる。

新たな芽はきれいな花を咲かせていく。まさに、今、我々がコロナと闘う姿勢をバラ園は訴えかけているかのようだ。

新たな花。つまり、宅配販売を初めとする新たな仕事の試み、新たな市場開拓。それはバラと一緒ではないだろうか。

そんなコロナショックの渦の中、上野店から練馬店にやってきたうるさい男は一年を迎えた。

与野公園も伊奈町の公園もバラは咲いていなくても練馬店にはバラが咲いている。

家のバラが見事に咲き店に生けた。

 



その練馬店、コロナの中で営業している中での素晴らしい出来事の報告をしたい。それはコロナ対策部署の方が疲れを癒すためにお越し下さったのだ。

自分が休みだったので担当したスタッフの報告を受け、感無量。

担当したスタッフがこのようにブログで記している。

スタッフブログ

この報告を受け玉川温泉で働いていた時と頭の中で重なった。

玉川温泉は病と闘う全国の方がお越しになる。施術だけでなく、会話もお客様の活力になる。

施術する環境は違えど、身体を張って闘う皆様に微力ながらお手伝いできていることが何よりもうれしい。

練馬店だけでなく、上野店他王子店など、お客様から戴く言葉、

「どの方にあたっても間違いなくて安心です」

このお言葉をたくさん戴き、そのお言葉は我々の財産となり、コロナショックの中、営業している我々の心の支えにもなっている。

コロナ対施策部署のお客様のご来店は、店を続けていく私どもの活力源にもなった。

リラクゼーションという分野で働く我々の誇りはまさにここにある。

無理をして身体を壊した際はリラクゼーションではなく治療ができるところに行かなければならない。

無理をしてでもやらなきゃならない時は誰にもあるはずだ。休むわけにはいかない環境を支えるお手伝いこそ、リラクゼーション。

このブログを読んで下さっている同業の皆様、きっとそれがわかっているかこそ、それを誇りにこの仕事を続けている事と思う。

儲かる店づくりなど二の次。儲かる店づくりをしたいのならば、一人でも多くの多くのお客様から笑顔を演出しろと言いたい。

このコロナショックの中、我々ができる事は接客と技術力で心と身体を癒して差し上げる事だ。

お客様は私どものハートを体で感じ力に変えていく。

施術する我々は、今の状況下で住民の皆様の心を癒すのは我々だと誇りを持ってほしい。

さあ、マイナス思考は幸せを運ばない。辛いに一工夫加えれば幸せになる。そのひと工夫を演出しよう!!

 

練馬店 小川 哲男