着けても、着けなくても大して変わらないよ」
「余計な音ばかり気になって、肝心な会話が聞き取れないよ」
お試しで貸出しをされた方々から、たまに頂く感想です。
 
ここで補聴器の使用を諦めてしまう方もいらっしゃるのですが、実にもったいない事なのです。
 
想像してみて下さい。
あなたは足を大怪我して、数ヶ月入院しています。
手術をして、骨にプレートを固定しました。
さぁ、明日から元気に歩き回れるでしょうか?
ましてや走れるでしょうか?
 
お分かりの通り、答えは「NO」ですね。
恐らく、立ち上がるのも困難という状況ではないでしょうか。
 
退院までの間にしっかり「リハビリ」していかなければ、筋力が衰えてしまっているうえに、
運動の感覚も鈍っているので、まともに歩けなくて当然。
 
難聴のケアにもリハビリが大事
借りた補聴器で会議に出席したけど、大して効果がなかった。
 
その評価は、手術して数日後に階段が上手く上がれなかった、と言っている様なもの。
 
聞こえにもリハビリ期間が必要です。
 
加齢による難聴の場合、聴力低下は気付かない内に徐々に進行しますので
「脳」は現在のきこえに慣れていきます。
補聴器をつけて、今まで聞こえていなかった細かな音が聞こえるようになると、
”聞きなれない音”がすると感じ、どうしてもそこに意識が集中しがちになります。
しかしもともと世の中には様々な音が溢れていて、私たちはその中で生活しています。
余計な音が多少あっても、意識しないように「脳」が処理してくれています。
普段会話をしている時、壁掛け時計の針のカチコチという音は気になりません。
しかし1人で静かな部屋で寝ようとして、なかなか寝付けないときは途端に気になりだします。
 

全ては「脳」の処理、意識の問題なのです。
難聴が進行するにつれ、脳は「難聴者の脳」に変化していきます。
補聴器をつけ始めてしばらくは、この「難聴者の脳」をだんだんと聞こえる脳にリハビリしていく期間。
初めて補聴器を使う方には、それなりに軽い調整から始めています。
そのため、つけても大して変わらないと評価を頂くことも多いのです。
焦ることなく、時間をかけてリハビリしていく気持ちが大切です。

先日相談に来られたお客様、80代の方。

お試し用補聴器を貸出してお帰りになりましたが、

その後ご家族の反対にあったとのことで返却に来られました。

 

娘さん夫婦が、2人とも同じ外資系企業に勤めている。

その外資系企業は様々なものを扱っているが、その中に補聴器もある。

だから、そこで購入すればよい。という事になったそうです。

 

そこで考えてみたのですが、色々扱っている中の1つが補聴器である外資系企業とは?

思い当たるのはかつてのシーメンスですが、シーメンスは補聴器部門を売却してしまいました。

もはやシーメンスブランドでは補聴器は存在しません。

 

あとは、ほぼ補聴器専門でやっているメーカー。

グループ企業が別のものを扱っていることはあるかと思いますが、かなりマイナーです。

 

ご家族の方が価格が想像以上に高価だと感じ、断る口実としたか、

もしくは本当に外資系企業にお勤めのご家族がいるのか。

 

そうだと仮定して、どうも補聴器とは考えにくい。

何か集音器的な音響機器と勘違いしているのではないかと感じました。

 

補聴器はかなり専門的な医療機器ですので、どこで買っても同じではありません。

調整にはそれなりに知識が求められます。

 

今回のお客様が来られた地域は認定技能者資格を持った方が在籍する販売店が全くない地域でした。

果たして、どういったチャネルで購入させるつもりなのか非常に心配になります。

 

仮に正しく補聴器だったとしても、どこか自宅から遠く離れた店で買う事になるのか、

もしくは技能者不在の近くの店を通して購入するかの二択になります。

 

最悪のケースは、通販のような形で「モノ」だけ購入となること。

この方は聴力に左右差があり、言葉の聞き取り(明瞭度)にも大きく左右差がありました。

ただ機械だけ買っても、調整はどうするのか、

片方だけ?・・・ならばどちらの耳につける?

両方つける?

その判断はどうする?

 

とても心配なので、当店で購入しないにしても、気を付けるべきことを資料にしてお渡ししました。

せめて購入前に、ご家族の方共々耳鼻科医に相談するだけでもしてくれれば良いのだけど・・・

 

補聴器がどんなものか、情報があまりに少ないために安易に考えてしまう方も多く、

ご家族のためにと考えて、購入してあげた機器が何の役にも立っていない、

もしくはかえって聴力低下を招きかねないなど・・・あり得る話なのです。

 

補聴器は認定技能者資格のある店で、出来れば自宅から無理なく通える店での購入がお勧めです。

高齢のご両親の事を気にかけている皆様には、多忙かとは思いますが、

ただ否定するだとか、こちらで全て買ってプレゼントするなどでなく、

一緒に販売店や耳鼻科医院に行って、詳しい話を共に聞いてみることをお勧めします。

ご家族と共に相談に来られた方は、そのほとんどが良い結果につながっているように感じています。

 

当店ではブログ読者の方などから相談を頂く機会が増えて参りました。

大変有難いと感じるとともに、少々責任も感じますね。

お問い合わせは歓迎です。気軽にどうぞ。

 

近隣のみならず、1時間~2時間以上かけてご来店下さる方もいらっしゃいました。

ただ原則的には、近隣での購入をお勧めしています。

 

補聴器は何度か調整を繰り返す必要がありますので、

可能であれば近隣の信頼できる店が見つかるとベストでしょう・・・

 

 

 

ここのところ、通販の補聴器や集音器を買ってしばらく凌いでいたものの、やはり不自由さを解消できずに相談に来られる方が増えています。

 

だいたい皆さん口をそろえて言うことが、「最初は良かった。」「買った当初はまぁまぁ聞こえていた。」という評価。

では、果たして買った時よりも聴力が低下してしまったという事なのでしょうか?

 

私はそうは思いません。

加齢による難聴の場合、1年やそこらで急激に聴力が低下することは、そんなに多くはありません。

 

では、なぜなのか?

まず初めに、70歳前後になってご自身で聞こえづらさを自覚して補聴器を買ってみようと思った方々が、果たしてどの程度の聴力なのか。

だいたいが中等度難聴程度になってきていると思います。

1対1の会話はまぁそれほど問題ではない。

数人での会話、ちょっと騒がしい環境での会話になると途端に聞きづらい。

このような状態かと推察します。

 

そこで、通販でよく見かける耳穴式補聴器。

価格は数万円程度ですが、その性能はと言うと・・・

 

基本的にこれらは、「軽度難聴」向けの器械です。

中等度難聴まで進行していると、完全に出力不足となります。

 

70歳前後の方で、軽度難聴の方は非常に多いと思われますが、実際にはほとんど自覚がなく、自分は聞こえには問題がないと考えている人が大半でしょう。

徐々に進行するので、軽度難聴程度ではまだ気付かないでいるケースがほとんどです。

 

自覚するころにはだいたい「中等度難聴」程度まで進行しています。

なので、これら通販補聴器に手を出す方々の多くは、実際には軽度難聴を通り越した中等度難聴者が大半なのではと推察します。

 

しかし、初めて使う人にとってみれば、今まで聞こえていなかった音が聞こえるようになってくるので当初は、「とてもよく聞こえる!」との評価になるわけです。

 

しかし、段々と周囲の音に順応してくると、物足りなさを感じてくるようです。

中等度難聴が、軽度難聴程度まで改善しただけなので、依然聞こえづらさが残っている訳です。

そこで音量を上げようとするわけですが、限界があり「ピーピー」と余計な雑音ばかりするようになったなどの訴えをよく聞きます。

 

通販耳穴型補聴器A     ・・・・・・・17dB

当店で販売している平均的補聴器・・・・50dB

 

この数字は何を意味するかと言うと、最大音響利得といって補聴器が増幅できる最大幅を表しています。

この数字だけ見ても、性能差は歴然。

 

通販補聴器は安いけれども、買って1年もしたら全然物足りなくなってしまったというのも分かります。

 

補聴器は基本的に出力に余裕のある機種を選択するべき。

中等度難聴であれば、高度難聴までカバーできるレベルのものを選択しないと後悔することに・・・・

 

ましてや安さにつられて、「集音器」などに手を出すともっと酷いものにあたってしまうかも。

会話に必要な周波数の音を増幅できていない、なんてものもあるようです。

 

補聴器は高いとよく言われますが、そこには大変高度な技術が投入されていると同時に、それらを詳細に調整する技術も含まれているからこその価格なのです。

 

もちろん、しっかりした技術を持ち合わせたところで購入しなければ、その価値をしっかり引き出せないことも申し添えておきます!

 

ある高齢者のグループ(活動的な元気な高齢者)について、彼らの聴力測定を実施したところ、そのうちの約4割に難聴が確認できたそうです。

 

彼らは難聴の自覚はなく、自身の聞こえには何ら問題ないと回答していた方々。

おそらくは上の図に示したような、30~40dB程度の軽度難聴が多く見られたのではないかと推察します。

 

ちなみに、小中学生など学齢期以下の子供であればこの聴力は補聴器助成の対象となる聴力です。

なぜなら学業に影響を及ぼしかねないと判断されているからに他なりません。

 

では、高齢者ならこの程度は当たり前だから放置して良いのでしょうか?

 

難聴を放置することは様々な弊害をもたらします。

昨今、難聴と認知症の関連が話題に上がることが多くなってきました。

こちらは耳鼻咽喉科学会の記事の紹介です。

http://www.jibika.or.jp/owned/hwel/news/001/

 

http://www.jibika.or.jp/owned/hwel/news/002/

 

こちらは世界的に有名な医学雑誌、ランセットで発表された「予防可能な認知症の危険因子」

 

中年期での難聴が9%となっており、予防可能な危険因子としては最大要因となっています。

また、高齢期における社会的孤立や抑うつなども大きな要因となっていますが、これらはそもそも難聴がもたらす二次的な現象と考えることもできますね。

 

軽度の低下から難聴に対処することで、後の人生のQOL(生活の質)は大きく向上するのではないでしょうか。

 

自分は大丈夫と思っている方々、65歳以上では軽度難聴になっている方が大幅に増加してきます。

自覚のないまま進行し、自覚するころには中等度難聴まで進行しているケースが殆ど。

 

難聴が進行するほど、補聴器への適応は困難になってきます。

早い段階からの補聴器装用が望ましいですね。


大阪にて開催されている、聴覚医学会に参加しています。
明日まで店は休みを頂き、お客様にはご不便をお掛けして申し訳ありません。
今後、皆様の補聴器調整に活かせるような知識、新たなアイデア等を吸収できるよう努めて参ります。


 

昨日は、デンマークの補聴器メーカー「GNヒアリング」の創立150周年記念パーティにて、代官山にありますデンマーク大使館へご招待いただきました。

 

大使館などめったに入ることのできない場所なので、ご招待を大変有難くお受けした次第。

デンマークの伝統料理でのおもてなし、だそうですが、何となくIKEAのレストランで見たことのあるようなものも・・・北欧ということで似ているのかなと思いました。

 

GNヒアリングさんの広告に起用されている、辰巳琢朗さんも参加されていました。

 

写真もご一緒させて頂きましたが、ご本人の許諾を頂いていないので掲載は控えます。

辰巳さんは片手に持ったワイングラスがとってもお似合いでした!

 

昨日、補聴器を購入する前の予備知識についてセミナーを実施しました。

 

参加者の一人から聞いた話をご紹介します。

 

メガネ店で補聴器を購入した。

医療費控除の対象になるか尋ねたが、ならないと言われた。

助成金などの制度もないと言われた。

聴力測定は1種類しかやっていない。

骨導の測定などは受けた記憶がない。

 

さて、このやり取りには問題点が山積み。

 

まず、医療費控除の対象にはならないと言われた。

???

対象にならないと、何故メガネ屋の店員が即答できるのか?

あなたは税理士なのか?

 

補聴器は医療費控除の対象とすることができます。

ただし、補聴器が必要であるという証明が必要になりますので、

耳鼻科の補聴器相談医に所定の書類を書いて頂く必要があります。

上にある画像がその書類の一部になります。

 

有資格者がいない販売店では、そのような書類の存在すら知らない販売員が多く存在しますので、致し方ありません。

 

補聴器はどこで買っても同じではない、ということを何度も繰り返し申し上げておりますが、資格者のいない店で購入することには様々なリスクが伴うことを知っておいて欲しいです。

 

次に、助成金の制度などない?

これは聞いた側の受け取り方かも知れませんが、正確には「制度がない」、のではなくて聴力レベルが「基準に達していない」ということでしょう。

ここを上手く伝えてあげないと誤解を招きますね。

 

しかし、骨導測定もしなければ語音明瞭度測定もしていないし、耳鼻科医に診てもらったわけでもないのに、判断してはいけないですね。

 

補聴器の相談は、耳鼻咽喉科の補聴器相談医、認定補聴器技能者、認定補聴器専門店へ。

 

近いから、安いから、気軽だから、などの理由で安易に店を選ぶと、かえって損をする事も大いにあり得るので、お気を付け下さい。

 

 

 

先日、充電式補聴器についての話をしました。

 

記事はコチラ

 

充電式補聴器の場合、万が一停電してしまったら充電できずに使えなくなってしまいますね。

そこで、そのような対処ができるのかを前回の記事にて説明しました。

 

その中で、一例に挙げたのが最初の画像にある乾電池式の充電器です。

株式会社グリーンハウスが販売しているもの。

品番は、GH-BTB34A

 

単三アルカリ乾電池4本を使用します。

電池付きで¥1,500前後で販売されているようです。

 

実際にこれを使ってどれだけ充電できるのかを試してみました。

 

実験に使用した充電式補聴器はコチラ。

PHONAK製のAudeoB-Rです。

約3時間程度の充電で、24~27時間使用できるもの。

 

こちらを先ほどの乾電池式充電器のみで充電します。

中身は充電器購入時に最初から付属している、マクセルのアルカリ単三電池×4。

 

結果は・・・・

何と10回フル充電できており、まだ余裕がありそうです。

すみません、まだ10回までしか検証できていませんが、必要充分な充電性能ではないでしょうか。

 

1回フル充電で24時間以上使用できるとしたら、

昼間活動中に使用して、就寝中は電源を切っておけば1度のフル充電で2日は使用できる計算になります。

10回フル充電できれば、20日間は使用できることになります。

単三電池であれば比較的容易に入手できますし、価格も大したことありません。

自宅にストックしておけば、他にも用途が多いので邪魔にならないはず。

 

充電式補聴器を使用している方にはオススメ。

USB端子で接続可能なので、現在販売されている各メーカーの充電式補聴器のほとんどで使えます。


元気一杯、若かりし頃の夏、水浴び中のショット。


 

 

仕事とは全く関係ない話ですが・・・

 

昨年から難聴になって殆ど聞こえていなかった我が家のワンコ。

とうとう、今朝息を引き取りました。

最後は目も見えてないし、匂いだけで周囲を判断していたと思います。

 

数日前からほとんど食事を受け付けなくなり、昨日からは水も受け付けなくなり、息づかいも浅くなり、夜のうちに亡くなってしまうかと思われましたが明け方まで頑張り、

今朝8時過ぎにしばし小さく吠えて身悶えしたのち、息が止まりました。

 

ヨレヨレになって立ち上がるのがやっとなのに、排せつは外へ行こうと頑張って戸口まで行き、そこで力尽きてへたり込んでしまったり・・・

そんなに頑張らなくて良いのに・・・実に健気なヤツでした・・・

 

子供たちにとっては生まれた時から一緒だった存在。

一緒に立ち会って見送れるよう手配したいです。

 

本日10/1より消費税が10%に引き上げられました。

 

補聴器も価格が上がるのか・・・?

答えはNO! 補聴器は増税とは関係ありません。

非課税だからです。

 

さらに政府が推進している、キャッシュレス決済を利用頂くと5%還元となる施策の対象となっております。(全ての補聴器店が対象ではありません。対象店舗は限られます。)

なので、はっきり言ってこのタイミングがむしろお得ですね。

来年6月まで実施しています。

 

還元には上限があるようでして、1回の還元額は1万5千円までとなるようです。

 

当店は5%還元の対象店舗となっております。

クレジットカードでの一括払いが対象です。

 

還元方法はカード会社などによって異なるようで、請求金額から引かれるケースやポイントとして付与されるケースなどがあるようなので、そこは確認が必要。

 

SUICAやQuick Payなどの各種電子マネーも扱ってはおりますが、それらは一度の利用金額に上限があるため、単価の大きい補聴器の購入時には利用できません。

電池などの消耗品の購入時には利用できます。