Azuma系幹之フルの遺伝率

テーマ:
今までいろいろな幹之を見てきましたが、幹之の中ではAzuma系がお気に入りです。


光にグラデーションが入ったり、金系やロングフィンも出てきて楽しめます。


さらに早熟に拘って系統維持されてるようです。



ウチでもAzuma系幹之を累代しています。


去年は、好きな種類は卵がなかなか採れないというアルアルにハマり、やっと採れたのは8月の末と言う状況でした。


その子達が越冬し、光も伸びてきたので遺伝率を調べてみました。


まず、種親はこんな感じです。
{87731923-511A-4021-84AA-64A85648058A}

全て口先まで光が伸びたフルです。


そして生まれた子供達。
{9D2C387F-C14E-4521-824D-070053B3860F}



まず弱光は、この子だけです。
{4DCEEE71-0A9F-4EF1-9548-870F0423450D}



スーパー(目の辺りまで光がある)14匹 
{6529729F-3278-45AD-B7CD-4DD8B8C5DFDB}

{D88A4308-151E-4441-844A-37F41511F5D6}




フル(口先まで光がある)5匹
{C281397B-575E-49DF-9CD4-6FBC9ED972AE}

{1AF0D547-0283-4199-9D70-95702FE0B84D}

まだまだ2〜3cmほどなので、もう少し光は伸びそうです。


【結果】
強以下 5%
スーパー 70%
フル 25%

わずか20匹ほどなので参考程度ですが…


ただ、今までの経験的にもフルになるのは2〜3割程度なので大きくズレてないかなっと思います。


これが良いのか、悪いのかわかりませんが、95%がスーパー以上なので個人的に楽しむには充分ですね。


いつかは、ほとんどがフルボディって言う日が来るのでしょうか?


進化が楽しみなAzuma系幹之です。


※飼育環境や採卵時期によって光の伸びが多少変わるようです。





他のメダカブログはコチラ
にほんブログ村