すた☆ぶろ

総合ホビーサークルS.T.A.R.S.の愉快()なメンバーが日常の活動、大会レポート、どーでもいい日常などを書いていきます。


テーマ:

こんにちは。

やる相手がいないのにベイブレードにハマっているハヤトです。

 

先日11/18にポケットモンスターサンムーンが発売されました。

サンムーンはXYに次ぐ、約3年越しとなるポケットモンスターの新シリーズでこの日を待ちわびた人はとても多いと思います。

実際、自分も開店と同時に買おう(予約受取)とビッグカメラに早朝向かったのですが軽い人の列が形成されて驚きました。

都内では大行列ですごかったと話題にもなっていました。

 

 

さて今作サンムーンですが、先程殿堂入りすることができましたので、この場を借りて感想を書きたいと思います。

 

自分は基本的にゲームをクリアしたときはああよかったなとツイッターとかでつぶやいて終わったりするのですが、今作は今までのポケモンシリーズになかった良さが非常に多く、前例のない異なるストーリーのよさに感動しました。

その感動を多くの人に知ってもらいたいと思い、ここにまとめることにしました。

 

 

・豊富な出現ポケモン

今作は過去作も含めた多くの種類のポケモンが序盤の草むらから登場します。

昔のシリーズでお世話になっていたポケモンを捕まえてまた一緒に冒険する楽しさをより深く味わえるのは個人的にすごいいいと思いました。

また、昔から出てくる一部のポケモンもタイプや覚える技が変化して登場してくるので目新しさもあってポケモンとの出会いの新鮮さはストーリーの最後まで続きます。

 

 

・秘伝技撤廃

今作から空を飛ぶや波乗りと言った秘伝技が撤廃されて、そのかわりを担うライドポケモンといういつでもフィールドに呼べるポケモンが登場しました。

つまるところ、毎作手持ちに1,2匹入れていた秘伝要員というものが今作から必要なくなりました。

これは大きな改善だと個人的には思います。

無くなったと言っても、わざマシンとしては未だに存在はいるのでご安心を(秘伝技の中でもバトルで使う技は限られますが)。

 

 

 

 

・ストーリーのよさ

 

*****

ネタバレ注意です

*****

 

BWのストーリーはNがプラズマ団幹部に踊らされていてわちゃわちゃしてたら解決してアデクというよくわからんおっさんチャンピオンとの決戦、XYのストーリーはフラダリが理想とする世界を作ろうとして世界やばい、でもワチャワチャしてたら解決からのスワンバレーみたいなチャンピオンとの決戦。

 

個人的な前作2つのイメージはこんな感じのひどい印象しかありませんでした。

ポケモンシリーズは基本、バッジを集めながら悪党と対峙、ボスや伝説のポケモンとの決戦、最終決戦と言った大まかな段取りが決まっています。

 

ですが今回は大きく違います。

今作からストーリーのひとつの区切りとなるバッジ収集が撤廃されて、各島巡りと試練を通して成長するといったぼんやりとした目標になっています。ただその島巡りがよくできていて、その地域の中ボスポケモン、それをすべて倒すことで島のボスと戦えると言った新たな進行になっています。

最初は微妙じゃねと思ってたものの、中盤になる頃には何回も熱くなれいいじゃんこのシステムと感動してしまいました。

 

また、主人公が悪党と対峙するという前作からの筋書きもあるのですが、中盤で本当の悪党は正義の味方だったという事実が判明、それを悪党だと思っていた敵とともに戦うというテンプレですが熱くなるという展開になっています。

 

 

今作の伝説のポケモンは前作と違い敵対(ぼんやりとした関係)ではなく、明らかな主人公の味方です。

特筆すべき最後の捕獲イベントでは、このポケモンを手持ちに入れてエンディングを見たいという気持ちにさせれらる素晴らしいイベントとなっています。

この演出は今までのシリーズにはなく、特に感動的でした。

 

そして最後の四天王戦も今までにはない再び本気を出したとある人との対決、チャンピオン戦も今までにない衝撃の展開と最後まで驚きながら熱くなれました。

 

 

今作のストーリーはBWからのストーリーで飽々していた人たちも、びっくりするほどの完成度の高いストーリーとなっていて非常に満足しています。

ポケモンに触れていない人でもストーリーの完成度からRPGに近いものとして楽しめる良作品となっていると感じました。

 

 

 

 

・登場キャラの良さ

これも非常に良い点でした。

まずメインヒロインとなるリーリエがとてもかわいいです。

 

 

リーリエはストーリーの根幹となるキャラなので最後まで関わっていきます。

見た目が可愛いのはもちろんのことストーリーが進むに連れ変わろうと努力したり、主人公といい感じになったり、これまた今までのシリーズにないテイストのヒロインキャラとなっています。(そもそも今までのシリーズにヒロインキャラがいたかは怪しいですが)

こんなキャラポケモンらしくないといえばそこで片付けられてしまいますが、個人的にはかわいいキャラと終盤まで関わっていくポケモンもいいものだなと感じました。(ギャルゲーっぽい)

 

その他にも悪党のスカル団も小物感が今までにないゆるさを生み出してていい感じですし、グラジオという敵キャラも最後の最後でいい奴イベントを起こしたりしてかっこいいキャラだなと感じたりしました。

 

リーリエ以外にもアセロラやマオ、スイレンといったかわいい女の子もたくさん出てきてます。

ここまで可愛いキャラがたくさん出てくるシリーズがなかったので、新鮮さがありました。

こうして今の小学生たちは新たな扉を開いていくのかな、と思ったりもしました。

 

 

 

・BGMのよさが開始から終盤にかけてシリーズ随一

BGMは過去作品を踏襲しつつも南国、POPと言ったアレンジがされていててどこか聞き覚えのある、でも新しくていい曲と感じるものが多くありました。

自分は毎シリーズのなかでも必ず1つや2つほど好きになれないBGMがあるのですが今作はそれが全くなかったです。

 

BGMは人の好みで評価が大きく異なりますが、個人的には今作のBGMは全体的にいい曲だと思います。

特にスカル団の下っ端戦は今までの下っ端戦とは違うとてもかっこいい曲になっていたのが印象に残っています。

最後のチャンピオン戦もポケモンシリーズのOPをアレンジしたとても熱くなる曲となっています。

 

 

 

 

大まかに書いていきましたが感動した点は以上になります。

ムービーが多くてテンポが悪いと言った少し気になった点もありましたが、それを差し置いても非常にいい作品だと思います。

 

今までのシステム、制度を大きく変えるという新たなポケモンの取り組みは大成功、BW、XYという谷底を超えた新たなポケモンの始まりだと自分は感じました。

 

特にストーリーは今までとは違う熱さと感動があるのでポケモンシリーズをやったことがない人にもぜひともやってほしいです。

 

 以上になります。ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

S.T.A.R.S.さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。