Hoa Hong の新婚奮闘記

異国の地で新婚生活がスタートした新米主婦の日々の記録


テーマ:

というわけで、その後の私の奮闘記は名前を変えて、
こちらでつづっております。


新ブログはこちらこれ→☆☆


前回のブログで最終回ですが、
追記として掲載させていただきます。


どうぞ、宜しくお願いいたします。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


私たち夫婦、本帰国します。

$Hoa Hong の新婚奮闘記


夫は3年間のホーチミン赴任生活を間もなく
終了することになりました。

というわけで、私たち夫婦のサイゴン生活ももうすぐ
終わります。


先に1年間夫がひとりで頑張っていたここホーチミンでの
生活。

2年前、結婚式の4日後にはここで2人の生活が
はじまりました。


慣れない土地での生活は最初はドキドキでしたが、
毎日があっという間でした。

とはいえ、体調が悪くなると日本人病院に行くだけで、
何かほっとするような感覚にもなり、

外に出てベトナム語や英語をろくに話せないのに
話さなきゃ生きていけないから話してみても
通じなかったり、

人に会うこともすっごく面倒くさくなって
プチ引きこもって痔になったこともあったっけ。


けれど、だんだんとこんなもんかと
生活にも慣れてきたころ、これからも大切に
していきたい素敵な出逢いにも恵まれました。


ダンバウ・ダンチャンの師匠であるフーンバオ先生、
ずっとやさしくサポートしてくださった
ベトナム語の先生、通訳のAさんや、
ベトナム人箏友のHさん、日本語クラスのみんな。

同じ駐在仲間の日本人のお友だち、箏友やお弟子さん、
現地採用で来ていたお友だち。


そして、ブログを通して、
同じように悩んだり、
海外での生活を経験されている方々から
いつも励まされてきました。

顔は見えないけれど、心のよりどころだった皆さんとの交流。
まるで、近所でお話してるかのような感覚で
私にとっていつの間にかとても大きな存在でした。


感謝してもしきれないほどの気持ちでいっぱいです。

これからの日本での生活、サイゴンでの経験を糧に
初心を忘れず引き続き頑張っていこうとおもいます。


このブログもこれで終わりにしようと思います。
(いつか別のカタチで再開できるかな…?)



最後まで読んで下さって
本当にありがとうございました。



『ベトナムでの生活はどうだった?』と
聞かれたら、
『楽しかった!』と答えるでしょう。


そして、またいつの日か
これから益々発展しつつあるベトナムの姿を
見に来ることができたらいいなぁと思っています。





2011年9月 Hoa Hong









AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホーチミンの路線バスはとっても乗りにくい。

バス停に居ても手をあげて「乗る」アピール
しないと止まらないし、

どこで降車したらいいのか、何も言わないから
さっぱりわからない。

だから、見当つけて降りるか、
親切な車掌さんだと「〇〇で降ります」
と一応言ってみたりして。


そんな路線バスのなかでも5区の
チョロンバスターミナル行きの
一番分かりやすいバス『1番』が
リニューアルしたので、
買い物ついでに乗ってみました。

(節約のためともいう)

Hoa Hong の新婚奮闘記

今までのグリーン系ではなく青い車体は
なんだか清潔感ただよっていましたよ。


Hoa Hong の新婚奮闘記

日本のワンマンバスと同様に運転席横の料金箱に
お金を入れる仕組み。

お釣りも出てくるから、いいですね。

でも、今までは車掌さんが一人ひとりにお金を
もらいにいっていた路線バスの支払いシステム。

慣れないベトナム人たちもこの仕組みには皆さん
戸惑っていました。


ちゃんとレシートをもらって。
Hoa Hong の新婚奮闘記



Hoa Hong の新婚奮闘記

優先席もあって、中を良く見ると車体は韓国のもの。
韓国語で書かれている部分がそのままでした。


次のバス停の案内も自動放送されていたし、
車掌さん(?)がいないのは
なんだかさびしいけれど、

バスの普及はもともと交通渋滞の緩和からだ
というこの町で、

少しずつマイナーチェンジしながら、住みやすく
なっていくのかもしれないなぁと思うのでした。


でも、実際私のまわりのベトナム人は
路線バスの乗り方を知らない人が多いです…。

バイク社会はまだまだ続く。















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。