いきなりですが・・・

「時間の流れが加速している」と感じるのは、私だけでしょうか?

 

 

 

そういえば、

田舎と都会では

流れる時間のスピードが違う、と

どこかで聞いて「やっぱりな」と思ったことがあります。

 

 

 

どうせなら

時間のスピードが遅い方が嬉しい?

ので、将来的には田舎への移住も視野に入れたいと思いつつ・・・

 

 

 

時間の流れが早すぎて、

気付いたらあっという間に8月も下旬、

お盆のことを今さら書くのも何ですが

 

 

 

先日、ご先祖様と一緒に、

父の実家の地酒「司牡丹」をいただきました♪

 

 

 

以前に近所の酒屋で購入した

限定品「司牡丹マッハGOGOGO」バージョンです。

 

 

 

司牡丹を飲むと、

舌から脳へと「懐かしい味」が突き抜けていきます。

 

 

 

日本酒の味が分かるほど

舌は肥えているわけではありませんが、

司牡丹の味はなぜか「懐かしい」と感じますね~

 

 

 

とはいえ、

 

 

日本酒は少量でやられるので、

ほどほどにしたいと思います~

 

 


 

そういえば

最近はアニメや漫画を

またよく見るようになりまして、

 

 

 

先日偶然、テレビ東京の

「なんでも鑑定団」を見ていたら

声優の堀川りょう氏が出演していて

声優デビュー作「ウイングマン」でのエピソードを話していて、

 

 

 

大好きだった「ウイングマン」が

どうしても見たくなったものの、

配信サービスは1話無料なので

2話以降は有料・・・で、見るのを断念・・・

 

 

 

 

配信サービスではなく

何か他の方法での視聴を考えたいと思います!

 

 

 


 先日、Netflixを見ていたら、

「僕だけがいない街」を発見、

アニメ版が大好きで、家族みんなで見ましたが、

 

 

 

 

実写ドラマはまだ見たことなくて

検索したらNetflixオリジナルのようで、

 

 

 

「完全再現」と書かれていたので

見てみたら、本当にアニメそのまま

完全に再現されていて驚きました(汗)

 

 

 

 

でもって、

この作品のめちゃ好きなフレーズがありまして、

 

 

 

アニメでもドラマでも何度となく

合言葉のように交されていた、

「したっけ」という北海道の挨拶です。

 

 

出典:コロッとコロラド

 

この作品の中では

合言葉のように繰り返し発せられるこの言葉、

 

 

 

現地の方からすれば、

ごくごく使い慣れた挨拶に過ぎませんが、

生まれて初めて聞いた私には

何とも言えない「秘密の言葉のようなワクワク感」を感じてしまいます(笑)

 

 

 

そういえば当時、

ラストが気になって、

配信が待ちきれなくてコミックをレンタルしたら、

 

 

 

漫画のラストとアニメのラストが

ちょっと違っていて・・・二度おいしい気分になりました(汗)

 

 

 

もしコミックを読まなかったら、

味わえなかったと思うと、

漫画かアニメどちらかよりは

両方見た方がお得感を味わえるのでは?と感じますね~

 

 

 

漫画を見てからアニメを見て、

情報量の多い漫画を先に見てよかった!

なんてことを思ったので、

アニメや実写を見る前に

コミックを読んでおくのもおススメです♪

 

 

 

タイムリープして過去に戻り

大切な人たちを守るという内容で

とっても面白いので、

まだ見ていないという人にはとってもおススメです~

 

 

 

 

そして先日、またもや

netflixで面白い映画を見ましたよ。

 

 

 

「七つの会議」

人気作家、池井戸潤の原作なので、

既に見たという方も多いと思います。

 

 

 

実は以前、

レンタル開始した新作のときに

TSUTAYAで借りたにも関わらず、

見る気がしなくて、そのまま返してしまって・・・

 

 

 

今回、改めて見たら

めちゃくちゃ面白かったですー!!

 

 

 

キャストが超豪華な上に、

人気小説ですから面白くないはずないですね(汗)
 

 

 

この作品のメインキャスト、

野村萬斎の目と佇まいが大好きです♪

 

 

 

あっと驚く意外な顛末と、

魅力的なキャラたちが

真実の解明に奔走する姿が、

面白く描かれていて、最後まで楽しめます!

 

 

 

 

ということで、 

またもや話は変わりまして




「家系のカルマが子々孫々まで続く怖い話」についてです。

 

 

 

 

ちなみに今回の内容は、

こちらの動画で知りましたよ!

 

 

 

この動画には、前置きとなる話があります。

 

 

 

山田浅右衛門という

江戸時代の御様御用(おためしごよう)に関する話で、

 

 

御様御用とは

「刀の切れ味を試す仕事」のことで、



山田浅右衛門とは

御様御用を代々受持つ当主の名称だそうです。

 

 

 

死刑執行人の技術があまりに難しく

できる人が限られていたため、

腕の立つ山田浅右衛門に任されたそうです。

 

 

 

でもって、

 

 

このような仕事をしていた血筋では、

現代まで一人残らず「頭から上の怪我や病気を患っている」ということ。

 

 

 

山田浅右衛門を襲名できるのは、

一つの家系で二代までだそうなので

いくつかの家系で、このような症状が絶えず続いているそうです。

 

 

 

 

また、

この他にも奇々怪々な話で、

 

 

 

とあるご夫婦に

子どもが生まれましたが、

頭は人間でしたが、首から下は完全に黒蛇だったそうで・・・

 

 

 

医師はご主人を呼びましたが、

ご主人は「妻には詳細は知らせずに、このまま安楽死してほしい」とお願いしたそうです。

 

 

 

医師も「この状態ではすぐに亡くなるだろう」と予想しました。

 

 

 

もしこのことを話したら

「動揺して母体に悪影響を与えかねない」という配慮からのこと。

 

 

 

 

ところで、

 

 

このご夫婦は、

蛇を捕まえて蛇皮細工を作る仕事を生業としているそうで。

 

 

 

にわかには信じがたい話ですが、

世の中には驚くようなことが、実際に起きているのも事実です。

 

 

 

この話を聞いて思い出したのは、

易経の勉強をした時に教わったこと、

今世で何をしたかによって、

家系が背負うカルマがある程度決まっている、というもの。

 

 

 

詳細はまた、

別の記事でご紹介したいと思いますが、

やっぱり本当にそういうことがあるんだと

今回の動画を見て確信を深めましたよ!

 

 

 

 

知らなかったとはいえ、

ご先祖様がしてしまったことを

子々孫々まで背負うことになるカルマ

 

現代に生きる人たちや、

これから生まれる子孫にまで影響を及ぼしてしまう・・・

 

 

 

ご先祖様に限らず、

この世で生きている自分たちも

今何をしているかによって、

その行為がもしかしたら今後の血筋に

多大なる影響を及ぼす可能性も十分にあり得るのかも。

 

 

 

軽い気持ちで行動したり

無意識にしてしまったことが、

後々影響していく、それが自分へ戻るならまだしも、子孫にとなると責任は重大ですね(怖)

 

 

 

 

・・・まあ、

ご紹介しておいてなんですが、

信じるも信じないも、人それぞれ

 

これもあくまで情報の1つとして

参考程度に捉えていただければと思います。

 

 

 

ということで、

 

 

見ていると

つい「したっけ」が使いたくなる作品

「僕だけがいない街」はアニメも実写ドラマもとってもおすすめ、

 

 

 

ご紹介した動画、

都市ボーイズのチャンネルは

不思議な体験談や都市伝説など、

他ではあまり聞けない話も聞けるので

新情報が欲しい!という人にはとってもおススメです~♪