昨日の晩酌は新商品の金麦、

限定だそうで色が美味しそうで買ってみたら

夏に合いそうな爽快感のあるテイストでした♪

 

 

 

つまみは、ワカメと大葉のカツオ節ポン酢和えです~

 

 

サッパリして美味しい!

夏はこれと素麺とか最高かも!

 

 

 

とはいえ、

夜寝る頃には外気も涼しくなって

ちょうどいい気温で寝やすいですね~

 

 

 

朝までぐっすりですが、

朝方は夢の途中からいろいろなことが

頭の中を巡って考察が止まらず・・・

 

 

 

昨日知った情報と

これまでの知識を化学反応させて

未来に役立ちそうなものへと合成したら、

いてもたってもいられなくなって

飛び起きてPCを開き記事を書き始めます(笑)

 

 

 

 

今朝もそんな状態で、

昨日の情報から考察を始めて

閃光の如く頭に降ってきたことがあったので、

今回はそちらを書いてみようと思います!

 

 

 

先日からよく見かける記事は、

英国航空とデルタ航空のパイロット

7名がワクチン接種後24時間以内に命を落としたというもの。

 

 

 

他にも、

アメリカでは接種後3ヶ月ほど経ってから

急にお亡くなりになるケースが激増しているそうで、

 

 

 

ウイルスで命を落とすか、

ワクチンで命を落とすか

という、何だかおかしな状況に見舞われているようです(汗)

 

 

 

日本でも男性より女性の方が

死亡率が高いような気もしていて(私感ですが)

 

都市伝説界隈では

出生率を下げるため

子宮に影響を及ぼす成分が入っている

なんていう説も浮上してますが、

成分などについて一般市民には知る術もありませんので・・・

 

 

 

 

とはいえ、

フィリピンなど海外では、

接種しないと逮捕や刑務所行きなど

強制的に打たされる一歩手前まで来てますし、

 

 

 

金品を出す国もあって、

相当躍起になっているなと

感じざるを得ない状況で、

 

 

なぜそこまでしてワクチンを打たせたいのか?

 

本当に「ウイルスがこれ以上蔓延しないため」なのか?

 

それとも、もっと別の意図があるのか?

 

 

 

・・・とはいえ、

どこかの国に所属していたら、

その国のルールに従うしかありませんので

「打たないと56す」と言われたら

 

 

「打って副作用で4ぬ」か

「打たないで56されるか」という二択で

どちらを選んでも4しかないじゃん、という究極の選択ゲームが合法で展開してますね(泣)

 

 

 

決して脅かそうと思って

こんな話をしているわけではありません。

 

 

 

今世界で現実に起きていることを

忖度なしで書くとこんな状況で、

日本でもワクハラなんて言葉が出てきて

似たようなことが起きないとは言い切れず・・・

 

 

 

もし、そうなった場合にどうすればいいか?

という対策はないかと先日からずっと、頭を巡らせていたわけで・・・

 

 

 

でも、そういう時こそ

基本に立ち戻ることが大切で、

私も超基本に立ち返って考えてみました。

 

 

 

 

そもそも、

日本人はウイルス耐性が強くて、

他国に比べても感染者は圧倒的に少なかった

 

 

 

ワクチンはウイルス以上に脅威ですが、

日本人の耐性で何とか乗り切れないかと・・・

 

 

 

日本人の強みは、微生物の強さでもあります。

 

 

 

微生物を活性化させることで、

体の免疫力も比例して強くなる

 

 

例えば、

過酷な環境でも

72時間以内に自身を変容させることで

常に進化し、生きながらえることが可能という点、

 

 

 

そうやって

微生物は地球創生から

過酷で劣悪な環境の中でも

変容を繰り返し、自身を進化させ続け、現代まで生存してきたといいます。

 

 

 

微生物を活性化させることで、

細胞は変容し、進化することもできる

 

 

 

 

では

微生物を活性化させるには、

なにが有効か?これが分かれば

ワクチンにも耐性ができるのではないか?

 

 

 

ただし、

微生物が変容を遂げるより

ワクチンが細胞を破壊する方が早いなど

ステルス制だったりした場合は、かなり厳しいかも知れません(泣)

 

 

 

・・・こうなると、

ワクチンが先か、

微生物が先か、

微生物VSワクチンという極めて厳しい状況になりそうです。

 

 

 

 

ということで、まずは

微生物を活性化させることが重要ですが、

ではどんなことをしたらいいかというと

 

 

酵素や栄養が豊富な

  • 生モノを食すこと
  • 発酵食品を食べること
  • 海藻類を食べること
  • 無農薬の作物を食べること
  • 塩をよく摂ること

 

ですが、この中で一番難しいのは

無農薬の作物を食べることでしょうか。

 

 

 

農薬は作物を大きく成長させますが、

過保護な環境で育ったために

栄養素がとても低いのが難点です(汗)

 


それに比べて

無農薬の作物は過酷な環境で

成長しなければならないため、

体を小さくしてハイブリッド化させ

強くなるため養分をしっかり貯めこむので

農薬を使用した作物の10倍も栄養価が高くなります。

 

 

 

なので

無農薬の作物は少しでも栄養満点で

反対に農薬で育った作物は量を食べても

栄養を十分に摂取するのは難しいのです(汗)

 

 

 

わが家も野菜すべてを

無農薬にするのは難しいものの、

自然栽培野菜を販売している

近所のスーパーで調達したり、

ネットショップで取り寄せたりして

徐々にシフトしていますよ!

 

 

 

おすすめはお米で、

お米は無農薬でも比較的簡単に育つと

奇跡のリンゴの木村さんも話していて、

わが家もお米だけは数年前から無農薬を食べています。

 

送料無料 広島県産コシヒカリ 10kg 玄米 5kg×2無地袋令和2年産 1等米

 

 

他にも、

塩は焼き塩がいいという話を聞いたことがあります。

 

 

還元力が高いとか、

解毒作用があるなど

様々な効果効能があるので、

焼き塩もデトックスにはかなりおすすめです♪

 

 

 

 

 

言わずもがな発酵食品は

免疫力を高めるのに非常に有効で、

味噌や醤油、納豆、糠漬け、甘酒、麹など

お好きなものを毎日摂取してもらえたらなと。

 

 

 

ただし、

いくら発酵食品を摂取しても、

それを打ち消してしまうようなものを

食べていたら意味がありません(汗)

 

 

 

加工食品やジュース、

胃腸によくない辛いものや甘いもの

ファーストフードやコンビニ食、

すぐに食べられるサラダなどなど・・・

 

 

 

せめて

ワクチン接種の可能性がある今だけでも、

加工食品やジャンクなどは控え

できるだけ粗食にして、食べ過ぎないことを心がけることが大切です!

 

 

 

 

そして、

 

 

食べるもの以外にも

非常に重要なのが精神衛生面ですね~

 

 

 

どんなに食生活を整えても、

精神的にイライラしたりストレスなど

負荷のかかった状態では全く意味がありません(汗)

 

 

 

むしろ、食以上に精神面が重要かも・・・

 

 

 

精神的に穏やかで安定した状態でないと

微生物は活性化しませんし、

ストレスに晒されると微生物は弱まり

細胞の働きが低下して、ウイルスの恰好の餌食になり兼ねませんので

 

 

 

極力ストレスの多い環境は遠ざけ、

イライラすることなく、できるだけリラックスして心の安定を保ちましょう♪

 

 

  • 歌を歌ったり
  • 絵を描いたり
  • 動物を愛でたり
  • 好きな本を読んだり
  • 好きな動画を見たり

 

 

没頭できることや

心が満たされることをすると、

体も細胞も活性化されるので

自分が本当にやりたいことをしたり、

自分だけでなく家族にも、やりたいことをさせてあげるのがおススメです。

 

 

 

 

そしてそして、

 

 

何より重要なのが

「そしじ」だということにも

ようやく気づきましたよ!!

 

 

だからこのタイミングに

この言葉が世に出てきたのかと膝を打ちました(笑)

 

 

愛と感謝と調和

 

 

他人に対して愛を以て接し、

嫌な対応をしてくる相手に感謝し、

その相手の幸せを心から願い、

どんな状況であっても冷静に対処する

 

 

 

難しいと感じるかも知れませんが、

はじめは違和感があっても、

続けているうちに他人を許したり

相手の幸せを願う習慣をつけると

 

 

徐々に寛容に対応できるようになって、

他人に寛容になることで、実は自分自身が癒されていることに気づきます♪

 

 

 

情けは人の為ならず

 

 

 

人の為にしたと思ったことが

実は自分のためだった、ということはよくありますが

 

 

 

「そしじ」は正に

その究極かも知れません。

 

 

 

他人を許すことで、自分を許せるようになる

他人に寛容になることで、自分にも寛容になれる

 


 

この精神性を養い、

習慣になり無意識になることで

体内の微生物がもっとも活性化する、

最高の成長ホルモン「エンドルフィン」が

細胞を活性化させる、人間にとって最高の状態だそうですよ♪

 

 

 

エンドルフィンは

究極の幸せホルモンと呼ばれ、

脳内麻薬とも呼ばれていますが、

これが多く分泌されるのがボランティアをしている時だそうで。

 

 

 

無償の行いをしている時には、

人は対価や見返りを求めません。

無償の行いをしている時こそ、

人は最高に幸福感を感じることができるそうですよ!

 

 

 

見返りを求めて

子どもを育てたり、

他人に施しをしても

全然幸せにはなれないということが

このことからもよくわかると思います。

 

 

 

私の周りにも以前は

「将来、子どもに面倒を見てもらう」

なんて、しょっぱいことを言っている人がいましたが、

 

 

 

そのために子育てしているとしたら、

自分のためにも、子どものためにも

明るい未来は期待できませんので、

今すぐ考え直すことを強くおススメします。

 


 

 

ということで、

くどくど書き連ねてしまいましたが・・・もしもワクチン接種が強制になったとしても、生きていくために何が有効かを考察してみました。

 

 

 

 

これもあくまで超個人的な見解で

もしかしたら全然検討違いかも知れません(汗)

 

 

 

 

しかも、これは

発酵食品を日常的に食す

日本人など特定の種族には有効ですが、

 

欧米人や発酵食品を食べない人たちは

細胞を活性化させるために

何をすべきかは皆目見当がつきません(汗)

 

 

 

そして何より、

 

 

発酵食品で細胞を活性化させたとしても

ワクチンに対する抗体ができるかどうかも

今のところは定かではないので、このままいくと

多くの予言通り「世界の人口は半分以下になる」というのが現実になりそうです。
 

 

 

この予言は多くの人が

「地震や津波、惑星衝突など天変地異が原因」とか

「第三次世界大戦により人類が滅亡」すると思ってきましたが、

 

 

 

今回のワクチン接種が原因で

世界の人口が激減する可能性も出てきました。

 

 

 

7月にはオリンピックで

変異種を持った外国人が大勢来日し、

日本は今以上に感染者が激増しそうですし

 

 

その後も地震や火山噴火の予言もあって、

「複合災害に見舞われる」と考察する人も多いですし、

 

 

 

第三次世界大戦も今すでに起きていて、

ワクチンもその兵器の1つに過ぎず・・・

 

 

 

中東でも昨年の春に

殺人AI兵器が使われたそうで、

各国で様々な兵器を使い、

世界中を戦争の渦に巻き込んでいる

 

 

 

・・・でも、それは

これまでの戦い方とはまるで違い

非常に見えにくく行われているので、

自分が戦火の中にいると気づく人は多くないかも知れませんね(泣)

 

 

 

日本では今のところ

ワクチンが一番の脅威となりそうで、

そのために最善を尽くす必要があって

今からすぐにでも始めないと間に合わないかも

 

 

 

今のところ世間では、

対策などは言及されていませんが、

個人的には細胞を強くすることで

ワクチンから身を守ることができるのではないか?と考察しました。

 

 

 

もしかしたら、

細胞を活性化させる以外にも

もっと有効なものがあるかも知れないので、今後も引き続き、情報収集していきたいと思います!!

 

 

 

とはいえ、

地球創生から過酷な環境を耐え抜いて

進化し続けてきた微生物が、

今回の問題を解決へ導く重要なカギになる

個人的には確信していますし、

 

 

ごくごく普通に、

健康を保つ上でもいいものなので

毎日意識して発酵食品や塩をよく接種するのがおススメです♪

 

 

 

そして、何より大切なことは、

いつでもニコニコ明るい笑顔で

他人も自分も同じように敬い、感謝し、幸せを祈ること

 

 

 

好きなことをする時間を作って、

没頭できることに夢中になるのも

細胞を活性化させるのに非常に有効なので

 

心から好きなことをしたり、

時間を忘れるほど楽しめることをしましょう♪

 

 

 

ついでに、

毎日「いろは、ひふみ」を読み上げると

目には見えませんが空間に結界が張られて、

災害から家や家族を守ることができるので

「とんでも話」と思わずに試してみるのもおススメです~