パウロのローマ書8章は、クリスチャンに与えられた、勝利宣言である。

8:1 こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。

8:2 なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。

 

クリスチャンの中に住まわれる聖霊様によって、いのちの御霊の法則①が働き、罪と死の法則②から解放されるからである。

罪と死の法則も存在しているのだが、神の御霊の法則の方が、圧倒的に強力なため、罪と死の法則から解放される。

つまり、①>②なのだ。

1か月目のクリスチャンも20年のクリスチャンも、全員、神を信じたことにより、聖霊様が、自動的に私達の中にお住まいになっている。

行ないによらず、期間によらず、全員に、聖霊が内住なさっている。

「私には、その実感がないので内住されていない」というのは、まちがいである。

感覚の問題ではなく、事実関係の問題である。

根拠は、聖書にそう書かれているので、事実なのである。

そして、御霊の法則が全員に働いている。

罪と死の法則から、完全に解放されている。

そして、勝利宣言。

聖書の最高峰である。

8:31 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

8:32 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。

8:33 神に選ばれた人々を訴えるのはだれですか。神が義と認めてくださるのです。

8:34 罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。

8:35 私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。

8:36 「あなたのために、私たちは一日中、死に定められている。私たちは、ほふられる羊とみなされた。」と書いてあるとおりです。

8:37 しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村