サターンの最大の目的は、私達人類が、本当の神に目を向けない事、それからそらせようとすることだろう。

その巧妙な手口は、いろいろな手口がある。ある時は、人を恐れに抱かせる場合もあるが、逆に、心地の良い役に立つものとして現われてくる。

そういう意味で、気になるのが、テレビでの健康番組である。

ほぼ、毎日のように、健康で長生きするためのと健康法、つまり「血管年齢を若くするためには・・・が必要、腸内環境を整えるためには・・・、肺は、脳は、脂肪は・・・・」と、際限がない。

食べる順番まで、また朝がいいか、夜がいいか等、テレビ局もあの手この手で、特集を組む。

専門医もアドバイスする。

私達も健康は重要なことなので、気になって見る機会はある。

しかし、これほど、「ああでもない、こうでもない」と繰り返される中で、これは枝葉の問題と思えることも多い。

これほど健康に異常に気を使いすぎると、「命よりも健康の方が大事」とおかしげな状態になりかねない。

それと似たような状況が、老後の不安への対処方法、つまりお金に係わる本の多さである。

あなたの老後設計は、間違っている・・・、今から必要なお金の貯め方・・・、等のたぐいである。

健康や老後への蓄えは、とても重要な問題ではある。しかし、それへの意識が過剰になるような情報が氾濫している。

しかし、これらは、この世における体やお金に係わる問題である。永遠に関わる問題ではない。この事を、クリスチャンはよく知っている。

しかし私たちにも、現実的な重要な課題として、関心を持つように、揺さぶりをかけているようである。

影響を受ける分だけ、神への集中度が薄まるだろう。

注意しなければならない。

また、本当の神を知らない方々へは、本当に重要な問題に関心が向かわない、悪い影響を与えている。

一見無害であり、有益な情報でありそうだが、そうではないと、私は考えている。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村