人の評価を気にしないこと。

人に期待しないこと。

人に良く思われようとしないこと。

・・・は、とても大事なことだと思う。

例えば、SNSでの「いいね」の数を期待するのは、人からの「承認欲求」だと聞いたことがある。

友達がほしい。人から承認されたい、注目されていたい、できれば多くの人に。

その気持ちは、わからないわけではないが、本質的に、自分の安心を他者に依存するのは、はかなく空しいだろう。

人の評価、ましてネット上の責任のない評価は、あてにならないと考えたほうがいいだろう。

それに引き替え、神様は、私のことを良く知っている。

私の状態もよく、ご存じである。

私のこころの状態、私のこころざしの程度、神への愛、人への愛の状態、すべてお見通しで、ガラス張りの状態。言い訳がきかない。

あなどられないお方と、聖書に書いてある。

しかし、そんなお方だから、私も腹をくくって、ゆだねられる。

そんなお方が、私を誰よりも愛してくださっている。

その神が、私の状態を熟知の上で、私に働きかけ、反省させ、うながし、力を与えてくださる。

そして、私は、神とより親しい関係となっていく。

それが、王道であり、それで充分であり、他者への、余計な気遣いはやめた方がいい。

時間の無駄となり、しいては神との関係を損ねる事につながっていく。

一方、他者に対して、誠意をもって応対するのは、とても大事なことである。

だが、他者の反応を過度に気にかけないようにしよう。

他者は、コントロールできないし、コントロールされる必要もない。

人を恐れてはいけない。おそれるべきは神である。

お互い、注意したいものです。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村