昨日の「ホープ聖書学び会」で、ルカ16:19~31を学んだ。

ある金持ちと、その門前のラザロという全身おできの貧乏人の話である。

ともに死に、金持ちは、地獄で苦しみ、一方のラザロは天国でくらすという話である。

全文をのせる。

16:19 ある金持ちがいた。いつも紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。

16:20 ところが、その門前にラザロという全身おできの貧乏人が寝ていて、

16:21 金持ちの食卓から落ちる物で腹を満たしたいと思っていた。犬もやって来ては、彼のおできをなめていた。

16:22 さて、この貧乏人は死んで、御使いたちによってアブラハムのふところに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。

16:23 その金持ちは、ハデスで苦しみながら目を上げると、アブラハムが、はるかかなたに見えた。しかも、そのふところにラザロが見えた。

16:24 彼は叫んで言った。『父アブラハムさま。私をあわれんでください。ラザロが指先を水に浸して私の舌を冷やすように、ラザロをよこしてください。私はこの炎の中で、苦しくてたまりません。』

16:25 アブラハムは言った。『子よ。思い出してみなさい。おまえは生きている間、良い物を受け、ラザロは生きている間、悪い物を受けていました。しかし、今ここで彼は慰められ、おまえは苦しみもだえているのです。

16:26 そればかりでなく、私たちとおまえたちの間には、大きな淵があります。ここからそちらへ渡ろうとしても、渡れないし、そこからこちらへ越えて来ることもできないのです。』

16:27 彼は言った。『父よ。ではお願いです。ラザロを私の父の家に送ってください。

16:28 私には兄弟が五人ありますが、彼らまでこんな苦しみの場所に来ることのないように、よく言い聞かせてください。』

16:29 しかしアブラハムは言った。『彼らには、モーセと預言者があります。その言うことを聞くべきです。』

16:30 彼は言った。『いいえ、父アブラハム。もし、だれかが死んだ者の中から彼らのところに行ってやったら、彼らは悔い改めるに違いありません。』

16:31 アブラハムは彼に言った。『もしモーセと預言者との教えに耳を傾けないのなら、たといだれかが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。』」

 

この例え話は、深刻なテーマである。

学び会には、すでにクリスチャンになられた方もいれば、まだそうでない方もいる。

受けとめ方は違うだろう。

私は、信者になり、また信仰が深まれば深まるほど、重たく感じるようになる。

つまり、これは、イエスの例え話で、だれかの例え話とはわけが違う。

イエスを100%信じているので、彼が語る内容を、真実と確信しているからだ。

この例え話は、怖ろしい死後の現実が明らかに示されている。

まず、救われていない者は、死後とても苦しんでいる。

天国と地獄の間には淵があって行き来ができない。死ぬと救いの機会が終わる。
この世においては、悔い改めるには聖書で充分であると言っている。
あなた(神)を知る機会がなかったとは、言い訳できない。しかも現代は、その当時より、聖書が簡単に読める状況にあることを踏まえる必要があるだろう。

地上での暮らしぶりは、死後の暮らしとは、まったく関係ないどころか、逆になる可能性が高い。生前、富にあぐらをかいた人が、永遠に苦しむことになる。

また、ルカ6.20からの「貧しいものは幸いです。神の国はあなた方のものだから。いま飢えているの者は幸いです。やがてあなたがたは満ち足りるから。」「しかし、あなたがた富む者は哀れです。慰めをすでに受けているから。いま食べ飽きているあなたがたは哀れです。やがて飢えるようになるから。」とまさに、連動する御言葉なのである。

地獄の恐怖は、聖書に何度も書かれている。私も果たして本当か、と思うような悲惨な状況が、聖書には書かれているが、イエス自らの言葉として何度もその存在が語られているので、私は信じるしかない。

そうであるなら、私は自分だけ良ければ、ということにならない為、同胞である多くの日本人に事前の厳重注意を喚起したいわけである。

この事を知らずに死んだ場合、私が信じる聖書通りの場合、大変な事になる。

聖書の内容をどう最終判断するかは、本人の問題とはいえ、まずは、読まない事には判断のしようがない。

「大変な事が書かれてある聖書を、生きている内に、必ず読む必要がある」と、私は、多くの同胞に、知らせたいわけである。

私が、「死ぬまでに必ず聖書を読んでおく必要性」という本を書いた理由は、そのことを伝えたい一念なのだ。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村