ネヘミヤ記からの学びを続けます。

今日は、5章の貧しい民とその妻からあった、同胞のユダヤ人に対する抗議についてです。

食べるのに苦労し、その為に家や畑を抵当にして、金を借りまた税金を払わなければならない。さらには、次のような事態。

5:5 現に、私たちの肉は私たちの兄弟の肉と同じであり、私たちの子どもも彼らの子どもと同じなのだ。それなのに、今、私たちは自分たちの息子や娘を奴隷に売らなければならない。事実、私たちの娘で、もう奴隷にされている者もいる。しかし、私たちの畑もぶどう畑も他人の所有となっているので、私たちにはどうする力もない。」

 

この実態を聞かされ、彼は「非常に怒った。」と聖書に書かれている。

そして彼は、代表者たちを責める。

5:7 私は十分考えたうえで、おもだった者たちや代表者たちを非難して言った。「あなたがたはみな、自分の兄弟たちに、担保を取って金を貸している。」と。私は大集会を開いて彼らを責め、

5:8 彼らに言った。「私たちは、異邦人に売られた私たちの兄弟、ユダヤ人を、できるかぎり買い取った。それなのに、あなたがたはまた、自分の兄弟たちを売ろうとしている。私たちが彼らを買わなければならないのだ。」すると、彼らは黙ってしまい、一言も言いだせなかった。

5:9 私は言い続けた。「あなたがたのしていることは良くない。あなたがたは、私たちの敵である異邦人のそしりを受けないために、私たちの神を恐れながら歩むべきではないか。

 

この聖句に、ネヘミヤの神の目線を感じる。

神は、特に虐げられたものに対する哀れみ、不公正に対する義憤は、一貫している。

エレミヤ22:15 あなたは杉の木で競って、王になるのか。あなたの父は飲み食いしたが、公義と正義を行なったではないか。そのとき、彼は幸福だった。

22:16 彼はしいたげられた人、貧しい人の訴えをさばき、そのとき、彼は幸福だった。それが、わたしを知ることではなかったのか。――主の御告げ。――

 

私も、虐げられた人、貧しい人の側に立った歩み、不公正に対する義憤や社会的発信のエネルギーだけは、持ち続けたいものです。

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村