本日、生活相談サポートセンターが行っている活動の一つ、アフリカンドラムサークル「ハートビート」が、札幌雪祭り特設会場で、出演。

今年は、何と、あのレナード・バーンスタイン生誕100年にちなみ、彼をモチーフにした大通り5丁目の大雪像の舞台での出演でした。

ちなみにバーンスタインは、札幌市と縁が深く、1990年に、パシフィック・ミュージック・フェスティバル( 略称:PMF)という国際教育音楽祭をロンドン交響楽団とともに、札幌で創設している。

本日は、その前での出演でしたが、保育園の子供から年配の人、そして障がい者も多く参加、また、会場からの飛び入り参加ありと、とても楽しく、ダイナミックでした。

リード役のブラウンファミリーは、プロの音楽家のチャールズ・ブランウンと奥さん、そして双子のお子さん(すでに二人で演奏会も行っているゴスペルシンガーである)の4名家族で、ますます、パワーアップしています。

 

 

活動内容等は、HPやFBでご覧ください。定例演奏会もしています。http://www.seikatusoudan.or.jp/

https://www.facebook.com/seikatusapout/

 

このブログを読んでいただき感謝いたします。

一日一回クリックの応援をいただくと、とても励まされ感謝です。


にほんブログ村

 

 

AD