現実がうまく運ばないことがある。

自分の思うように、事が進まないどころか、思いがけないトラブルが起こってくる。

神の御心は何であろうかと思ってしまう。

皆さんも、時々このような経験をなさったことだと思う。あるいは、信仰が揺さぶられて、困り果てる場合もあるかもしれない。

どのように祈って良いのかもわからない時もあるだろう。

そんな時、聖霊にゆだねると、ほっとする経験はないだろうか。

私たちは、誰かにゆだねると、安心するが、その相手が、神であるのは、その安心のレベルが違う。

そのような事がローマ書8章26節に書かれている。

8:26 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。

8:27 人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。

 

私以上に、私のことをご存知の方がいる。その方が、私の為にとりなし助けて下さる。

まさに助け主である聖霊様が内住されている。

日常に一喜一憂しないことだろう。

自分の思うようにいっていないようでも、全体像を見ていくべきだろう。

神は、私たちにとって、悪い方向には決して導かない。私達の想定を超える良いご計画をお持ちである。

この事を、自分の人生を通じて、また生活相談サポートセンターの事業展開を通じて、思い知りました。時に試練は与えられるが、それは良い果実を生むためのステップなのでしょう。マイナスはプラスに転じる。

これからも難局が訪れようとも、それを信じていきたい。

8:28 神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。

 

このブログを応援していただき感謝いたします。

神の祝福が、皆様に降りそそぎますように。

一日一回クリックの応援、とても励みになり感謝です。


にほんブログ村 

 

 

 

 

 

AD