生きているうえで、一番大事なことは何だろうか。

私は、「神から命じられていることを行う」ことだと思っている。

それが、全てである。

英語でいう「THAT’S ALL.」なのだろう。

それを、ただひたすら忠実に行うことである。

私が命じられていることは、

「外に出ていって、社会的に弱い立場にある人の支援を行い、

その活動を通じて、私(イエス・キリスト)を社会に知らせ広めるように。」

ということである。

私達の活動も、障がい者支援事業の「ホープ再生自転車販売」の成功などにより、かなり周知されるようになってきている。

しかし、これは、自分達の力ではなく、全て、神が備え、着想を与えていただき、さらに、私達に活動する力を、継続して与えてくださったからだと、確信している。

また、「私(イエス・キリスト)を社会に知らせ広めるように」ということも、神自らが支配してくれたと考えるしかない。

というのも、ホープ再生自転車関連だけでも、数回ならともかく、この2年間に、新聞に9回、テレビに5回も報道されるのは、通常の確率としては、考えにくいからだ。

神に感謝します。

 

そういう中で、私は証本「死ぬまでに必ず聖書を読んでおく必要性」を書き、アメブロ投稿を始めたのも、神からの命「私(イエス・キリスト)を社会に知らせ広めるように」によるものです。

ホームページの過去の理事長ブログを、アメブロに移管し、本格的投稿を始めて、半年たちました。

始めてまだ、日が浅いにもかかわらず、また、クリスチャン歴もまだ9年程度にも係わらず、読者の皆様のおかげで、哲学・思想部門のキリスト教ランキングで5位(キリスト教ランキング参加者773名)になっています。

内容的に、いまいちと感じられたり、納得しかねるものも、あろうとは思いますが、読んでいただき本当に感謝します。

私は、一度始めたものは、辞める特別の理由がない限り、続けるタイプですので、これからもよろしくお願いいたします。

改めて、この機会を与えていただいた神に感謝します。

 

もし良かったら、クリックしていただくと、とても励みになり感謝です。


にほんブログ村 

 

 

 

 

AD