昨日は、多くの人の前で、プレゼンできたことを感謝してます。

自分が、なぜ、このような活動を始めたのか、活動している原動力は何か、お話しできたのは、よかったです。

昨日は、帰りが遅かったのと、今までの準備などの疲れもあり、今日の朝は、だるい眠気が残っていました。

 

そのような今日の朝、聖書通読が、マルコ4章37からのところです。

 

4:37 すると、激しい突風が起こり、舟は波をかぶって水でいっぱいになった。

4:38 ところがイエスだけは、とものほうで、枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」

4:39 イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ。」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。

4:40 イエスは彼らに言われた。「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです。」

4:41 彼らは大きな恐怖に包まれて、互いに言った、「風や湖までが言うことをきくとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」

 

ここを、読んで思わず笑ってしまいました。

みんなが、必死になっている時、イエスが眠っておられたというところです。

なぜ、イエスが眠っていたか・・・、私は、自分の体調のこともあり、おそらく、イエスも大変疲れていたのだと思った。

イエスのスケジュールは、過密である。

人が集まると、教え癒し、群衆を解散させることまでされていた。(マルコ6章45節)

 

今が、チャンスと眠ったに違いない。睡魔が襲ったのかも知れない。

つくづく、イエス様には、感謝しなければならない。

つまり、神様の立場でありながら、人間の体を背負った。

肉体的な条件まで、私達人間同様の立場に立たれた。

おなかも空き、疲れ、眠たくもなる。

 

だから、聖書にも書かれているように、私達の弱さを理解していただける。

イエス様には、分かっていただけると期待する。

へブル4:15

私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。

 

感謝です。

また、起きると、今度はまさに神対応をされる。人間と神の2面性を完璧に持たれている。

「風や湖まで言うことをきくとは、この方はどういうお方なのだろう。」は、本当にびっくりしたのだろう。まさにその場に居合わせた人でなければ、出てこない表現だと思う。

聖書は、リアルである。

 

もし良かったら、クリックしていただくと、とても励みになり感謝です。


にほんブログ村 ←

 

 

 

 

 

 

AD