漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館 -279ページ目
2012-01-06 10:09:46

画像大公開

テーマ:雑記

ペタしてね アメンバー募集中



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


今年パソコンでは初めての更新です。

画像がたくさんあるので、さっさと行きますね。

携帯でご覧になっている皆様にはご面倒をおかけします。

まずは↑

実家のそばの屋島神社を見上げて。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


あんまり恐怖感が写ってない…↑

屋島神社の石段が急で、おりる時結構怖いんです。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


↑実家へのお年始。

竜の焼き印を押した絵馬の形のおまんじゅう。

甥がお気に入り恋の矢




漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


↑妹とランチした喫茶店。

コーヒーに小さなロールケーキがついてきた。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


↑屋島神社そばの「四国村」。

三が日でも観光地ならお店開いてるよね!と行ってみた讃岐うどんの「わら家」かけうどん(素)。

妹は「普通の倍取られた!」と怒っていました。

支払ったのは私ですが(笑)

それでも安い讃岐うどん割り箸



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑高知へ着きました。

JR高知駅の前に3人の志士?

びっくりしたのは、高知にもKIZUNAというイケメンおもてなし隊ができていたこと。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑市内中心部のおみやげセレクトショップ「てんこす」で一目惚れしたイヤリング。

1500円ベル

てんこすはおみやげ菓子よりややグッズ、生産物が豊富でいつも見て回るのが楽しいです。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑大橋通の方まで頑張って歩くと「ひろめ市場」に辿り着きます。

GRANRODEOの唯一の高知公演時、二人もここでランチしたという名所なので、GG、GBご来高の折りには必ず参って頂きたい。

私は入り口の外で、米粉のトルティーヤみたいなものにマグロフライを巻いたものを頂きました。

バーガーもありますハンバーガー




漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


↑高知の友だちが連れて行ってくれたお店「菜縁」のコースが続きます。

まずはアイスプラントのサラダ。

次はザクロのサラダも来ました。

どちらもフルーツの甘みがきいていて美味しい音譜



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


↑バーニャカウダ。

東京のバーニャカウダはほんのちょっぴりで値段はものすごい、と言うイメージだったけど、これは食べきれない量(笑)

ソースはフォンデュ、その他各種味噌と塩も出ました。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑野菜を上手に混ぜ込んだ、カワイイ手まり寿司三種。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑やさいの天ぷら三種。

奥は意表を突く大根のおでん?の天ぷら。

ゴボウは甘く味付けしてあってスナックみたい。

もう一つは安納芋を柔らかくきんとん状にして。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑エビとアボカドのいためもの。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑なんのことはない、とろみのついた煮浸しなんだけど、めちゃくちゃ美味しかった…ドキドキ



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


↑まだ主食が来るのか(笑)

こちらもしっかりアルデンテのやさいのパスタ。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


↑フルーツのティラミス。

いやー、お腹いっぱい。

これで料理のみ3000円…!!

いつも高知では失望したこと無いけど、今年もめちゃ安くて美味しかったです恋の矢ラブラブ

若い大将と接客二人?で回していたけど、サービスも問題なく、とてもいいお店でした。




漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑2次会で友だちが頼んだいちごのカクテル。

かなりいちご入ってました。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑私はこれ。

文旦のカクテルだったかなあ。

文旦、マイルドで爽やかで美味しいんですよ。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑翌日、先輩が連れて行ってくれたイタリアンの「ボルベール」ランチ。

かなり人気のお店らしいです。

テーブルに置いてあるシュガーも有機で、ヘルシーさに気を遣っている感じ。

上はメインのパスタ(たぶんベジタリアン・大中小とサイズが選べます)と、



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

↑前菜のお皿。

ピクルスが本当に美味しかった。

薬膳のスープもかなり手がかかっている感じ。

手前はイタリアの揚げパンで、確か海藻が練り込んでありました。

他にもパンが出ます。

キャラメルのアイス付き。

1050円くらいだったかな。


そんな感じでほとんど食べていたらしいとやっと気づく私。

今朝体重を量ったら、2キロ増えてました…!!!叫び

明日はフラメンコなのに~ドクロ汗

靴が入らなかったらどうしよう。


去年は痩せて帰ってきたので、てっきり大丈夫だと思っていたのになんだったのでしょうか。

とにかく当分節制です。

ひとまず画像集でしたニコニコ















2012-01-04 11:18:17

遅まきながらご挨拶

テーマ:仕事
三が日もあけましたが、皆様あけましておめでとうございます。

皆様、ステキなお正月を過ごされたことと思います。
私も家族となんということのない、普通のお正月を楽しみました。
近所の屋島神社へも初詣に行っておみくじを引き、讃岐うどんを堪能し、映画を二本観て…

あ、映画の感想はまた後日。
今年初めてのエンタメ記事ですからね('∀'●)

昨年はこちらにブログを引っ越したことをきっかけに遊びに来てくださる方が一気に増え、たくさんの方に読んで頂いたり、また作品を応援して頂き、ありがとうございましたm(__)m

また今年も頑張って参りますので、引き続き浜口を見守って頂けますと幸いです。

さて、本当に平和で良いお正月を過ごさせて頂いたので、帰宅したらまた気分を新たに仕事に邁進したいと思っています。
また帰省中に撮りためた画像などアップしますね。

それまで、しばしのお別れですニコニコ
2011-12-31 09:55:10

大晦日

テーマ:仕事

ペタしてね 読者登録してね


今年もとうとう大晦日ですね。
4月の終わりにアメブロへ引っ越してきてからまだ一年たっていませんが、仕事の情報よりエンタメ日記と化していた感のあるダメblogを読んでいただき、ありがとうございました。
昨日もたくさんアクセスがあってびっくりしました。
本当に感謝ですラブラブ

年末&月末と言うことで、いつもなうで何となく書いている検索ワードランキングをこちらでちょい詳しくダウン

12月の検索一位はダントツで渡辺大輔さん。
凄い人気で、ずーっと一位でした。
色々魅力はあるけど、人柄ですよねー。
来年もいろんな所でお会いできそう。

以下、「三つ星キッチン(EAST SIDE STORY含む)」「浜口奈津子」「真田十勇士」「陽月華」「山崎育三郎」「中川晃教」「菱田春草攻略」…

という感じで続きます。
陽月さんあたりからはほぼ横並びですね。
浜口の名前もなんだかんだで探して下さって、恐縮です。
ありがとうございましたラブラブ
春草の攻略も結構途切れず読んでいただけたようで、書いた甲斐がありました。
いつも人様の攻略を頼りにやる方なので、初めて書いて、お役に立てたなら嬉しいです。


来年の目標としては、もう少しゲーム音楽とか、KENNくんの名前が出てくるように…
いや、もちろん自分の作品で検索していただけるように頑張りたいと思いますっニコニコあせる
今年、浜口のことを検索して下さった皆様、本当にありがとうございました。
LOVEドキドキラブラブ


例年、バタバタしている大晦日と違って、今年は仕事と雑用を落ち着いてやることが出来ました。
年明け早々、帰省して家族とおせちを囲み(予定)、いつものお正月を楽しんでこようと思います。
こうして普通に過ごせること、改めて有り難く思います鏡餅


2011年は日本にとって特別な一年でしたが、2012年はどんな年になるのでしょうか。
私はいつもの通り、作品を描くことをよすがに、努力を重ねていきたいと思います。

皆様にとって、来年が素晴らしい一年となりますように、心からお祈りしております。
どうかよいお年をお迎えください。


2012年もよろしくお願いいたします。


浜口奈津子


2011-12-30 11:17:59

音楽

テーマ:エンターテイメント

ペタしてね アメンバー募集中


昨日観劇・鑑賞総括をしたのにあれですが、何事もなかったように最近購入したCDの感想を書きます。


漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


「東亰浪漫譚」:KENN

全然最近じゃないですが(ちゃんと発売日に購入)。

携帯乙女ゲームの主題歌ということで、その世界観を忠実に表現しています。
KENNくんの最近の歌としては、スローで、優しく甘い声が印象的。
ゲームでも攻略対象キャラ:春草を演じていて、半分春草的な、Sっぽい歌い方をしている所もありますね。
アレンジがかなり凝っていて、サウンドも楽しめます。
返す返すも生ヴァイオリンがついたという5pbライブへ行けなかったのが無念しょぼん
SRXの時のキャッチーで勢いのある曲作りとはイメージが違いますが、こちらはこちらでKENNくんの歌唱能力を十分に生かしていて、5pbの幅広い仕事ぶりに納得。
なかなか癖になります。



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館

「電撃(サンダーボルト)LOVE」(SHOW&KEN:森久保祥太郎&KENN)

ニコニコのラジオ番組「快感To Night」OP&ED。
ラジオ番組のリスナーを巻き込んでの歌詞作りの方から聞いていましたが、今ひとつ使い古されたワードしか来なかったことが残念。
ラップなど、岩崎Dは相変わらず頑張っているので、いっそ参考にとどめて振り切って欲しかったかも。
これだけ聴けば別に悪い出来ではないんだけど、乙女ゲーム音楽も相当にレベルアップしている昨今、この二人を使うならもう少し行かないと目立ちません。
とはいえ、出来は本当に悪くないです。

むしろカップリングが謎。
昭和歌謡なんだけど、なんで昭和歌謡?
年の話はしたくないですが、私の年だと昭和歌謡はギャグでもなんでもなく、過ぎ去った今ではヤンキー同様、過去の遺物以外の何者でもない。
美男でもなんでもないおじさん達がまじめに歌っていた絵が浮かんで仕方なくて、若くてカッコイイSHOW&KENが…と思うと泣けてきます。
一応高校生設定なのに、なんで場末のバーとか路地裏とかさ…
若いお嬢さん達なら、全く違和感なく笑えるんでしょうか。
こんなメロディーラインをカッコよく歌おうと頑張っている森久保さんは凄いけど。
辛…ドクロ


漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館


「月華繚乱ROMANCEオリジナルサウンドトラック」(+禁断兄弟:寺島拓篤×高橋直純)

ゲームの設定があまりに痛くてやる気になれず、サウンドだけと思ってまずレンタル。
非常に良かったので、新品購入し直しました。
まだものは届いてないので、データは見ずに書いてます。

高橋直純さんが声優と平行して音楽活動をしていて、とっても上手だと言うことは知っていましたが、まともに聴くのはこれが初めて。
いやー、本当に上手いですねキラキラ
多分ご自分のオリジナルだともっと爽やかな感じだと思うんですが、これはキャラクター上、キレキレのSです。
ゲームのOP、EDをデュエットしていて、それぞれのソロも収録。

てらしーは乙女ゲーム初主演作のキャラソンを思うと、かなり上手になりました。
歌唱力があると言うよりは、キャラクターとして歌える人。
それでもアップテンポな曲だと、かなりいい感じで歌えるようになりましたね。
台詞のところはさすが。

OPの勢いのある曲はデュエット、ソロそれぞれ魅力が堪能できますが、スローなEDはやはり直純さんの歌唱力・表現力が凄い。
歌詞にもぞっとしますが、台詞が入ると恐怖感がいや増します(笑)
これは学園ものじゃなくてホラーだっけ?と思ったり。
うーん、相変わらずゲームの方には抵抗が…ガーン



漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館
「SRXドリームコラボレーションCD vol.1 Roaring to the moon」(高橋広樹×岡本信彦)

このシリーズが完結すると、一切合切含めてSRXはアルバム3枚分くらい曲を所有することになるんじゃないでしょうか。
さしてヒットした記憶もない「リトルアンカー」が一日二回回しでゆうぽうとホールでイベントを打った事を思えば、何を躊躇う必要が?
さっさとライブを敢行して欲しい…

と切に祈っているスカーレッドライダーゼクスの音楽部門。
前回のキャラソンシリーズでは全くダメで涙を呑んだカズキ@高橋広樹さんですが、今回はサブスタンスのリッケンバッカー@岡本信彦くんを迎えての新企画。
今回は非常によい出来で、メインキャラの中でカズキが二番目に好きな私としては感激です。

ジャズが好きでない私なのに、こういうジャージーな曲でいいなと思わせてくれるところが、さすがにペルソナの目黒氏ですね。
シンプルで美しいサウンドに、優しいカズキと無邪気なリッケンのキャラがとても合っています。
広樹さんも演じて歌うタイプなので、歌唱力を問われるような曲を提供すべきじゃありません。
こういう、キャラクターを生かせる曲作りが正解だと思いました。
リッケンも、あのリッケン語を混ぜながらの演技は大変だと思いますが、信くんがとっても可愛らしく歌っています。

広樹さんを始め、最近は男性声優もルックスを問われる傾向にあるとはいえ、SRXの声優陣もルックス&パフォーマンス力共に見映えのする人が揃っています。
どう考えてもイベントを打つ覚悟でキャスティングしているので(笑)2012年は必ずイベントがある、と言うことに期待したいと思います。

こうしてみると、ほぼRejetづくしだなあ。
ゲームは一個もフルコンプしてないんだけどね…アップ

2011-12-29 12:36:39

2011 エンターテイメント総括

テーマ:エンターテイメント

ペタしてね 読者登録してね


あまりに東電寄りの姿勢にうんざりして長らく購入していなかった週刊文春を買いました。
ジャーナリスト休業宣言をした上杉隆氏の取材メモ暴露が始まったからです。
久々に見たら、そもそも上杉記事からしてそうですが(上杉氏は原発容認派ですが)、随分原発をたたく方向へシフトしていて呆れました。
原発をたたく前にまず自分が反省したらドクロ

ここ数日はテレビでも一年を振り返る、つまり3.11関連の番組が多く、特に震災の内容になると毎回涙を流してしまいます。
被害には遭いませんでしたが、あの後半月ばかりの間に味わった恐怖感、価値観の崩壊感を忘れることは出来ないし、改めて忘れてはいけないと思いました。
恐ろしいもので、まだ一年もたっていないのに、改めてこういう番組や記事を見ないと、記憶はだんだん薄れて行ってしまうものなんだと…
また自分の中で、思いをかみしめたいと思います。


そんな一年、私は同時に家計が傾くのではと言うくらい舞台を見に行きました。
今思えば、私の中で、それだけ不安感があったのかも…
自分の作品も含め、いろんな事を考えながらの観劇でしたが、それもこれも私の偽らざる履歴ですので、こちらも振り返ってみたいと思います。


抜けもあるかと思いますが、手持ちの資料から観劇・鑑賞リストを左下矢印


■GRANRODEO REACH FOR THE BULLET東京
■銀河英雄伝説 第一章
■新春戦国鍋祭り~あんまり近づきすぎると斬られちゃうよ~
■DIAMOND☆DOGS SEOUL FANTASY
■琉球ロマネスク「テンペスト」
■舞台「華鬼」
■「戯伝 写楽 その男十郎兵衛」(シーラカンスプロデュースvol.1)
□「降臨Fight」(ASSH-DX vol.2)
■COCO LIVE 10th anniversary white day special
■「戦国傾奇武者伝 前田慶次」(劇団め組)
■「HANA7」(森田志保)
■ソレダード・ヤルドーソ&村治佳織コンサート
■「堕天」(AND ENDLESS)
■「神殿」(AND ENDLESS)
■「*咲きの蒼」(AND ENDLESS)*浜口の個人的理由により伏せ字。アンドレファンの皆様申し訳ありません。
■CLUB SEVEN
■ニコニコミュージカル「DEAR BOYS」
■「DOKIDOKI SANBANIGHT」DIAMOND☆DOGS 2011
■GRANRODEO LIVE TOUR 2011 SUPER NOVA 千葉
□マリア・マグダレーナ来日公演「マグダラなマリア」(初演作再演)
■「PEACE MAKER~新撰組参上~」
□「天守物語」(少年社中)
■「遙かなる時空の中で2」
■「銀河英雄伝説 外伝 ミッターマイヤー・ロイエンタール編」
■「BLOOD HEAVEN~第七天国~」
■「ねじ5」(森田志保)
■LOVE LOVE de SHOW vol.3 Summer Storm
■「エンドレス」劇団たいしゅう小説家present's Ai-kata公演
■「夏の夜の夢~から騒ぎの森」
■スーパーミュージカル「聖闘士星矢」
□ニコニコミュージカル「カンタレラ」
■「カルマの村」(yoro's公演)
■KENN LIVE 0806 THIRD STAGE
■「2069」
■「白キ肌ノケモノ」(ACTOR'S TRASH ASSH 第14回公演)
■美童浪漫大活劇第三部「学園八犬伝」
□ROCK MUSICAL「BLEACH」
■「FRAG~新撰組 Vermilion Order~」
□ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」
■「恋、ほのか」
■「FILM STAR」
■「八犬伝~疾風異聞録~」(ルドビコ★vol.7)
■「ソラオの世界」
□「マグダラなマリア 魔愚堕裸屋 恋のカラ騒ぎ」
■「天守物語」
■「眠れぬ雪獅子」
■東京タワーエンタメ祭「シャッフル」(Cチーム)
■「SOUL FLOWER」(ACTOR'S TRASH ASSH 15th)
■「BOYZ BALLET FANTASY SWAN LAKE」
■「贋作水滸伝-OUTLAWS-」(スタンダードソングエンタテイメント公演)
■「TRIANGLEvol.2」
■「ロコへのバラード」
■storm weather シャンティ・クワイァ
■「有毒少年」
■DIAMOND☆DOGS TANGO Doki Doki
■KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない」
□「EAST SIDE STORY」(MKDF)
■The Stepcrew
■「真田十勇士~ボクらが守りたかったもの~」
■「念友 本能寺」
■OCEAN'S 7
■「THE WIZ」(中川晃教)

は複数回観に行った作品です。
ネット観劇、ゲキシネなど、生観劇でなかったものは外しています。
その他、フラメンコのタブラオ公演など、小規模でタイトルのないものは外しています。

やっぱり合わせると90回近く観ていますね。
チケットを買ったはいいけど、諸事情で行かなかったものも…汗

どの公演もそれぞれに得るものがあり、キャストさん達の真剣さに心を打たれました。
中でも素晴らしかったものを三つ挙げるとすれば

「最高はひとつじゃない」(KREVA)、「有毒少年」、「DIAMOND☆DOGS公演(TANGO Doki Doki)」

です。
D☆Dは「DOKIDOKI SANBANIGHT D☆D2011」と、東山さん以外のメンバーが出演の(ゲストでは出演)「Summer Storm」も同じくらい素晴らしかったですが、ひとまず代表と言うことで。

これまでも、私はいい劇団のいいお芝居を時折観せて頂いていたのですが、イマイチ続かなかったのはそれがまともな「演劇」だったからでしょう。
この一年でやっとわかりました。
常々言っているように、私はお芝居が好きな訳ではなく、何かステキなもの、美しいもの、優れたものを簡単に生で見られると言うことが好きで、観劇その他に通ってしまっているのです。
そのようなことを「最高は~」の脚本家の方が対談でおっしゃっていて、全く同感です。
お金を払って、自分の周りにいそうな普通の男女をわざわざ観たいと思うでしょうか。
花も実もある美男美女が同じ空間でパフォーマンスを見せてくれるからには、私たちもそれなりの対価を支払わねばならないのです。


D☆Dは、その美男が揃ってハイクォリティなダンス&歌を見せてくれるという意味で、いつでも行くのが楽しみですね。
特に、まともに扱っても難しい(ロコへのバラードを観てもわかるように)TANGOを、自分たち流に見事に料理した演出力、技力に拍手。
今時の若手俳優は、舞台で要求されればそれなりに踊ってみせるわけで、そことは一線を画したレベルの高いダンスを見せられるというのも強いですよね。
ダンスは本当に迫力あって大好きラブラブ


「有毒少年」は、私が今までに見た一番美しく、感動的なお芝居でした。
あのガラス瓶の中の世界のような、夢を見ているような、そして悲しく美しい世界を知ることが出来て幸せです。
例えば役者の熱演に圧倒される「ソラオの世界」が、私には夢をそのまま舞台に持ってきたんだよね、というどストレートな世界だったとすれば、「有毒少年」は、その夢の世界を良い意味のプロのエンターテイメントとして、観客に伝えるために作品として完成させた舞台でした。
私はこちらの方が凄いと思うし、好きです。
作り手に相当の力がないと出来ない。
キャスト陣の愛に溢れたお芝居も忘れることは出来ません。しょぼんラブラブ


「最高は~」は、今までに見たことのない、最高にcoolで心躍る舞台でしたアップ
どうしても鈍くさくなる(笑)「ミュージカル」を、こんなにもカッコよく見せることが出来るんだと…
最初、KREVAでミュージカルをしたいと企画した人たちも、こんな舞台になると想像していたでしょうか。
一人のアーティストの、限りない才能の可能性に圧倒された時間でした。
是非是非また観たいです。
そして、一人でも多くの人に、また目撃して欲しいです。


こうして改めて振り返ってみて、やっぱりこれらのエンターテイメントにどれほど自分が慰められ、励まされただろうと思います。
実際に自分が体を動かしているフラメンコも、私に大きく影響したと思います。
まだなんにも表現できませんが^_^;


観劇に通い始めて一年あまり、自分の好みもわかってきたので、来年からはもう少し絞れるよんと思っていましたが、既に色々埋まりつつあり、ちょっと青くなってます。
3月いっぱいは、多分少し減らせる…と期待してますけど。
インプットも大事ですけど、アウトプットしてこそ漫画家ですからね。
自分でもこのリストを眺めつつ、来年に活かしていきたいと思います。

長々と書いてしまい、読んで下さった方は本当にありがとうございました。
私も長時間パソコンに向かってしまい、目眩がしてきたので、今回はこの辺でニコニコあせる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス