12/15「ペール・ギュント」夜公演 | 漫画家・浜口奈津子 Natsuko Navi 別館
2017-12-15 23:42:57

12/15「ペール・ギュント」夜公演

テーマ:エンターテイメント

 

といっても、今日は夜公演だけの日かな。

ちょっと早めについてうろうろしていたら、今日もFCで知り合った方と出くわし、デスノート以来の旧交を温めることが出来ました。

こうしてちょこちょこお話しできるのも楽しい(^^)

 

今日は昨日より1列後ろのかみ手側。

こちらは初めてだったので、ずいぶん見え方が違うなと思いました。

 

これで4回目だけど、今日が一番内容が伝わってきた気がします。

プレビューから楽しく見てはいますが、まずわたし的に今日が一番頭がクリアだった(笑)

しばらく飲んでいなかったコーヒー(カフェイン入り)を飲んできたから。

午前中飲んだだけなのに、効くな~(^_^;

 

それに、もちろん舞台が日々深化しているのだとおもいます。

役者さん達が、舞台の上でリアルに生きている、今日はそれが一番感じられました。

 

4回目だと、「あ、セリフ二回言った」とか、「鳴らしてはいけないところで鳴らした」とか、ちょっとわかって楽しい。

でも、皆さん楽しそうに演じています。

 

王家の紋章やデスノートだと、出来ることならずっと浦井くんを注視していたい!くらいの勢いだったのですが、このペール・ギュントでは、どうしても全体を見てしまいますね。

その時スポットが当たっている人に、つい目が行ってしまう。

かと思えば、後ろにいる人も面白くて。

「はっ、しまった。浦井くん忘れてた」みたいな場面がしょっちゅうあります。

それだけ、画面の完成度が高いと言うことでしょうか。

 

今日は、あるシーンでペールの唇に真っ赤なルージュの跡が移っちゃったところがあって、その前まではそんな顔になってたかな??と。

今日は口紅の跡が妙に目立ちました。

今日はいつもよりたくさんついちゃったのかな?

 

わたしお気に入りの辻田さん、やはり他のお客様にも好評のようで、客席でも噂されているのを耳にしました。

本当に素晴らしいダンスですからね~。

これは、辻田さんの代表的な舞台になるのではないでしょうか。

そして、ダンスが良いと言うことは振付も優れていると言うこと。

振付の方にも心から賛辞を送りたいです。

 

今日は、ラストの趣里ちゃんのセリフがひときわ迫力があって良かったなあ。

マルシアさんの歌と相まって、感動しました。

 

今日のカーテンコールは、スタンディングオベーションはなし。

でも素晴らしい公演で、とても良かったです。

寒い中出向いた甲斐がありました(笑)

 

カーテンコールでは、辻田さんとキム ボムジンさんがずっと手を繋いでいて、ダンスを通してお二人にしっかり絆が出来たんだなあと感じました。

キムさんのダンスも、唯一無二で素晴らしいですよ。

 

浜口奈津子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス