1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2016-12-31 21:33:24

年末のご挨拶

テーマ:雑記

昨日からアメンバ-限定で、暦について記しております。

ご興味のある方は、是非アメンバ-申請して頂ければと思います。

お役立て頂ければ幸いです。

 

 

今年も最後の更新となりました。

 

今年は何かと苦しい一年でした。

いえ、この3年ほど、ずっとうまくいかないことが続いていたと思います。

思い返してみますと、よく乗り切ったなあと(^_^;

 

しかし、その時はそれほど大変とは思っていなかったのです。

うまくいかないとは言っても、コンスタントにお仕事を頂いて、好きなことを描いて、趣味にいそしみ(時に苦しみ(^_^;)…

 

わたしは優先順位がパキッと決められる女でして、一番大切なことがしっかりしていれば、他はなんとかなると思っているのだと思います。

基本楽天家です(笑)

ありがたいことに、割合生きやすい性格に生んでもらったようです。

 

 

大変なこともありましたが、周囲の助けや理解もあり、ここまで乗り切ることができました。

友人や家族、特に仕事でわたしを支えてくれているアシスタントの皆さんには本当に感謝です。

仕事が回っているからこそ、わたしは自分を保って生きていけるのです。

そして、今更ながら、質素に堅実に普通に、わたしを育ててくれた両親に感謝の気持ちが募ります。

 

 

2016年は試練の、というより、一つの区切りの年でした。

区切りを迎えながら、個人的には将来へ向けて、新たな意欲を得られたのはありがたいことです。

社会的には、何一つ良い兆しは見えませんが…

また悩みつつ、日々を生きたいと思います。

 

 

2017年はカバラ占星術では運命数「1」の年、そして九星気学でも「丁酉一白水星」の年。

古きものが終わり、新しい一歩を記す年となるのでしょうか。

スタートも、何を心に秘め、準備をして迎えるかが重要でしょう。

 

皆様、2016年はご交誼ありがとうございました。

どうか良いお年をお迎えください。

 

2017年もよろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-31 21:05:43

2017年の暦 金銭関連

テーマ:雑記
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-31 00:03:06

2017年の吉日 結婚関連

テーマ:雑記
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-27 09:29:00

2016年の観劇(その他)記録

テーマ:エンターテイメント
これを書くと、いよいよ年末だという気がしますね。
毎年恒例、浜口奈津子の一年の観劇(音楽鑑賞、ダンス鑑賞含む)記録です。
 
カレンダー等を参考に書いているので、漏れなどあるかもです。
チケットのないライブ等は記載していません。
おおざっぱに日付順です。
()内は観劇回数ですが、確信はありません。
 
 
1.おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」(2)
 
2.「花より男子 THE MUSICAL」
 
3.DANCE PLAN 2016
 
4.「叫べども叫べども、この夜の涯て」
 
5.『Hybrid Rhythm & Dance』平山素子公演(2)
 
6.東京楽所公演
 
7.「スカーレッドライダーゼクス NEW DAYS 2016 春のサブミッション」(昼夜)
 
8.「烈!バカフキ!」
 
9.「RHYTHM RHYTHM RHYTHM」DIAMOND☆DOGS公演
 
10.スタジオトルニージョ発表会
 
11.ミュージカル「1789 -バスティーユの恋人たち-」
 
12.ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
 
13.「反応工程」
 
14.歌劇『明治東亰恋伽~朧月の黒き猫~』
 
15.極上文學「春琴抄」
 
16.「フラメンコ・カフェ・デル・ガト」
 
17.「DANCE MAGIC 2016」DIAMOND☆DOGS公演
 
18.ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」
 
19.舞台『BROTHERS CONFLICT ―BROTHERS ON STAGE! 3― THE FINAL』
 
20.郷古廉 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル

21.舞台「若様組まいる」
 
22.プレミアム・ファンタジー・アクト・シアター「カルメン ドン・ホセの告白」
 
23.ミュージカル「王家の紋章」(5)

24.ライブ・スペクタクル「NARUTO」再演
 
25.アントニオ・ガデス舞踊団公演「カルメン」「血の婚礼・フラメンコ組曲」(2)
 
26.「ガラスの仮面」

27.「インフェルノ」
 
28.KENJI URAI 15th Anniversary Concert ~Wonderland~
 
29.「裁判長!ここは懲役4年でどうすか 2016」
 
30.「BOLERO 2016 -モザイクの夢-」
 
31.ビエンナーレ・フラメンコフェスティバル2016
 
32.ヘンリー四世(第一部・第二部を合わせて一回として:5.5)
 
33.MIRACLE FANTASY SHOW ACT『Silver Star, Silver Moon, Silver Snow』
 
34.「パタリロ!」
 
35.スタジオトルニージョ20周年記念公演「うず」
 
36.Kenji Urai Fan Club Event Christmas Day &  Night(昼夜)
 
 
 
 
ちょっと悩みましたが、イベントも有料のものは加えてみました。
チケットアルバムと突き合わせ、若干取りこぼし修正しました。
 
 
それにしても、我ながら今年の前半はほとんど見ていませんね…!
今から来年が心配になってきました。
だいぶチケット取っちゃってるぞ。。。
あんなに忙しかったのに、こんなに見られてないなんて(@@;)
 
 
 
弥次喜多は知らぬ間に続編が決まっていたようですね。
また玲くんが出てくれたら…
 
チケットを買ったものの、見に行けなかった公演も2,3ありました。
反省しております。
葛藤するところです。
 
 
ここ2,3年は本当に見たい!という役者さんがおらず、自重していたところはあります。
時が来れば…と思っていましたが、王家の紋章で浦井くんと出会い直して、後半は勢いが付きました(笑)
そう、文句なしに、今年一番の舞台は「王家の紋章」。
これに尽きます。
わたしの人生を変えてしまった、と言っていいミュージカルとなりました。
 
 
「王家の紋章」は、なんだか象徴のような気がします。
今年の頭…まあうすうすはここ2,3年ですが、その辺りから少しずつ自分の好みや、自分で言うのもおかしいですが、精神年齢的な…感性といった方がいいのかな。
そういうものが書き換わっていくような感覚がありました。
今までの自分と、全く変わってしまうわけじゃないんです。
脱皮して、次の段階へ行く感じ?(^_^;
とにかく、このミュージカルを契機に、はっきり自分が一つ切り替わったと思うんです。
 
 
 
今まで何も考えず連綿と続けてきたことも、違う視点から捉え始めた自分がいます。
 
それは仕事にもダイレクトにつながりますし、正直わくわくする気持ちの方が大きいですね。
まだ、わたしにもできることがあると。
 
 
こうして観劇の記録をつけるのって、楽しいです。
一年なのに、自分の中でこんなに変化があったんだなあ。
今年は特に、それが顕著でした。
 
まだまだ種まき、勉強を重ねなければならない時期のわたし。
しかし、来年も楽しく乗り切って行きたいです。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-26 21:12:00

12/23 舞台「パタリロ!」昼公演

テーマ:エンターテイメント

ホテルでうろ覚えで書いた「うず」の感想が正確かどうかもの凄く不安なんですが、時間も無いので大急ぎで「パタリロ!」の感想を。

 

こちらは12/23日昼公演でした。

 

わたしくらいの年代だと、原作は一度は通った道なので(笑)

一時、白泉社は愛読していた者として、一度見ようかなと。

しかしすごい人気なんだというのは漏れ聞いていて、ちょっと怯えつつ劇場へ。

 

もちろん満席でした。

かなり先行で取ったのに、最後列か?くらいの席でした。

しかしどセンターだったので、問題ないです。

 

だいたい、キャストさん達のメイクがひときわ濃いので、遠くても全然問題ないです(笑)

むしろ近い方が怖いんじゃ。

 

 

全体的には、軽い気持ちで楽しめて良かったと思います。

一つ感心しなかったのが、イントロで「これは、?(記憶にない)0年前の昭和のお話」的なナレーション…だったかな、いろいろうろ覚えで申し訳ありませんが、要するに今と時代が違うのでご容赦をみたいなことを言うんですよ。

それは事実なんですけど(笑)、これを言うのはすごくセンス悪いです。

 

昔少女小説(死語だな)賞の下読みのバイトをした時(突っ込まないで)、ファンタジー系のくせに「こういう世界ってオタクっぽいよね」と自分にさんざん突っ込んで言い訳倒して書かれた作品があって、非常に見苦しかったです。

オタクな世界なら世界で、堂々と貫き通せばいいんです。

作者が照れていて、お金をもらえるわけないでしょー。

 

これは今とは違う世界なんだ、と断る理由がどこに?

どうせ漫画なんです。

どこまで現実離れしていたってなんの問題も無いんだから、今の感覚で堂々と見てもらうことがどうしてできなかったのか。

実際、頭の余計なナレーションを消して見ても、全然おかしくなかったですよ。

え?わたしが年寄りだからですか?(笑)

 

その系で言うと、「ミーちゃん先生」とかいって、原作の漫画家さんらしき人形が出てくるんですけど、これもわたしの好みじゃなかった…

魔夜峰央先生ご自身が、こういうショートカットをお嫌いじゃない気がするので大きなお世話ですけど、こういうことを重ねると、素人くさくなるんですよね~…

わたしはプロの世界が好きだからなあ。

まあ、あくまでわたしの好みです。

 

それから、席が遠かったのでどうしても確かめられなかったのですが、ずいぶん歌も歌われていましたが、あれ、口パクでしょうか。

歌自体は非常にお上手で楽しかったです。

曲も良かった。

あれで生歌だったら、本当にいいですよ。

歌を聴くために行ってもいいくらい。

でも遠くから見ると、なんか口パクに見えちゃって(^_^;

錯覚であることを祈る。

 

 

初座長の加藤 諒くん、頑張りました。

声とか全然イメージと違うけど、これは自信を持って自分のパタリロを追求すべきですよね。

今更こんなところで脇役に回って、逆に好感度が上がった細貝圭くん、デルフィニアで待ってます。

しかし、タマネギ部隊は本当にセクシーでした(笑)

 

早々に次回作も発表されていますけど、うーん、わたしはもう義理は果たしたって感じかな…(^_^;

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。