1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-10-31 10:47:48

10/30舞台「ダンガンロンパ」

テーマ:エンターテイメント
ペタしてね読者登録してね

昨日は舞台「ダンガンロンパ」を見てきました。
青年館ホール、遠い…
何度も行っているのに、周囲の体育館などを工事していたりして様子も変わっているし、また迷いそうになっちゃいました(^_^;
あのもっさりでかいだけの体育館を建てるなんて、妄想も甚だしい。
都知事は何の意味があるかわからない外遊で既に1億円以上使っているらしいし、東京は潤沢だと思って、無駄遣いいい加減にして欲しい。


さて舞台。
アニメは好きでしっかり見ました。
その時から舞台向きだと思っていたし、高木万平くんが出るので、楽しみにしていました。


しかし、寝た(笑)
またまた寝てしまいました。
不届きですが、今回は寝ただけの理由もあると思います。

いや、すごくつまらないと言うことはないです。
終幕後、興奮してああだったね、こうだよねと盛り上がる一団がそこここにあったので、ファンの方は結構満足だったのでは。
キャストも豪華ですしね。

寝たのは1幕目で、やや冗漫なんですね。
ストーリーは原作をほぼ忠実になぞっているため、もうわかってる感が油断になったのと、一人一人殺されていく展開上、全員が残っている時間をできる限り引き延ばしたかったんだろうなあと言うこともあると思います。

良くも悪くも原作通り(私の記憶では、お仕置きの内容などに違いがあると思いますが)、トリッキーな演出で見せる舞台も多い中、平坦に見えてしまったのもありますか。
初演出の石田明さんには、荷が重かったかも知れません。
学級裁判?学園裁判?まあそういう裁判シーンが見せ場となる以上すごく舞台向きなのですが、最初は人数も多いし、ぐっと観客を引きつける力が弱かった気がします。


ただキャラクターの魅力は、やはり原作ならでは。
特に神田沙也加ちゃんのかわいさはただ事ではありません。
原作の大ファンで、舞台化は待ちに待っていたと言うだけに、見ているだけで楽しかったですね。
原作より可愛い。

女優陣は皆さんすごくお上手だったと思います。
あ、プロのと言う意味で…
お笑いの方から来られた山口ゆきえさんは、ちょっと…(^_^;
頑張っていらっしゃいましたが、重々しいキャラクターを演じるのは大変だったでしょう。
筋肉の肉布団も、もっときれいに作ってあげればいいのに。

とにかく、女の子達は皆美声で台詞回しもお上手。
舞台は女の子の方が役を取るのが大変だと聞きますので、勝ち抜いてきた人たちは実力あってのことなんですね。

2幕目は寝ないで見ました。
人数が減っちゃったからか(^_^;

うーん、アニメしか見てないけど、アニメがすごくおしゃれで切れ切れの感じだったから、そういうおしゃれ感を見たかったんですよね。
それはなかった。。。
あのキャストさん達なら出来たと思います。
演出次第で…


舞台そのものは大成功になると思います。
チケットもよく売れたようだし、物販の行列はすごかった。
30分並びました。
何か買いたい方は、1時間くらい早く来て並ぶことをお勧め。
たぶん開場は早めにしていると思います。
開演30分より前に到着したのに、既に長蛇の列でした…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-28 11:47:12

今年もきれいに

テーマ:雑記
ペタしてねアメンバー募集中





先週、今年もお庭の手入れをしていただきました。
今年は若いイケメンの職人さんでした。
すごくてきぱきしていて、さすが。


こうして小さくともお庭的なものを持っていると、造成に○○○万円、年に一度のお手入れに○万円…とかかってしまうことは事実。
去年は大きく手を入れて、また○○万計上したし…(T_T)

思えばかなりの贅沢ですよね。
集合住宅なら、普通かからない経費だし。
悩むところではございます。
でも、私にとってはブランドの洋服やバッグを買う代わりの贅沢なのかも知れないなあ。。。

まあ、いつか不相応になれば、身軽になればいいんですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-26 20:21:28

ナムガル(Namgar)@スイングホール

テーマ:エンターテイメント
ペタしてねアメンバー募集中

今日は午後からいつもアシスタントに来てくれるMサンにおつきあいいただき、三鷹は点滴堂さんへ。
ベツコミ時代から仲良くしていただいているSさんこと天使匣さんと、花霞堂さんという方の「衛星少年展」を覗いてきました。


残念ながらご本人はいらっしゃらなかったので、作品を堪能させていただき、落書き帳に来たことを記して店を辞す。

少年のドールがお好きな方、是非探してご覧になって下さいね。


ちょこっとMさんとお茶して、ハロウィンだから、とおやつを頂きました。
甘い物はいかんのですが、バウムクーヘンは好き…(笑)
好みを完全に押さえられております。




そのあと、武蔵野市の主催コンサート、「ナムガル(Namgar)」を聴きに行きました。

すーごく久々の武蔵境。
駅がすっかりきれいになってビックリでした。
会場のスイングホールも初めて。


市の主催公演では、よくこういう民族音楽的なグループが招かれますが、こういう機会でも無いとなかなか出会えないので、貴重ですよね。
ナムガルはボーカルの女性のお名前でもあるのですが、ブリヤート共和国というところのグループだそうです。
私は初めて聞きました。
ロシア連邦内の共和国で、南シベリアに位置し、イルツーシク州、トゥバ共和国、モンゴルと接しているとか。

音楽的には、今回は特にrockと融合させたとか言うのではなく、純然たる民族音楽に近かったと思います。
3人組で、ギター、ベース、琴みたいな編成。
勿論ギターとかじゃなく、チャンザ、モリンホールというらしいです。


ボーカルのナムガルさんが登場した途端、

「わー、可愛い♪」

と思いました。
高い頬骨に切れ長の目、典型的なモンゴル美人という感じですね。
きらきらの頭飾りにツインテール、モンゴル風の衣装で本当に可愛かったです。
ずーっと20代だと思ってみていましたが、プロフィールを見ると1980年代からいろんなフェスティバルなどで演奏してきたとあるので、そうなるともっとずっとお姉さんでしょうか。
しかし、明るい曲が多かったせいかニコニコしていて、本当に若く見えました。
まあ、年齢をあれこれ言うは無粋という物。


初来日と言うことで、ナムガルさん達も故郷について紹介したいというお気持ちがあったのでしょう。
通訳さんを介して、とても素晴らしい自然に恵まれていて、お客さんが大好きなので、是非遊びにいらして欲しいと繰り返し話していらっしゃいました。

ナムガルさん以外の男性陣も、衣装はとても華やか。
踊りの曲も多かったので、踊りも見られたらいいなと思いました。
東京では月曜日にもライブをするようなので、気になった方はGO!です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-26 10:06:13

10/25 NBAバレエ団「DRACULA」夜公演

テーマ:エンターテイメント
ペタしてね読者登録してね

今日は忙しいので、午前中のうちにサボっていたフラメンコの練習をするぞ!と決意していたら、いきなり腰が…

かがんだ拍子に、なんかぐきっと。。。(T_T)
いかん。
なんというか腰がばらばらになりそうで怖い。
先生も怖いけど、本格的に痛めたらと思うと、それも怖い。
鍛えてるはずなのに~(T^T)


回復を祈りつつ。

昨日はもう10数年ぶりのバレエ公演を観に行きました。
NBAバレエ団「DRACULA」。
そう、あのドラキュラです。

バレエのレッスンは受けてみたいけど、見る方はとんと食指が動かずにいました。
ですが、これは主演に(コンテンポラリーダンサー?)大貫勇輔さんを迎え、バレエと言うより演劇的な要素が大きい舞台に思えたので、私でも大丈夫かなと。

実際、かなり演劇っぽかったです。
バレエ的な衣装もなく、見た目トゥーシューズ以外は完璧に演劇の体。
しかし寝た(笑)
申し訳ないことに、結構寝てしまった…


4列目とはいえ、端の方だったせいか、アメリカから連れてきたという照明の効果もサッパリ。
重暗い世界だから仕方ないんだけど、こんなに前の席なのに見えづらかった…

しかし、とてもいいところとパッとしないところが混在していたというのが印象です。

よかったのは、まあこれがよかったら全てよしと言ってもいいと思いますが、主演の大貫さんですね。
もうドラキュラの迫力は満点。
出てくるだけでおおっ、という感じで、ここは踊り以外の数々の舞台を踏んだ賜でしょうか。
大柄で非常に舞台映えがするし、いかにもバレエ美女なはかなげなミーナと共に、とてもよかったですね。

あとは、アンデッドも好きです。
この辺に一番出ているんですけど、本当に演劇的。
見た目カッコいいですね。

さすがバレエ団の公演らしく、脇の皆さんまで本当にお上手。
お稽古が足りないというような、みっともないことはなかったです。


悪かったのは、これも演劇的に見てしまうんだけど、男性キャストの見栄えがイマイチだったこと(^_^;
勿論大貫さんは違います。
NBAに長身のイケメンダンサーが払底しているのか。
主役の一人とも言えるハーカーを芸術監督でもある久保紘一さんが踊っている訳ですが、華々しいキャリアの持ち主でいらっしゃるようですが…
ひげ面でだぼっとしたスーツで出てこられると、小柄でポワントのミーナより小さくて、非常にがっかり。

ルーシーの求婚者の一人などはカッコ良かったですし、全員がダメという訳では勿論ないですが。
如何に自分が常日頃ルックスに恵まれたメンズを見ているのかなと思いました。

あと、DIAMOND☆DOGSなどでもダンスメインの公演ってありますが、たぶんもっとエンターテインメントを追求しているんでしょうね。
台詞がないと、ぼーっとしているうちにどんどんストーリーが進んでしまって、それを耳で捉えることが出来ない。
バレエっておとなしいというか、こちらが一生懸命見ていないと、向こうから掴んでくるような、そういうのは少ないのかな。



しかし、私が一番ダメを出したいのはパンフレット。
文化庁からお金をもらっている公演らしく、安倍首相のコメントがあるじゃないですか…!


もうがっかり。
コメントにも、「最近自然災害が多発している」などと他人事のように書いていますが、そもそも人が住んではいけないような土地を無理矢理埋め立てて安く売ったりするから、そういうことになっているという例が頻発していると言われています。
誰が売っているのか。
議員さんになるような、地元の有力者ですよ。

政府はそういう人たちの反対を抑えてハザードマップを作り、国民を守るのが仕事。
そこを怠っているくせに、万事自然のせいにするとは厚かましい。

なのに、「そういう時こそ芸術が意味を持っている」とは。
厚顔にもコメントに繰り返していますが、「私の提唱する美しい国・日本」の一面に、勝手に加えないでもらいたい。

「美」とは個々の心の中に自由に存在する物。
絶対に政府に定義されるような物じゃない。
安倍の言う「美しい」は私には関係ない。
この芸術の敵のような男の祝辞を嬉しげにパンフレットに載せるなんて、NBAも情けない。

なんだか、本番の公演とは関係ないところで憤懣やるかたない思いをしてしまった昨日でした。
問題の無い国の援助とは、何だろう…



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-10-24 10:10:34

10/23「W・シェイクスピア HUMAN」@本多劇場

テーマ:エンターテイメント
ペタしてねアメンバー募集中

続きます。


さて、お腹もいっぱいになり、井の頭線へ乗り換えて、下北へ。
久しぶりにKENNくんが朗読劇の舞台に立つ「W・シェイクスピア HUMAN」を観に行きました。

これはコンテンポラリーダンスとリーディングの公演と言うことで、コンテンポラリーの舞台を一度ちゃんと見てみたかったので、とても楽しみにしていました。

しかし、やっぱりというか(笑)私の見たいタイプのダンスではなかった…
パンフレットがなかったからお一人お一人のプロフィールがわからないのですが、本職のダンサーさんと言うより、役者さんが振付を習って動いているという感じ。


大きなおできや触角みたいなものをつけた衣装が妙に可愛いダンサーさん達が、まるで大道具のような効果を出しています。
リーディングキャストの衣装も、どこかにおできっぽいアレンジがくっついていますが、基本白なので、爽やかで変な感じはありません。


リーディングキャストは日替わりで、KENNくんのように一回限りの人もいるわけで、これは雰囲気がかなり変わると思います。


朗読劇はたくさん行われていて、それぞれ客を退屈させないように工夫を凝らしていると思いますが、基本(リーディングキャストは)稽古もほとんどしないし、お安く出来て客を集められる、お手軽な舞台で余り好きじゃありません。

その中でも、これはダンスとのコラボなので、かなりアクティブだと思いました。
意欲的ですが、私のように単純にKENNくんだけを見に来た柔なファンには酷な仕打ち。
ロミさんもイケズな(笑)
私、珈琲を入れて行ったのですが、KENNくんがいない時は結構寝てしまった…
「これはどういう意味なんだ?」とか考え始めたら、もう迷路に迷い込んでしまいます。
見たいものだけ見る。
すみません。



実際、KENNくんが(Julietの寺崎裕香ちゃんも勿論いますが、客席はKENNくんしか見てなかったと思う)まさに舞台へ躍り出るように登場した時には、「わあラブラブ」という客席の声にならない歓声が(笑)

私も生のKENNくんを見るのは、前の能朗読の舞台以来だと思うから、一年以上ぶり。
もうゲームやアニメのイベントにしか出なくなっちゃったので…
舞台役者のKENNくんを見るのが一番好きだったからなあ。


とはいえ、最近サボっていた新たな音源を買いそろえ、やっぱり歌うまいなーと再燃気味だったので、やはり生で見られて嬉しかったです。
100万ドルの笑顔の威力も相変わらず。

舞台に立たなくなっちゃったせいか、ちょっと体型を絞るとかしてなかったみたいですけど(笑)
いや、太っているとかではなく、元々筋肉質で骨太なんでしょうね。
でも、必要とあればぐっと絞ってくる人だったので。
今のままでも問題なくイケメンですけど。

あと、声がやや嗄れ気味だったかな。
大事になさって下さい。
やっぱりまた舞台で、がっつり芝居で見たいですね。
気長に待つ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。