1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-09-29 10:29:04

9/28「Romeo&Juliet」夜公演 5回目

テーマ:エンターテイメント

ペタしてね 読者登録してね


昨日はピラティス→フラメンコの定番コースのあと、5回目の「Romeo&Juliet」観劇の強行軍。
どうしても宮尾俊太郎さんの「死」を観ておきたくて、あとから買い足したんです。
リピーターチケットだけど、14列上手寄り中央席と、割合良い席でした。




さすが長身の宮尾さんは、舞台では他の「死」キャストとはまた違う存在感。
せっかくのイケメンも「死」のメイクで台無しでしたが…(^_^;
見た目、怖い感じになっちゃいますからね。




しかし、いろんな意味で買い足して良かった回でした。

久々の東山くんマーキューシオ。
続けて水田くんを観ていたから、その違いが改めてわかったり。



水田くんのマーキューシオは、幼くて哀れさが際立ちました。
弟っぽい。
きっと仲間内ではかわいがられていて、やんちゃで好き勝手やっているように見えて、実は家庭に恵まれず、寂しい思いをしてきたのかな…みたいな不憫な雰囲気を漂わせていました。
ティボルトの挑発にまともに反応し、悔しそうな表情をしたり…



東山くんの方はもう少し大人っぽく、死ぬ時も、ロミオに対する態度は兄のよう。
ティボルトにももう少しクールに反応します。
そしてとにかくセクシー。
どちらもそれぞれの魅力で、いいですね。




もう一人、この公演を観なかったら永遠に観ることのなかったキャストさんが、パリス伯爵の加藤潤一さん。


この公演は、そもそも加藤和樹くんを観るためだと言うほかに、もう一人外さなかったキャストさんは、このパリス伯爵のもう一方のキャスト、岡田亮輔くん。
加藤和樹×岡田亮輔の回だけを狙って購入していたのですが、宮尾さんのために今回だけ外しました。


が、こちらこそキャストさんによってこうも違うキャラになってしまうとは…!



なんというか、私にとってパリスは残念なイケメンだったので、ルックスをこんなに外してくるとは思いませんでした。
どこのお笑い芸人さんかと思った…


でかい。
身長も顔もでかい。
和樹くんと向き合うと、1.5倍はありました。
スミマセン(^_^;




でも、見た目ちょっとセンスが悪いだけで、リッチだしイケメンだし…というパリスが、見た目も何もかもダメなキャラになってしまう理由は。。。?
(役者さんとしては、加藤さんは歌も演技も問題ありません)


見るからに女の子にダメを出されそうなパリスを観てしまったショックは大きかったです。
お芝居の筋書も変わってしまいそうな、あまりにも違いすぎるキャスティングの意味を知りたい。
岡田くん、もう二度と浮気はしません(T_T)





2回目のロミオ、古川くんは、今日もソロは抜群に良かったですね。
いつでも主役の重厚な雰囲気を漂わしまくりの城田ロミオとは違い、古川くんは大勢とのシーンでは結構埋もれてしまう。
でも、城田くんにはできない、すごくいいところがあるんです。
それは、ダンサーとの相性のよさ。



「死」のダンサーと絡むソロのシーンがいくつかありますが、城田くんだと、余り絡み合っている気がしないんです。
というか、連動している動きなどがほとんど伝わってこない。


でも、古川くんだと、「死」に操られている、翻弄されている様がすごくよく見える。
動線が繋がっているというか。
ダンスのセンスなのかな-。
だから、「死」とのシーンは観ていて楽しいです。




昨日の和樹くんは、また歌が絶好調でした。
初めて上手寄りの席だったので、全体的に見え方が全然違ったし、キャピュレットは割合上手なので、近い気がして楽しかったです。




昨日はこの和樹くん、東山くん、古川くんの美形三人衆によるお見送りイベント。
舞台によってお見送りの形式は違うんですが、ここでは出入り口の片隅にポールを立ててキャストさん達を隔て、一列に並んだ観客が出ていくのを見送る…というか、観客がキャストさん達を眺めて、隙あれば声をかけて順繰りに押し出されていく(笑)という感じ。


3人ともばっちり舞台衣装&メイクのままなので、美しいのなんの。
表情が動かなければ生きている人間とは思えない、まるでお人形が陳列されているようで、目のやり場に困りました。
ちょっと声はかけられなかったけど、気分は盛り上がりましたラブラブ




今回、柿澤勇人くんのロミオは、どうしても和樹くんの休演日となってしまうので、観られないんです。
しかし、清水くるみちゃんは取っているはずなんですが…
まだ現れないですね。
怪我で休演した日とかぶっちゃったのかな?
さて、会えれば良いですが…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013-09-27 10:38:15

9/26 「ロコへのバラード2013」昼公演&「CLUB SLAZY」夜公演

テーマ:エンターテイメント

ペタしてね アメンバー募集中


昨日、朝起きた時には舞台があることをすっかりど忘れしていました。
やばいやばいやばい…



午前中で雑用を切り上げ、まずはグローブ座へ「ロコへのバラード」2013年度版を観に。

こちらは初演も観ました。
正直その時はあまりアルゼンチンタンゴを堪能できなかった…


アルゼンチンタンゴコンクールで日本人優勝者として有名なChizukoさん他、プロがいたとしても、ダンスは得意だが付け焼き刃キャストが辛かったんです。
タンゴとかフラメンコみたいな濃い(笑)ダンスは、なんちゃってとの落差が大きい。
いっそ再現できないなら、DIAMOND☆DOGSのように、自分たちの色に染め変えてエンターテインメントすればいいのです。



そんな私が今年のバージョンを観る気になったのは、進藤学くんがキャスティングされたから。



進藤くんはタンゴ講師の資格を持っているというのに、しっかり踊っているところを観たことがなかった。
やっと本領発揮なところを観られるということで、期待してチケットを買いました。
そして、大正解でしたラブラブ



お芝居の内容は、かなり初演と同じ感じでした。
今回入った石井一彰くん、歌も踊りもお上手。
大月さゆさんも初だと思いますが、こちらも歌、踊りともgood。
特にタンゴ頑張っていてステキでした。


今回、全体的にタンゴのレベルが上がっていたと思います。
確かに主演の彩吹真央さんは手足が棒のようにすらり長すぎて(^_^;タンゴの体型じゃないのですが、真央さんにしか出せない雰囲気というのはありますから。


西島千博さんなどは、もうさすがで、タンゴの脚捌きを完璧にマスターしていました。
そして、何より見応えがあったのは、やはりタンゴ専門男性キャスト。



アルゼンチン人の男性はベテランと若手の二人、そして進藤くんの3人は本当に色っぽくてすてき。
正直お芝居中より(お芝居の中でもよく踊るのですが)、最後の短いショー的なところがよかったですね。
進藤くんと若い方のアルゼンチン人ダンサーが、なんと男性ふたりで踊るシーンもあり、パワフルで若々しい男同士の、何とも言えない色気に客席も盛り上がりました。


ラスト、全員が並んで踊ると、すらりと長身でスーツを着こなした、濃い美形がずらり並んだ様は壮観。
ただタンゴを観に行ってもまず観られない眼福な光景でハッピーでした。
客席は中高年が多かったですが(^_^;、若い子も絶対夢中になるはず。





長くなりますが、もう一本観たので仕方ありません(^_^;



新宿へ移動して…と言いたいところですが、訳あって一度自宅へ戻りました。
そして再び新宿へ。


こちらの「CLUB SLAZY」も観に行く予定はなかったんです。
でも早くも2ndが決まり、そのキャストにつられていく気になったので、2ndの先行チケットも買えるみたいだし、フッキーを観に行くかーと遅まきながら。


そして、大変いい舞台でした♪
いやー、楽しかったですグッド!ドキドキ



内容的には、クリエということもあるのか、キャスト的にもストーリー的にもミラトレを彷彿とさせるのですが…



そもそも、行く気がなかったのは、ホストクラブものかと思っていたこともあります。
ホストとか吸血鬼とか、いかにもセクシーだろと言わんばかりのものは、私には返って興ざめで。
「私のホストちゃん」も外してございます(^_^;


でも、ホストクラブじゃなくて、ショー中心でした。
ショークラブ?
最初から最後までかなりの部分歌って踊っていて、久々に若手俳優さん達の底力を見ました。
テニミュ出身者をずらり並べていましたが、やはり生き残っていく人というのは力があるなと。
皆歌って踊れる人ばかりで、本当に見応えありました。



今回一番いいなと思ったのは、米原幸佑くん。
わたし的に彼を初めて見た(そしてそれしか見てないかも)のは「マグダラなマリア」のロージーなので、イケメンなのはわかってましたが、歌が上手いとか踊れるとかは正直謎?…(^_^;


でも何となく、米原くんはオラオラ系の男らしい人じゃないかと思ってました。
今回のキャラはそれに近かったですね。


やんちゃで暑苦しく、テンションの高いキャラを全身で演じていました。
カーテンコールのコメントで、


「この舞台は歌って踊ってが多くて、僕たちも初めてのチャレンジで…」


みたいなことをまじめに話していて、その落差がすてき。
本当に作り物みたいな美しい顔立ちだし、こんなに歌が上手いとは驚きでした。
踊りもかなりうまくて。
今回加藤良輔くんとか後藤健流くんのような踊りはプロという人以外にも、大山真志くん、米原くん、井澤勇貴くんなども、ダンスはすごくお上手でした。


わたし的にお目当ての藤原裕規くん、いきなりの影ナレで変わらぬテンションを聴かせてくれました(笑)
登場した途端、


「かわい~♪」


と満足(^^)

途切れることなく舞台に出続けているお陰か、元々スリムなのに、最高にいい状態の体型を保ち、そのたたずまいは少年のよう。
若い。
声も姿も若い人です。



メイクも似合っていて、今回のフッキーはかなり美しい。
キャラクター的にはピエロっぽいのですが。
フッキーは本当に立ち姿が見せる人。
すらりとしていて顔が小さく、少女漫画のような完璧なフェイスライン。
しかし、銀英の時メイクだと思った頬の傷、今回もくっきり見えたので、あれは自前ですか…!?


俳優の顔に大きな傷跡があるとはどういうことでしょうか。
まあ、メイクで凹凸しかわからないですが…
一体どんなやんちゃをしたのだ。。。


とにかく、いつもの安定の演技力。
舞台を気持ちよく引っかき回していました。
2ndも期待ですね。


こちらは昨日の昼夜公演が、それぞれニコニコ生放送でネット試聴できます。
昼公演を観てみようかな(^^)
とにかく歌・ダンス・歌・ダンスのすごく楽しく、贅沢なステージです。
こんな短い日程なんてもったいない。
お勧めです(^^)


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-09-26 10:06:40

10/25「Romeo&Juliet」昼公演 4回目&いろいろ

テーマ:エンターテイメント

ペタしてね 読者登録してね


ちょっと更新が空いてしまい、申し訳ありません。
何も書いてないのにたくさんの方が見に来て下さっていて。
ありがとうございます<m(__)m>



昨日は4回目の「Romeo&Juliet」でした。
古川雄大くんのRomeoは初めて。
かなりイメージが変わったので、面白かったです。


初演は山崎育三郎くんのみ、今回は城田くんのみ延々見続けたので、思えば厚みのあるロミオ、のイメージが付いていたんですね。


古川くんのロミオは、今まで観た中で一番現代っ子な雰囲気。
特別なプリンス感はない分、身近で気安いイメージです。
私は勝負を逃げるようですが(笑)、育くんのロミオが一番好きなんです。
若さ、カリスマ性、ルックスと、私のロミオのイメージに最も近かった。




古川くんのロミオは、すごくいいところと、もう少し自信を持ったらいいんじゃないかなと思うところとありました。
でも、いいところがあると言うことは立派です。

特に後半のソロが良かったですね。
さすがに歌は上手いですが、更に感情や迫力が加わって。
この舞台で主演を勤めたことで、更にパワーアップしていくんだろうなと思いました。



それから、「死」の中島さんと相性が抜群。
中島さんも初日見た時よりずっと雰囲気が出て良かったですが、初日は小柄で顔も小さい中島さんと城田くんの、ルックス的な相性の悪さもあったと思うんです。
長身で顔もそれに合わせてそれなりな(^_^;城田くんと並ぶと、かなり厳しいビジュアルに。


古川くんも割と長身だと思いますが、とにかく顔が小さい。
顔が小さくてあの大きな目の美形なので、中島さんと並んで違和感がないんですよね。
安心して観られました。





今回は加藤和樹くんを見るために(笑)通っている訳なので、今日の和樹くんは・・・


優しい感じでしたね。
絶唱するような所は、いつもよりシャウト気味だったりですが、孤独とか悲しみがより伝わってくる歌でした。
わたし的に、ジュリエットと踊る時の優しい笑顔が好き。
ジュリエットも嬉しそうだし、いとことしては本当に信頼し合って仲がいいのになあ、なんて思ってしまいます。




昨日はロミジュリの昼公演のあと、新中野へ移動して、宙の担当さんと打ち合わせ。
その時やっと気づいたのですが、打ち合わせのあと行く予定だったグアヒーラのレッスンに必要なアバニコ(扇)をど忘れ…!


あー、私のバカバカ(T_T)
先生がご自分のアバニコを貸して下さったのですが、使っているうちに留め金が取れてばらばらに…


ひー…(>_<)


重なる不手際に折れそうになる心にむち打って、何とか生きて戻りました。
先生、本当に申し訳ありませんでした。。。<m(__)m>


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-21 20:10:37

ミュージカル「Romeo&Juliet」3回目

テーマ:エンターテイメント

ペタしてね アメンバー募集中


なんかちゃんと下書きしかけたのですが、結構色々あったのでめんどくさくなってしまった…


シンプル版でご容赦下さいませ。




金曜日は3度目?「Romeo&Juliet」観に行ってきました。


今回は水田くんマーキューシオ、とても良かったです。
席が近くて表情がよく見えたせいもあるかもですが(^_^;
最初から最後まで狂犬じみた表情は崩さず(あ、最期はさすがにもっと優しかったですが)、マーキューシオに成り切っていました。



死の大貫勇輔さん。
中島周さんと同じく初演からの続投組ですが、中島さんと違ってこちらはかなり印象が変わっていて驚きでした。
結構ほほえみというか、薄笑いを浮かべているシーンが多い。
私の記憶では、初演の時は無表情で、まさに「死」という感じでした。
とっても怖かった…(T_T)



色々変えてきているんですね~。
見ている側としては、初演の時は生理的嫌悪感でまともに見られなかったので、今回の方がいいです。
踊りも、私が見た回は中島さんちょっとふらついたりしていたので、それに比べると大貫さんの方が格段に安定して上手かったです。



平方元基くんベンヴォーリオも今回が初めて。
単にルックスという意味では、私はこちらの方がマイルドなハンサムで好きかも。
役者さんによって、同じ役でも微妙に台詞を変えたりしているんですね。





観劇のあとは、ピラティスの振り替え。
そして今日もピラティス→フラメンコのコース、久々でした。
あの台風のさなか、京都へ旅行へいらしていた方に、可愛い葛湯を頂く♪


原稿が終わったから、やっと通常の毎日に戻れるな。


教室の帰りに、これまた久々に美容院「OPUS」へ。
ヘアカラーしてもらって来ました。
今回はカットしてないのに、セットするとやはりばっちり決まるというOPUSマジック。


さて、明日から次の仕事です。
お休みの方は、良い三連休を(*^_^*)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-19 16:47:46

原稿終わりました

テーマ:仕事

ペタしてね アメンバー募集中


こつこつ一人で頑張っていましたが、今日の午前中無事アップ。

宅急便で出してきました。

とにかく間に合って良かった。

今回アシスタントさんが私の予想以上に早く仕上げてくれたので、本当に助かりました。

前はトラブル続きだったけど、今回はラッキーなターン(*^_^*)

皆さんお疲れ様でした。




というわけで、本当ならまだ仕事日に入れていた本日。

好き勝手過ごせる貴重な日だ~、というわけで、フラメンコシューズを修理に出しがてら、久しぶりに街中をぶらぶらしました。

フランフランのソファがメチャ可愛いラブラブ



しかし、私には他に買わねばならないものが…(ブツブツ)





ランチは急遽最古参アシスタントさんのMさんを呼び出して、フレッシュネスバーガーでパワーランチ。

同じ吉祥寺在住なので、いつも助かってます。

いい話し合いができて良かった(*^_^*)



ところで、フレッシュネスバーガーでは、いま期間限定でマッシュルームのベジバーガーが復活しているのです。

これが好きなの。

そのために行きました(笑)


そんな私の仕事明けな一日。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。