1 | 2 次ページ >> ▼ /
2018-02-14 20:34:04

2/14「ブロードウェイと銃弾」昼公演&機種変更

テーマ:エンターテイメント

バレンタインデー、昼公演へ行って来ました。

土曜日以来、少し空いただけですが、公演は日々熟成を深めているようです。

 

なんだかんだで夜公演が続いたので、昼って有難いと暖かさをかみしめつつ出かけました。

本当に暖かい日だったみたいですね。

ラッキー(#^.^#)

 

バレンタインデーは何かプレゼントがあるかと思っていたのですが、昼公演は何もなかったです。

夜かな?

 

今日はM列ということで、1階席では後ろの方ですが、奥行きのない日生劇場では問題ない距離です。

ただ、サイドブロックだったので、首が傾いたまま固定で、ちょっと辛かったかな(^_^;)

 

まだこれから中盤戦というところですが、わたし的に早くも悟ってしまったのは、わたしは浦井くんの鬼気迫る演技が好きなんだなーということ。

ふわっとした舞台とか、こういうザ・エンターテインメントな賑やかな舞台だと、楽しいとは思いつつ、何度も見たい!というのとはちょっと違う。

去年の「ビッグ・フィッシュ」もそうだったけど、仕事の忙しさと天秤にかけると、いや、仕事しようよと言う気持ちになってしまったり(^_^;)

確かに、ビッグ・フィッシュの時は本当に忙しくて、少なく切り上げてギリギリ間に合った!みたいな綱渡りだったなあ。

今も長編を抱えてフラメンコをやめたくらい切羽詰まっているので、たまに見るのでちょうどいいと思う。

これが「デスノートMUSICAL」だったら毎回見逃せない勢いだったんだけど、あの時は仕事も余裕があったと言う(笑)

巡り合わせとか幸運とか、いろいろあると思います。

 

それから、もちろん作品の内容が好みかと言うこともありますよね。

1920年代のファッションは、独特な魅力があって見ていて楽しい。

でも、わたし、ジャズが苦手なんだな~(笑)

だいぶ感覚が大人になったつもりなんですが、ジャズの良さだけはまだわからない。

優くんのテーマソングとか、確かにステキなんですけどね。

これがわかるようになったら、わたしも本当に大人かも。

 

ストーリーもあるし、全体的な雰囲気もあるし…

誰が出ているかももちろんあるだろうけど、なんとなく作品として好きかどうかは絶対にある。

そして、こればっかりは見てみないとわからないんですよね。

ブロードウェイと銃弾は、わたし的に5段階評価の3.5くらい(^_^;)

これは本当にわたしの好みの問題で、作品の完成度はかなり高いです。

毎回客席の反応は凄くいいし、舞台を見慣れていない人にもわかりやすく良い舞台だと思います。

 

そんな中、浦井くんじゃなく、一番ヒリヒリした感じなのが城田優くん演じるチーチ。

わたしが優くんのファンだったら、この舞台は結構通いたい舞台になったかも。

 

身長190センチの優くんは、おそらく欧米の芸能界に行っても大きい方だと思うけど、日本の舞台でもわたしの目には大きすぎて(^_^;)

ロミジュリの時なんか、こんなに育っておっさん(スミマセン)なのに10代の少年役とか厳しい(^_^;)と思っていたくらいですが、この舞台では「巨人」とか「ゴリラ」とか呼ばれていて、やっと身の丈に合った役が来たね!という気が…

(ご本人様、ファンの皆様、本当に暴言申し訳ありません!)

でも、ぬぼっとした感じ(どうしても大きいのでそう見えてしまう)、無駄な美形ぶり、異様に迫力を感じる歌、芸術に秀でた分取りこぼしてしまったかのような良心…

チーチの哀れさを、優くんはあつらえたような肉体を持って、全力で演じていると思います。

チーチは大きく欠けているが故に、共感することは出来ないんだけど、その生き様が最も心に響いてしまう。

わたしの見たい鬼気迫る感じは、この舞台では優くんのものです。

 

 

ところで、スマートフォン買い換えました。

前のも電池入れ替えたら問題なかったと思うけど、ちょうどシャープのハイスピードIGZOがいいなあと思っていたところだったので。

古い端末は、仕事の時アシスタントさんに資料表示用に使ってもらおうかと。

 

シャープのハイスピードIGZOを装備した端末は、最初miniというのがあって、これの赤にしよう!と決めていたら、吉祥寺の楽天モバイルショップで「もうありません」と言われてしまって。

仕方ないので次に出たCompactにしようと改めて出向いたところ、今度はSIMカードがないと。

前のとサイズが違ったせいなのですが、いろいろあって、店舗では交換出来ず、自分でネットでやって下さいと言うことで、もう全然ショップで手続きする意味がないと言うことが判明。

 

端末代も一切値引きなしだったので、

「ここで買うメリットがないので、自分でネットでやります」

と言ったら、顔はわかりましたと平静に言いつつ、かなり気を悪くしているのが全身から出ていました(^_^;)

格安スマホは行き届かないのが格安ってことで、お互いあきらめるしかないですね。

 

で、ネットで端末買ったら、機種変更サービスと言うことで、1割くらい安くなりました(笑)

わたし、スマホデビューから格安スマホ自分で設定して使ったので、店に行って設定してもらったら有料だし、ほんと自力しかないなと思いました。

 

わたしみたいに不慣れで、楽天モバイルで機種変更する方のために、もう少し詳しく書きますと、

 

SIMカードのサイズが変わった場合は、ネットでSIMカード変更手続きをします。

楽天モバイルが受け付けた段階で、古いSIMカードは使えなくなっていると思った方がいいです。

わたしの場合は、店舗で「端末はすぐ来ると思いますが、SIMカードは少し遅れることが多いです」と脅かされましたが、どちらもネットで注文した翌日の午前中届きました。

 

古いSIMカードは、自前の封筒を用意し、自分のSIMカードに対応する返却先に送り返します。

サイトを見ると、あたかも返却用伝票があり、それを添えるように書いていますが、質問したところそのようなものはなく、返却用封筒が伝票に該当するそうです。

また、SIMカード返却に当たりカスタマーセンターへ連絡するようにとサイトにありますが、機種変更の場合は必要なく、SIMカードを返却するだけで大丈夫だそうです。

 

機種変更の端末もSIMカードも、商品だけがぽんと送られてきて、何の取説も案内もありません。

端末には注意書き程度の説明書はありますが、操作などはネットの取説をダウンロードする必要があります。

あまりに不親切ですが、設定はサイトを見ながら頑張るしかありません。

初回よりは簡単ですので、頑張ってくださいね!

 

 

そして、店舗ではなかったmini、ネットではちゃんとありました(笑)

迷いましたが、電化製品は最新のものを買うのがポリシーなので…

しかし、前のは3年未満しか使わなかった。

今度は5年は使うぞと心に誓っています(>_<)

 

でも、デザインは前のXperiaのほうが断然お洒落だな~(^_^;)

下手にiphoneに似せたんだろうけど、シャープなんだから、デザインもシャープにクールに頑張って欲しかった。

指紋認証は便利です。

充電も保つし(^^)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-11 19:29:54

『祈りのとき』

テーマ:エンターテイメント

今日はトルニージョでお世話になったさとゆみ先生こと、里有光子先生主催ライブの日。

行ける!と思っていたら、占い教室とドンかぶりしてしまい、かなり遅刻しちゃいました(@@;)

申し訳ありません~(・_・)(._.);;;

 

ホント、わたしが最後に大遅刻して入り、ほぼ真っ先に出た感じで(見ていた場所が一番出口に近くて)、誰にも会わなかった…

こういうライブは、最初から最後までしっかり構成されているものだから、きちんと見られなくて大反省。

でも、最後のさとゆみ先生のグリーンのグラデーションのフリルが付いたパタデコーラ(裾を引きずる長いドレス)、ステキだった~,゚.:。+゚

伝統的なフラメンコが好き、というさとゆみ先生らしく、踊りは正統派かなと思っていたら、最後にエレクトリックなサウンドを使って、印象的なクローズ。

さとゆみ先生らしい、若々しさときちっとしたフラメンコの、ステキなステージを彷彿とさせました。

全部見たかった~(T_T)

 

『祈りのとき』は、ライブのタイトル。

今度こそ、最初からしっかり大尊敬するさとゆみ先生のライブを見たいなあ。

近いうちに機会があることを願って。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-10 16:43:16

「ブロードウェイと銃弾」2/10 夜公演

テーマ:エンターテイメント

実は今日は体調悪くて止めようか、かなり迷いました。

昨日の夕方、何故か戻してしまいまして。
直接胃が拒否したのはおやつに食べたりんごでしたが、原因はこのところ食べようと頑張っていた肉だと思います。
これ以外、思いつかない。
ベジタリアンが骨の髄まで染み込んでいますなあ。
いつでも肉なんか食べられると思ってたけど、無理かもしれない。
 
そんなわけで今朝はピラティスを休み、家中の流動食的なものを探し出して流し込み、ちょっと元気出たので行くことにしました。
いやー、めったにないことなんで、ぐったりしちゃいました(@_@)
 
 
今日は端っこですが、F列と良席。
ただ、一つだけ残念だったのは、あるシーンで楽しみにしていたキャストさん達の表情が、この席では完全に死角となってしまったこと!
ネタバレしますので、気にならない方だけご覧下さい↓
 
 
 
劇場で役者さん達が初めて集まるシーンで、チーチを見たアンダーの役者さんがあまりの恐怖に固まる、というところの表情が凄く面白くて。
このお二人が、肝心のチーチに隠れて、完全に見えませんでした。
悲しい…
 
まだ始まったばかりのこの舞台ですが、既にアドリブ合戦があちこちで勃発している感じ(笑)
今日は、プロデューサーがチーチの名前を聞き間違えて
「チーチダさん」「トートさん」
とやったため、客席大喜び。
プロデューサーは黄泉の国へと呼ばれたようです。
 
あと、最初から思っていたんですが、浦井くんがチーチの城田くんにはたかれるところで、浦井くんがやたらと嬉しそうな顔になるんですけど(^_^;)あれはわたし的に善し悪しかなあと。
たぶん、客席の7割くらいは喜んでいるかもですが、あれを見るとわたしなんかは素に戻っちゃう。
浦井くん自身、この舞台では一瞬素に戻るところが散見されて、どちらかというとわたしはそういうの好きじゃないんだなと思いました。
だって、大金払って仲良し会を見に行ってるわけじゃないですからね。
たとえ好きな役者さんが出ていても、わたしはやっぱり作品を見たいんだなー。
そこへ行くと、優くんは偉いです。
かなりきついアドリブが来ても、チーチを一切崩さずクールなまま。
 
正直、わたしは遙か昔のエリザベート、ロミジュリと聴いてきて、優くんはあまり歌がうまくない(ミュージカル俳優のレベルの話)と思っていて、ちょっと苦手でした。
でも、この舞台で見直しましたね。
当たり前かもですが、歌はわたしが思っていたよりずっとお上手だったし、演じるという面で、すごいプロ意識を感じます。
チーチのぶれない感が、この舞台をしっかり支えていると思います。
 
毎回書いている平野綾ちゃんも絶好調です。
声だけで演じるシーンがあるのですが、
「ここ、生だよね?」
と密かに思っていて、今日は前に聞いたのとちょっと違ったので、やっぱり生じゃないかな。
まさに声優スキルを120%生かせるシーンで、
「わたしに任せてちょうだい!」
という、綾ちゃんの鼻息が聞こえてきそうな熱演ぶりです(笑)
 
あとは、なんとなくイーデンの保坂知寿さんが好きです。
ストーリーにはほぼ関係しない、何のためにいるのかよくわからない人なんですが、潤滑油のような感じかなあ。
無駄に美声で歌いまくっていて、わたしは恐ろしくて無駄なキャラとか作れないんですけど(だいたいページ数の問題で)、こういう人が存在することになんだか癒やされてしまいます。
 
今週は続けて見ましたが、来週は空く予定。
というか、カラー頑張らねば!
体調も戻していきたいです。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-08 22:26:49

「ブロードウェイと銃弾」2/8マチソワ&ネーム打ち合わせ

テーマ:エンターテイメント

そういえば、ハーブ、発芽し続けています。

本当にわたしが蒔いたハーブが発芽していたようです。

というか、発芽率3割って書いてあったのに、現段階で6割以上出てますけど…

小さな鉢に20コくらい芽が出ていて、これどうしよう、間引くの?と頭を抱えています(@@;)

 

 

そして、初日の翌日ですが、FCで当選してしまったので、頑張ってマチソワ行ってきました。

間の時間を利用して、近所のカフェでネームの打ち合わせまでしてきました!(笑)

しかし、打ち合わせでごちそうになっておきながら何ですが、月桃茶は大失敗でした(;.;)

ただの草を刻んでお湯につけたらこんな感じ、としか言えない、とてもお茶を名乗るに値しない代物でした。

試しに飲んでみた担当さんも

「そうとしか言えない」

と同意してくださったので、間違いないです。

近所で月桃茶を見かけたら、頼まないことをお勧めします。

 

 

初日は、カーテンコールの話をすっ飛ばしてしまいましたが、演出の福田雄一さんがガンガン仕切り、笑いの絶えない時間でした。

が、前田美波里さんにダメだし、歌い直しをさせるという鬼ぶりで、美波里さん心が広いなとむしろ感激(^_^;)

 

福田さんによって、結構セリフを間違えたりぐだぐだが多かったことが判明したのですが、今日も二回続けて見たせいで、セリフが違ったり飛んだりしたところがよくわかったです(笑)

まだまだ怪しいところはあるとしても、とにかく一人一人のスキルが高いので、細かいところで感動したり…

わたしは、美波里さんの歌に浦井くんが絡むところなんか、

「うわー、美声でやると決まるなあ」

と感激しましたね。

 

一番怪しいのは、ブラザートムさんじゃないかなと思います。

実は、キャスティングの段階で危険を感じていました(^_^;)

こういう感じの人って、セリフが余り入っていない、感覚で舞台に出てきちゃう。

キャラクターを買われてきているというか。

今のところ、そのものずばりですね。

 

でも、そのキャラクターも、わたしとしてはあまり納得いかないです。

というのも、全くマフィアのボスに見えないから。

体格はいいし、歌もめちゃ上手いですが、とにかく日本人にしか見えない!

マフィアって言えばイタリア系の濃~い感じでしょう?

目が合っただけで背筋が凍るような迫力はゼロ。

チーチの方がよほど怖いですよ。

わたし、どうもこういう見た目だけ押し出しのいいタレントさん、信頼できないです。

歌は本当にお上手なんですけどね~。

あと、怖いんだろうけど、座る時は躊躇わずガンガン座って欲しいですね。

その方が笑えます。


あと、これはトムさんの問題ではなくて、初日にはあったのに、今日はなかったシーンがありました。

トムさんが客席に喝采や歓声を仄めかす場面があったのですが、今ひとつのりが悪い、続けるのは厳しいという判断があったのでは。

今回、客席のノリは結構良いのですが、やっぱり客席にパフォーマンスを求めるのは結構難しいと思います。

内気なわたしなんかは確かに「毎回これをやるのはうざいなあ」と思っていたので、止めてくれて良かったです(笑)

 

 

今回、ダンサーの皆さん、特に女性ダンサーの皆さんの華麗な衣装とパフォーマンスが楽しみなのですが、その中で何故か山田裕美子さんという方が印象に残ります。

一番表情のお芝居をされている気がするからかな。

目立つんですよね。

わたしの友達にもちょっと似ているし(すごい個人的)。

もちろん踊りもお上手だし、つい目で追ってしまいます。

 

今日も平野綾ちゃん、最高でした。

本当に男性ファンの皆さんには、大挙して頂きたいですね。

今日は席が凄く近かったので、昨日はわからなかった表情のお芝居もよく見えました。

ふくれっ面が超可愛い(笑)!

 

浦井くんの髪は、最初カツラかなと思ったのですが、最後になるに従ってだんだん緩くなってくるので、やっぱり自毛かもなんて思ってます。

緩くなってくると、なんだか顔になじむので。

毎回あの強いカールを作っているとしたら、ヘアケア大変そう(^_^;)

 

上演時間は、休憩含め3時間はかかりませんでした。

ちょっと詳細な時間は忘れたのですが…

参考にならなくてすみません(^_^;)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-08 00:02:06

「ブロードウェイと銃弾」初日

テーマ:エンターテイメント

先日、パーソナルトレーニングの小西先生から、おやつ頂きました(#^.^#)

年末パーソナルの生徒さんに配ったそうですが、お互いタイミングが合わずこの時期に(笑)

西荻のカフェの手作りで、賞味期限が切れてわざわざ作り直してくださったとか。

すぐ食べちゃいました。

ごちそうさまでした~_(_^_)_

 

そして、今日は日生劇場にて「ブロードウェイと銃弾」初日でした。

地方も回って64回?とか、年明けから長い公演ですね。

去年も2月は日生劇場で「ビッグ・フィッシュ」だったなあ。

寒い時に公演があると辛い…

特に夜公演は辛い。

今年はどうやって乗り切ろうかなあ。

 

でも、今年というか、去年から結構寒かったので、身体が慣れてしまっているところもありますね。

今日も17時開演で少し早い♪と、ウキウキ出かけました。

あ、腰はだいぶ良くなりました。

8割くらい回復かな。

 

今日は日生劇場初の二階席でした。

これでもS席なんだけど(笑)、S席の最後列だった…

でも、見やすかったです。

ステージを見下ろせるのは、2階席の良いところ。

 

開演前に、また台湾以来のお友達に会うことが出来、約束していたわけでもないのにラッキーでした。

公演は、休憩25分含めて3時間ですかね。

 

今回、わたしのお気に入りは大根女優・オリーブ役の平野綾ちゃん。

もう最高!

 

大根女優役なのにあれですが、始まってすぐ、綾ちゃんの歌が凄く上手くなっていて驚きました。

元々上手いですけど、もう完全にミュージカル俳優のそれになったというか、芯が通って、さすがニューヨークへ留学しただけのことはありますね。

文句なく拍手。

 

今回は、本当に歌がお上手な人が揃っていますね。

「王家の紋章」では、歌うシーンがちょっと聴かせるような場合じゃなくて今ひとつ歌唱力のほどがわからなかった愛加あゆさんも、やっぱりお上手だったことをしっかり確認(笑)

とにかく役者さんが歌い始めると、即説得されてしまうのが、ミュージカルのマジック。

 

その中でも、また綾ちゃんに戻りますが、彼女がこの舞台のヒロインですよ、本当に。

わたしは演出の福田さんの舞台は見たことなかったのですが、噂によるとかなり自分の味にアレンジするらしいじゃないですか。

でもこの舞台は原作があり、元々の脚本に忠実にやられたようで、ドッカンドッカン笑わせる、と言うほどでもありません。

ウディ・アレンですからね。

ウディ・アレンといえば、#me tooが世界を席巻する遙か昔に破廉恥漢の名をほしいままにした輩ですけど、それもあって私の中では何の評価も得ていない巨匠なんですけど、この舞台を見ても、大して印象は変わらなかったとは言っておきます。

コメディだけど辛辣だし、そこがイイ!みたいな感性ではないので。

でも、大筋はエンターテインメントとして良いと思うし、魅力的なキャストによってきらきらした楽しい作品になっていると思います。

 

その中でも、最高に気を吐いたのが綾ちゃんですよ。

あるシーンが凄く気に入ってしまって、もう客席も爆笑しながら見たんですよね。

声優時代に綾ちゃんを知った身としては、この舞台だけ見ても、綾ちゃんの声優スキルがかなり生きているんじゃないかと感慨深かったです。

 

このキャストが発表されたとき、ちゃんとした女優さんが大根を演じるのは難しそう、みたいな意見などあったかとおもいますが、わたしは声優さんなら何でも無いことだと思っていて。

あの方達、役者さん以上に過酷に様々なものを演じますからね。

人間じゃないものも当たり前に演じているので、大根役者くらい平気なはず。

綾ちゃんは、見事に大根女優を演じきっていました(#^.^#)

 

それに、初っぱなからあまりにセクシーな衣装にドキドキしました。

今日は女性客が圧倒的に多かったですが、綾ちゃんの男性ファンは、ここで観に行かなくてどうするんだと言いたいですね。

セリフもきわどくて、客席にお子様もいらしたけど、これは大丈夫かと心配になりました(^_^;)

吹っ切れっぷりがお見事です。

 

あとは、城田優くんのうわ背っぷりが目立ちました(笑)

こちらもなかなか一筋縄ではいかない役。

仕事も相当気になっていますが、わたしも楽しみたいと思います。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。