ハワイの火葬

テーマ:

英語で火葬のことを クリメイション と、

言います。 ご存知のことと思いますが~シラー


さて日本のみなさま、アメリカで、どの州が

一番火葬が多いと思いますか?


そうで~す、私の住んでるこのハワイ州です波


数年前の統計ですが、

ハワイ州  67.5%


では、逆に少ない州は?

ミシシッピー州 8.8%


今はもっと増えているんではないかと思います。




うちの会社ではここの裏側に火葬炉があるんですが、

人にはお見せできないほど古く汚れているので、

火葬炉へ行きたいとゆう人には、こちらから見て

もらうようになってます。 白い建物の右側の屋根の

ところに煙突があるのでそこから、煙がでます。


エンバーミング in Hawaii 日記





火葬とゆう風習は、なんと石器時代からあって、

火によって、精神の大事な部分を精製すると

信じられていたり、浄化の意味や、体から

精神をとき放す象徴だったりしたんです天使


火葬はヨーロッパ、ギリシャ、スカンジナビア、

インド、中国、と広まっていきます。


一方、エジプトでは死後の世界でも繁栄を続ける

ために生きている時とそのままの体を保つような

方法を使います、それがミイラ化です。

エンバーミングの起源とも言えますね~SKULL

さてアメリカで火葬を選ぶ一番の理由は

何だと思いますか?


・・・・金銭的な理由ですお金


前に、同僚に聞かれたことがあります。

「なんで日本は、裕福なのに火葬をするの?」


アメリカでは、お値段がはらないものが火葬

とゆう感覚が強いです。 日本も、仏教が入る

前には、火葬はしてなかったですよね~

なので、宗教的な理由、衛生問題と

土地問題だと言いました。



もし、詳しい方いましたら教えてくださ~い。



火葬に使われるお棺は、木製のものですが、

一番お値段のはらないものが、うちの会社で

日本円にして2万円とゆうものがあります。



見たい人~?



ん?


ん?



・・・・・




ドーン!


エンバーミング in Hawaii 日記

こちらです・・・・日本で言われる、ダンボールです。



ダンボールで火葬されるのも、ダンボールに

2万円とゆうのも、私にはとてもショックなことでした

ガクリ もう慣れましたが。



うちの会社の火葬炉は日本の火葬炉より少し温度

が低かったと思います。はっきりした数字は

忘れちゃいましたが、ダンボールでの火葬で

約1時間半ぐらいかかります。



そして、ご遺骨を灰ではなく、小さい粒にします。



火葬と一言でいっても、文化や宗教によって

違います。 そのうち、アメリカも90%が火葬

なんてこともあると思いま~すメラメラ メラメラ 



↓ポチっとしていただけると、明日も頑張れま~す。


にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村