私は毎日

あー生きてるんだな

って、思いながら今も生きてます


適応障害になって約7年程


最近は少しずつ外に出られるようになってきました


逃げられない閉鎖空間の電車やバス


たくさん人のいる場所

今何をしたら1番良いのか


当たり前に出来ることが出来なくなって


身体と心が、通じ合わない中で

生きてて良いのかと自問自答し

見つからない答えを探しながら


今日も生きました



目標や夢

それは簡単に見つかるものではない

いいんだろう

それまでどうもがいていけばいいんだろう


こんばんわ


今日はやっぱり悩みの私事を


23歳にもなりまだバイト


いろいろなバイトしてきました


でもどこでも言われたのは


“眼鏡かけてるから見えて当たり前”


という思い込みの悪気のない一言


うちは先天性で近視、乱視、斜視です



黄斑ジストロフィ(先天性黄斑変性)


5歳の時に黄斑の萎縮をとめる手術をして

斜視は治して

見えているという状況です



親は小学生になるとき


普通に進ませるか、盲学校に入れるか


悩んだそうです



一時期悪くて視力検査の1番上の大きいの以外

見えなかったんですが


最近は矯正して0,2くらい



中学生の時に車の免許は諦めて



今は眼鏡の度数が上がりこれ以上あげると


眩しくて頭痛、吐き気がくるので


それ以上は無理なんだと思い、見えていた過去もないので

生活には自身障害はないです


ですが働くとなると目が悪いというのが障害になってきました




ファストフードやファミレスなどは

メニュー表示がころころ変わり

レジの画面配置も変わり

ずっと新人研修のような感じで

「眼鏡合ってないんじゃないの」

「眼鏡作り替えなよ」


と言われるのに対して


『これ以上上がらないんです』

『生れつきなので病院は行ってます』


等とこのやりとりは正直疲れますし


心にグサッと来ます




眼鏡=見える


というのが世間の意見だとしたら



凄く働きにくい社会だなと




電車の電光掲示板が見えないのはしょうがないし

映画館は見えないし

博物館や科学館、水族館等の小さい説明文はあきらめるしかない

自分でどうにかなるけど




仕事に関しては凄く悩みです




見える見えないのやり取りがもう精神的に辛いです





障害者手帳は言われたことが無いので


無理なのかと思いますが



とりあえず




眼鏡=見える


の考え方が変わってくれたらと思いつつ



自身がが誇れる仕事を探してます


かなぽよです



今日はSTARBUCKSの秋の新作


栗~



フラペチーノで飲んでみました













栗だぁ


サイズはお腹冷えるからショートサイズだけど

それでも甘さを考えるとまだ多いかな


飲むというよりは

食べるって感じのSTARBUCKSの季節限定商品



好きなのは冬のジンジャーです







お暇な明日は何しようかな




Twitter
@hmkukana

よろしくです

かわいい


かわいい


くろねこちゃんっ



1番魅力的だと思うっ



でも猫ちゃんなのに



身体固いみたいで


ハマりきれてない


そんなところもかわいい









にゃんこLOVEっっ
ある日を境に


顎が開かなくなっちゃいました



昔も一時期あったんですが

最近良かったのになぁ


食べるにも飲み込むにも


しゃべるにも大変





もういやだー



音は治らないけど


せめて開くまで辛抱かな