フレックスジク (ブラシガードの時代は終わった?!) | ★☆★ 泉和摩のエサより釣りたい・・・ ★☆★

フレックスジク (ブラシガードの時代は終わった?!)

事の始まりはリアルスラッガーというワームを作り始めた頃、

ダイワのルアー担当のTさんが、

「泉さん、他に作りたいルアーありますか?」と言われたので、

「フックが交換出来るジグが欲しい」と即答しました。

私は長年フックの交換方法を考えていましたが思いつかず、

まぁ無理だろうと思いながら気軽に答えたのですが、

Tさん即答で「そのパテントならあります!」と!?

えぇーとびっくりしたところからこのジグの製作が開始されました。

このフレックスジグはフックをほぼ半回転回すだけのワンタッチで交換出来ます。

スプリットリング仕様のようにフックが横を向きにくく、ワームを装着した場合、

余計なブラシガードも無く、ヘッド形状も伴って非常に根がかりの少ないジグに

仕上がりました。

ダイワ製フックに限らずほとんどの他社製フックも装着可能で、

強度テストもこれでもかと実践を重ねましたので信頼できるものになっています。

2.5 3.5 5 7 10 14g 各6色で5月頃発売予定です。