こんにちは!わへいです!

 

僕自身はわりと社会不適合者だという自覚はあるんですが、社会不適合者はどうやってこの世で生きていけばいいのか?について解説しました。

 

「我こそは社会不適合者である』という方は、ぜひ、参考にしてみてください( ´∀`)bグッ!

 

 

常識とケンカし続けてきた人生

この記事でも書いた通り、僕は学校では問題児でした


 

高校時代、あまりに先生の言うこと聞かないので、職員室呼び出しの常連だったんですよ(笑)

 

高校の頃も宿題は相変わらずやってなかったんですが、毎日のように宿題出せと言われて、根負けして出したことがあります。

 

確か習った英単語を覚えるための宿題だったと思うんですが、「要は英単語覚えればいいんでしょ」と思って、フォーマットを無視して自分の好きなようにやって宿題を提出したんですが

 

「こんな変なやり方してるヤツは他にはいないぞ!

なんで、お前は言われた通りにできないんだ!」

 

とお説教されました(;´∀`)

 

 

宿題って学力を上げるためにやるんでしょ。

だったらみんなと同じじゃなくても、自分が英単語覚えやすい方法でやれば良くないか?

 

と思ってたんですが、やっぱり社会的には右に習わないヤツはお説教されるルールのようでした。

 

 

今も、

 

常識だからこうしなさい

 

みたいな言い方をされるのが苦手です。

 

だって、もっと効率いい方法があるじゃん!

 

と思っちゃうんですよね。

 

 

自分でコミュニティを作る

昨日の”自分”を周囲に表明する3メリットでも書いた通り、ありのままの自分を発信していると、それに共感する人が集まるようになります。

つまりは、自分の価値観が常識のコミュニティができるのです。

 

それって最高じゃないですか?

 

 

この記事でいうなら、

 

世間の常識っておかしいこともいっぱいあるよね

それより、フラットに考えて効率のいいやり方した方がいいんじゃない?

 

ということを僕が言ってるので、同じような考えの方が読んでいるはずです。

 

 

常識サイコー!

人と違うことする人なんてダメだ!

右に倣え!

 

という価値観の人は最後まで読まずに、バツボタンでブラウザを閉じているはずです(笑)

 

 

ビジネスに限らず、自分の在り方に共感してくれる人でコミュニティを作っていくと、とても生きやすくなります。

 

リアルだけで、呼びかけていてもなかなかニッチな価値観だと、人が集まらないんですが、ネットを使えば、全世界にリーチできます。

 

(このブログは日本語なんで、主に日本人にしかリーチしてないと思いますがw)

 

僕みたいな社会不適合者でも、ネットで呼びかければ、意外と共感してくれる人がたくさんいたりします。

 

「こんなマニアックな価値観に共感してくれる人なんて本当にいるのかな」と思うかもしれませんが、世界は広いです。

 

意外といっぱい共感してくれる人がいます。

 

なんで、恐れずに自分を発信して、自分のコミュニティを作っていきましょう。

 

 

 

ではでは、今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。