下野由貴生誕祭 | HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba

HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba

HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

2012年4月3日(火)。


下野由貴、14歳の生誕祭が行われました。


誕生日から一日遅れの生誕祭です。





下野の最初の印象は、「大人しい子」。


自己主張はせず、他のメンバーに比べて控えめなタイプ。


特に同い年の村重杏奈とは、真逆な印象でした。



HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


レッスン開始当初はそんな印象ではありましたが、


劇場公演を日々行うにつれ、下野に対する印象が徐々に変わっていきます。




今では、下野由貴の印象は?


と聞かれれば、僕はこう答えます。




下野由貴は、HKT48で1・2を争う程のド根性娘です。




HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


チームH発足前、下野のユニット曲は「この胸のバーコード」。


パフォーマンス力を向上させるべく、ひたすら自主練を繰り返しました。




指定の集合時間よりも早くレッスン場に集まり、自主練。


またある日は休み返上で、自主練。


もっともっと良いパフォーマンスを披露するために、


どのユニット曲メンバーよりもレッスンを重ねます。



HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


また、下野は弱音を吐きません。


どんなに体が痛くても、痛いという素振りを見せません。


どんなに体調が悪くても、劇場公演を休演することはありません。


当時13歳とは思えないくらい、たくましく、心強く、頼りになる存在。




そんな、下野が生誕祭で涙を流したのです。



HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


進行役の若田部遥が突如ケーキの下から封筒を取り出します。


それは下野にとって、見覚えのある封筒でした…。





人前に出ることが苦手だったはずの子が、


HKT48のメンバーとしてステージに立っていることの驚き。


そして、弱音を吐かない姿にたくましくなったことへの喜び。


それは母からの手紙でした。




HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


娘を思う母からの手紙に、涙がこぼれ落ちます。


「家では結構強く当たったりするのですけど、こうやって…。」


感謝の気持ちが、涙でなかなか言葉に出来ません。


会場からもすすり泣く声が響きます。





「みんながいたから、私はここまで来ることが出来ました。本当にありがとう…。」





下野は涙をこらえて、感謝の気持ちを伝えることが出来ました。




HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba


下野、14歳の誕生日おめでとう!


14歳という一年間が素敵なものとなりますように…。

HKT48さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース