旧家屋の古材を活用した I 様邸は周囲の風景に融け込む古民家スタイルの家です。











■受け継がれる家


 I 様はお父様と息子様ご夫婦の4人家族。今まで住んでいた家は過去に移築したもので、歴史のあるりっぱな造りでした。今回の計画では、そのまま全て解体するのではなく、旧家屋で使用されていた柱や梁を丁寧に取り出し、新築住宅に移築することになりました。








■基本データ


住所  : 魚津市坪野地区


ご家族 : 4名











■完成写真





外観


周囲の山並みや田園風景に融け込む様に2階は白壁、1階は板張りになっています。2階に用いているのは耐久性の高いガルバニウム鋼板です。伝統的な意匠と最新の素材を組み合わせた住宅建築です。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪





玄関


光沢のある漆塗りの柱と、艶を抑えた柿渋の天井を組合が、白い塗り壁とのコンストラクトを強調したデザインになっています。白熱色の照明が灯れば、温かく柔らかな雰囲気になります。 

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪








シュークローク


玄関脇には、家族専用のシュークロークがあります。靴を脱いだままにしていても、来客の目を気にすることがありません。また、靴箱に扉を付ける必要がありませんので、湿気が篭らずカビ対策にもなります。また写真には写っていませんが、コート掛けも手前側にあります。今回は少し大きめの空間にしてありますので、冬場の雪かき用のスコップなど、外回りのものも置く事ができます。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪






温かみのある廊下


最近では廊下を作らない、少なくするという傾向がありますが、家族の空間と来客の空間を分けるなどの機能があります。廊下を利用する人が温かみを感じる様な雰囲気に仕上げています。


北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪








仏間


普段、家族が使用しない仏間や座敷は最近では空間を縮小する傾向があります。I 様邸ではリビングと続き間にすることで、普段の生活でも活用できる間取りにしています。また、古民家テイストリビングと違和感のない落ち着いた雰囲気になっています。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪





古材を活用した古民家デザインのリビング


旧家屋から解体して取出した柱や梁を再度加工、塗装しなおしてリビングに移築しました。昔ながらの雰囲気を残しつつ、照明、ブラインド、家具はモダンテイストのものを選ぶことで、現代風なお洒落な空間になっています。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪





コンストラクトの美しいダイニングキッチン


ダイニングキッチンの天井は明るい色で板張りがしてあります。そこに、色の濃い古材を化粧梁として用いることでメリハリのある雰囲気になっています。天井が明るい色なので、空間が広く感じます。


キッチンはトーヨーキッチンのモダンなデザインのものを採用しています。和のテイストの中に置くことで、空間全体が引き締まった感じがします。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪




北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪








ノスタルジックな雰囲気の家族専用玄関


家族専用玄関からは納屋に屋根付の廊下で繋がっていますので、雨の日でも濡れずに納屋まで行くことができます。また、ボイラー室が隣にあり、中にはエコキュートが設置されています。I 様邸は魚津市内でも標高が高い位置にあるため、冬は低温で雪深くなります。外気の熱を取り入れて加熱するエコキュートの効率を上げ、風雨に晒さない事で、給湯器の寿命を延ばす効果もあります。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪







白木貼りの温かみのある脱衣洗面室


 脱衣洗面室の壁はクロスではなく、白木を貼っています。お風呂からの湿気が気安い場所ですので、湯気が壁に付着するとクロスが剥がれ易く、カビの原因にもなります。天然木材にはある程度の調湿効果と抗菌作用がありますので、湿気の多い場所にはお勧めです。


 また、晴れた日には洗濯物を外にすぐに出て干しやすい様に勝手口が設置されていますが、ドアを閉めたまま喚起できるタイプのものが設置されています。


 他にも人工的に喚起できる様に空気の流れを計算して換気扇が設けられていますので、冬の雨雪が多い時期は室内に洗濯物が干せる様にもしてあります。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪








階段および二階ホール


階段や廊下は腰壁にしてあります。ものを運んでいるときに擦ったりすると、黒瀬では黒く汚くなって見えますが、木材では時間が経てば落ち着いた色に経年変化し、傷も味わい深くなります。


階段には壁を切り抜いて小さな収納があります。飾り物を置くことで、ちょっとした空間演出になっています。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪





1・2階トイレ


1階トイレは来客利用もあることから、少し高級感のある空間デザインにしてあります。木材の腰壁を採用して温かみを出し、横に長い鏡を採用することで空間を広く見せる演出をしています。


2階トイレはシンプルで使いやすいものにしてあります。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪




北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪





二階リビング


二階にはセカンドリビングが設置されています。隣には書斎スペースがあり、たくさんの書籍が収納できる本棚や広々使える机が設置されています。また、この部屋からはウォークインクローゼットを通じてベッドルームとも繋がっています。

北陸富山の大工棟梁『肥塚建築』 建物・自然探訪






日本の伝統的なデザインと最新のモダンデザインを組合せたとっても素敵な家ですね音譜