逆襲の小樽ニシン!!~まんじゅう滑走(゚∀゚)ノ | ねこままん
2018-01-13 06:36:48

逆襲の小樽ニシン!!~まんじゅう滑走(゚∀゚)ノ

テーマ:ブログ

■ブログランキング参加しています!!下のバナーのクリックをお願いします(゚∀゚)ノ!!
応援してくれると「ねこマシーン」が激しく喜びますぞ!!
(゚∀゚)ノ

 
紳士、はやくワカサギを釣るのです!!とぽちっと応援!!
(`・ω・´)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村

 

 

↓もふもふはまだですか?とぽちっと応援!!

(`・ω・´)

 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

ヒャッハーー!!

(゚∀゚)ノ

 

ついに!!ついに釣ったぞ20cm超のニシン!!

 

ズンと竿が曲がった竿をぐいと持ち上げると、そこには求め続けたサイズのニシンがかかっていた。

ピチピチと震えながら上がってくるニシンを見つめる紳士は、あたかも終戦後の日本、テレビを食い入るように見つめる少年の顔ように輝いていたに違いない(もしくはショーウインドー越しにトランペットを見つめる黒人少年)。

 

ニシンを掴んだまま、左手を高々と掲げる紳士。その姿は、聖剣エクスカリバーを抜いたアーサー王の如く気高く、猛々しい。

釣り上げたニシンが放つまばゆいばかりの光は、港の対岸までをも煌々と照らし、見る者に昼と夜が逆転したかのような錯覚さえ与える。

その気高き姿に、岸壁に居並ぶ釣り人達は、次々とくずおれるように身を投げ、紳士にひれ伏すのだ。

我ながら自分が怖ろしい。これが紳士「ねこマシーン」の真の力だというのか!!(棒読み)

 

嗚呼、なんと美しき「スネ夫」の如き顔。口の形状がヤバいスネ夫っぽい。

 

我が名は「ねこマシーン」。ある意味ネコ型ロボットともいえよう。

(`・ω・´)会いたかったぞ。

 

 

 

 

宝物を捧げるかの如くうやうやしく、バケツにニシンを放り込む紳士。

 

念願の1/1スケールのニシンの刺身が食べれる喜びに感涙の紳士だ。大きいのは3匹。たったの3匹だったが、それでも掛け値なしにうれしい。

(´;ω;`)ブワッ

子ニシンばかりだったからね。

 

これで久しぶりに最高のドラッグ。「ニシンの刺身」をキメてハイになることができる。ニシンジャンキー垂涎のトリップである。

(゚∀゚)ノ

ニシンの刺身を食べた事が無い人の為に説明すると、ニシンの刺身を一度口にすると、甘美なエクスタシーと伴に、何事も恐れないような自信に満ち溢れた気持ちになり、感覚が覚醒して世界の頂上に立っているような気分になる。いわゆる「アップ系の刺身」である。

(`・ω・´)中毒性・常習性が強く、数多くの廃人を生み出していると言えよう。

 

とにかくよかた。子ニシンの中にほんのわずかに中型サイズが混ざると言う状況であったが、なんとか今年初めてまともなサイズを釣れた。

 

正直今年のニシンはやたらと苦戦した紳士だ。

(´・ω・`)また来シーズンはオホーツク海も含めてニシンを狙おう。

これで、とりあえずは心置きなくワカサギやサクラマスにスイッチできようというものである。

 

さて、ところで紳士が3連休を無駄に自分の為だけに使ったのかと言うとそうではない。

(`・ω・´)

 

3連休最終日を飾るのはだ。

スキーである!!

(゚∀゚)ノ

 

 

次女なのマシーンと、前のめりにスキー場に乗り込んだ紳士だ。夕張「マウントレースイ」スキー場である。

(`・ω・´)

紳士はこのスキー場をかなり多用する。個人的にかなり楽しい。

 

だが、どうしたことだろうか?見ても分かるように、怖ろしいほどスキー(スノーボード)客がいない

(´;ω;`)ブワッ

 

ここ北海道では、「スキー学校(学習)」と言って、かなりの学校でスキー授業が行われる。このため、他地域に比べると圧倒的にスキー人口が多いはずなのだ。

小学校低学年の子たちは、スキー学習前の上達を目指し、スクールに通う子もいる。

しかし、そうした義務教育(高校でも実施している学校が多い)の後押しがある北海道ですらこの状況である。

(´・ω・`)

 

バブル時期に絶頂を極めたスキーブーム、スキー人口は、減少の一途をたどっている。現在は全盛期の4割程度となっているようだ。スノーボードも伸びてはおらず緩やかに減少を続けている。

景気だけを考えるならば、かつてよりは浮揚感が感じられる現在である。つまりは景気だけのせいではないだろう。

おそらく、現代においてスキー、スノーボードはファッションにすらなり得ていない

 

スキー、ボードや釣り、バイク、ゴルフなど数々のジャンルで趣味人口減少が止まらない。人々の嗜好はどのように変化したのか?

余暇時間の過ごし方の多様化といえば、当たり前のようにも思えるし、スマホの台頭云々という説明も現在においては既に的を得ているとも思えない。

(´・ω・`)

どことなく一抹の寂しさを覚えてしまう紳士である。

 

とはいえ、「なのマシーン」は楽しそう。

(゚∀゚)ノ

 

 

 

 

現在のリフトは全く待たない。スイスイ乗れてしまう。

 

紳士が幼いころは、長蛇のリフト待ちがあった。リフトの前にはさながらディズニーランドのアトラクション前の如くロープが張り巡らされ、長時間並んだものである。なので、一気に滑り降りるなどと言う行為はもったいなかった。

(´・ω・`)手放しで良い時代になったと言えるものでは無かろう。

 

 

リフトにゆられながら、なのマシーンと他愛もない話をする。

 

用も無いのに「なーのたん」と何度も呼んで、嫌がられる紳士である。

(´・ω・`)

 

スキーの期限は5000年前とも6000年前とも言われている。細長い板きれを足につけ、雪上を移動したり滑ったりすることは、ほぼ人類と同じだけの歴史があると言えよう。

最初に考え付いた人は凄い。

 

 

さぁ行くぞなのマシーン!!

(`・ω・´)

 

紳士も久しぶりのスキーであるが、なんとかなるだろう。

むしろ止別あたりで使用できるサケ運搬用ソリで参戦することも考えたが、下品すぎるので止めた。

(´・ω・`)

 

 

まんじゅう「なのマシーン」は、正統派プルークボーゲンスタイルで滑走だ。

 

今年はぜひパラレルをマスターして欲しい。

(`・ω・´)

 

ちこマシーンから借りたゴーグルが、でっかすぎてトンボみたい。

 

「がんばれまんじゅう!!」と応援すると、「まんじゅうじゃない!!いや、むしろまんじゅうではない!!」とどこか紳士風に応えるなのマシーンである。

その語り口、父に毒されている

(´・ω・`)

 

 

 

いやはや、やっぱりスキー最高!!

北海道最高です!!

(゚∀゚)ノ

 

■あとがき

いやはや、太ももがものすごい勢いで筋肉痛になりました

(´・ω・`)

でもたのしかた~(゚∀゚)ノ

そういえば、スノーボードはもう長い間滑ってないですな。

(´・ω・`)まだ滑れるのかしら?

 

そろそろワカサギに進出しようかしら

おすすめの釣り場があれば教えてくだされ。

(゚∀゚)ノ

 

今日はカメラ撮影に行くかな

(`・ω・´)シャキーン

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

■ブログランキング参加しています!!下のバナーのクリックをお願いします(゚∀゚)ノ!!
応援してくれると「ねこマシーン」が激しく喜びますぞ!!
(゚∀゚)ノ

 
紳士、やっとまともなニシン釣れてよかったね!!とぽちっと応援!!
(`・ω・´)

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

にほんブログ村

 

 

↓もふもふはまだですか?とぽちっと応援!!

(`・ω・´)

 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 

 

 

ねこマシーンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス