ライアーハープ、ほそぼそ練習中です。


というのも、ライアーハープの弾き方を模索していたからなのですが。


最近、お琴のように弾いている動画も見かけましたよ。琴爪ではなくて、指でしたけどニコ

いいなあ、自由な使い方ラブラブ


私がいま考えているのは、

まさしくライアーハープという名前に相応しい、

“ライアー”としての使い方と

“ハープ”としての使い方。

両方ですキラキラ


ということで、動画で独学を続けてますルンルン


ようやく、

和音とアルペジオに挑戦しました〜





重音は簡単ですが、
和音は1つ増えるだけで難しさが一気に上がります。

練習あるのみ。ワタクシ、不器用なので・・

そして、和音の上。アルペジオも、やっぱり練習が必要ですねぶー

動画を見ていて、
わかるような、わからないような?

こういうときに動画という平面、一方通行の媒体のマイナス面を感じますショック

でも、センスの問題かも?
わかるひとには、わかると思います・・
私はセンスないので、わからんケドおーっ!




さて、
今回のさくらさくら。

綺麗な音色なので、
弾き方を備忘録に書いておきます。

五線譜じゃないから、音の高さがわからないですけど、お知りになりたい方は動画をご確認くださいませ♡

指の置き方で逆転?して私は書いているので、動画と和音の書き方が違います・・・
※後半の繰返しは省略

④ 2 3 4    2  ④ 2  3     4
ララミド ラ シレファシ

④ 2 3 4    2  ④ 2  3     4
ララミド ラ シレファシ

 2 3 4    ②    2  4 ②
ラミド シ ドミ シ

 2 3 4    ②    2   3     4
ラミド シ ラ ファレ

2  4      3      2   4     2
ミラ ド ミラ ファ

2  4      3      3      4
ミラ ミ ド シ


考えてみたら、これって

ピアノやハープの、メロディ+伴奏という感じじゃないんですよね。


メロディが重音だったり、和音だったり、特殊。

ここも今後考えていきたいところです。課題ですニコ


というのは、ライアー楽譜は、買わないので。

(ライアー楽譜は半音有りだと思うのです)


楽譜をどうするか、が一番大切なポイントかもしれません♡