福岡市、北九州市、東京 恵比寿。(ANK癌免疫療法、プラセンタインプランテーション) ひわき医院 TEL0935112014

福岡市、北九州市、東京 恵比寿。(ANK癌免疫療法、プラセンタインプランテーション) ひわき医院 TEL0935112014

京都大学発のANKガン免疫療法で進行がんからの生還例の実績を蓄積中。
福岡、小倉で毎月、ガン免疫セミナーの講師をつとめる。がん治療のスペシャリスト。プラセンタ埋没注射で自己免疫性疾患や脳脊髄液減少症などの難病治療のスペシャリスト。

 

当院でも多くの患者様がANK療法とハーセプチン点滴を併用しています。

 

ハーセプチンはADCC活性を有し、NK細胞の癌細胞殺傷をアシストします。

 

 

抗癌剤では癌幹細胞を殺せないため、再発するリスクが非常に高いのです。

 

ANK点滴で癌幹細胞を消失させておけば、再発しないのです。

 

多くの方はそれを教えられず、数年後に全身転移再発し、他界しています。年間癌死は38万人です。

 

大きな問題だと思うのです。

抗がん剤だけでは長期生存は無理です。癌幹細胞が死なず残るからです。ANK療法併用すると癌縮小スピードが上がります。

 

癌幹細胞の中には増殖をゆっくり行っているものも有るはずです。

 

これをANK点滴で殺傷すると、癌組織の親玉が減るので癌縮小スピードがアップするものと思われます。

 

最後には癌幹細胞もいなくなるので、癌から完全生還できると考えます。

 

現に多くの方が再発なく10年以上お元気です。

 

癌は癌幹細胞から発生し、癌幹細胞は抗がん剤や放射線では死にません。

 

数年後、癌幹細胞は再び活動を開始し、今度は抗がん剤耐性の癌細胞を大量に生み出します。

 

これが再発全身転移です。

 

そうならないためにANK療法で癌幹細胞を撲滅しなくてはいけません。

 

また再発癌、肉腫は抗がん剤はまず効果がないので最初からANK療法を受けた方が

 

生還する確率は高くなります。

 

セミナー参加申し込みは下記からお願いします。

 

 

本庶先生と勅使河原先生が京都大学で共著論文もあり、

 

免疫学の2大巨塔の研究者だと思います。

 

 

本庶先生が発見したPD-L1のみでなく癌には免疫チェックポイントが多数存在し、

 

T細胞が癌細胞を襲えなくしています。

 

そのためやはり癌治療の本丸はANK療法に行き着きます。

 

癌を襲えるのは究極に活性が高いNK細胞のみです。

 

ANK療法は、巷に多くある効果のない免疫療法とは全く違い、

 

保険収載に向けて実績を積み上げている癌治療法です。

 

内容を理解できれば、その中身の凄さが実感できるのですが。

 

詳しくはリンパ球バンクのHPを熟読して下さい。

 

 

 

 

脳脊髄液減少症は髄液産生が落ちている疾患なので、神経再生因子などで髄液産生細胞を修復すれが良いのです。

 

高濃度プラセンタ注射内には、多くの再生因子が含有されています。

 

残念ながら一般のプラセンタエキス注射は、再生因子の濃度が極めて低いので

 

脳脊髄液減少症の治療には不向きです。