読み書きの力や語彙が豊かなお子さんの家庭は、、、 | 奈良天理:ベビーマッサージ:ふれあい遊び:絵本:ひつじの親子

奈良天理:ベビーマッサージ:ふれあい遊び:絵本:ひつじの親子

ママさんパパさん、毎日子育てありがとうございます^^
ベビーから始められるマッサージ、ママのための産後ダンス、ふれあい遊び、絵本が大好きなひつじの親子教室。ママのための、ほっと一息できる教室です。

●読み書きや語彙が豊かなお子さんの家庭は、、、

お金持ちのお子さん?

…ではなく!

塾に通っていること?

でもなく!

共有型しつけを行っている家庭だそうです!!(NHKすくすく子育てより)



共有型しつけとは、

一緒に楽しい時間を過ごす

*子どもが喜びそうなことをいつも考える

ことを大切に過ごすことだそう。

旅行に行ったりお散歩したり、その子の好きなことをする。

お子さんの好きなこと、楽しいことを親がわかっているかも重要ですね。

こういったご家庭のお子さんは

読み書きの力が豊か

語彙豊富である

ということが分かっているそうです。

お金持ちかどうか、塾に行っているかは関係なかったそうです。








50の文字を覚えるよりも、100の「何だろう?」を育てたい。



乳幼児期には文字が書けるかどうかという見える力よりも

何だろう?と疑問をもつ探求する心を育てることのほうがずっと大事。







親子の会話の仕方を、

子ども自身に考える余地を残すように

子ども自身が考えることができるように

意識することが大切なんだそうです。

ちなみに共有型の反対は、強制型しつけ。

大人のやり方を押し付けるやり方ですね。


親も子も、楽しく毎日を過ごしたいものですね^^

そしてそれが未来につながるものだと、なお嬉しい、、、^^