肉をたくさん食べられるのは異常 | hits-keyの先天性PTSDってヘンですか?

hits-keyの先天性PTSDってヘンですか?

先天性PTSDの たにぐち"hits-key"明生が,うつ病や依存症などと言われる症状をはじめとした 心の問題の対処法を語ります。宗教を科学的に解明します。宗教は「本物です」。そして、人生に必要です。また,独特の切り口で社会問題をみていきます。


テーマ:
いまのみなさんの多くは、肉や魚をたくさん食べていますよね。
思い通りに食べているひとが多いのではないでしょうか。
外食や加工食品にしても、肉や魚がたくさん用いられていますよね。


そもそもヒトというのは、これほどまでに肉を食べるようにはできていません。

古代のひとたちは狩猟採集をして暮らしていて、いまでも世界中には、狩猟採集で暮らしているひとたちもいます。

狩猟というと肉を食べるわけですが、
だからといっても、そんなに肉のたくさんとれることは多くはないでしょう。
食べられる部分の多い「大物」を仕留められることなんて、まれです。

通常は、まだ小さかったり弱っていたりする動物を追い回して追い込んで狩るんですから。
狩りは生命のリスクがあります。大物を狙うと、仕留めるのはとても大変ですし、反対に殺される危険性もあります。
リスクを回避したければ、捕りやすい小動物を狙うでしょうね。
そういった獲物を食べるのですから、食べられる肉は少ないのです。
そもそも野生動物なんて、まるまる肥っていやしません。

だから、肉を思い通りに食べられるなんていうのは、強さと富の象徴なのですし、
妄想、「夢」なのでしょう。

実際にはありえないから「酒池肉林」であるはずなのですが、
いまのこの国では、少しばかりのカネさえ出せば手に入る、酒池肉林国家ですよね。
言うまでもなく、まともではありません。

いま、ファストフードなどに行けば牛肉などが多いでしょう。
その牛は、まるまる肥らせて、食べられる部分を増やした、とりわけ贅肉(ぜいにく)をふやしたものであるわけですよ。
米国でもこの国でも、みなさんの過剰な欲求を満たすために、牛をまるまる肥らせて食べています。

そもそも「ストレス社会」だから、
精神的に追い詰められたみなさんは、肉や酒に依存していくのです。

本来は、精神的なストレスは肉体的な負担と比例するものなので、肉体疲労時には精神的にも疲弊していて、だから肉が食べたくなるものなのです。
ところが、米国にしてもこの国にしても、精神的疲弊ばかりが偏って蓄積する「ストレス社会」なのですから……

運動もまともにしていないのに肉を食べるのは、異常なことです。
ところが、ストレスばかり蓄積しているので、運動もまともにしていないのに肉をたくさん食べ、そうして身体がおかしくなっていくわけです。

通常ならば、狩りをして肉体的に多大な疲労があったことと同時に、成果として肉のたくさんついた大物を捕らえて食べられるわけなのですから。



大物を捕らえられることなんて頻繁にはありません。
リスクを冒して大物を捕りにいくことも、頻繁にはしません。
だから、少しばかりの肉しか食べられず、他方で植物を採って摂って生きてきたのです。
食べ物の多くは、穀物や果物や草なのです。

いまのひとたちが好きなだけ肉を食べているのは、ヒトとして異常です。
まともではないのですよ。

ところが、現代の米国や米国流社会では、肉をガツガツ食べるのが当たりまえになってしまっています。
それは異常なのです。
異常なのに、社会常識化してしまっているから異常であると気がつかなくなっているのでしょう。
非常に危険な状態です。

まあ、もはや人間が多すぎて食糧危機が加速していますから、
そのうち肉を好きなだけ食べられるなんていうことはなくなるでしょうし、
そうならなければおそらく、遺伝子組換でもなんでもして人為的に異様なものをますます食べるのでしょうね。
すでにいまのみなさんもヒトとしてまともなすがたをしていませんが、
将来のひとたちは、道をまちがえればきっと、妖怪か機械人間かなんかのような異様なすがたになっていくのでしょうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 複雑性PTSDへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス