このブログで何度か書いてますが、

僕は、明石家さんまさんを尊敬しています。

 

 

 

奈良のイベントのとき、さんまさんの母校に連れて行ってもらうほどw

さんまさん母校

 

さんまさん母校

 

 

 

いつも明るくて、ポジティブで、

お茶の間を大爆笑させてくれる

言わずと知れたお笑い界、

というか日本のトップスターですが、

 

そんなさんまさんが誕生するまでの

エピソードをご存知だろうか。

 

さぞ楽しい家庭に育ち、恵まれた幼少時代を

送ってきたんだろうと思う人も多いかもしれない。

 

でも、決してそうではなかったのだ。

むしろ、辛くて悲しい過去だった。

 

たとえば、

 

 

 

◆不遇な幼少時代

 

3歳のときにお母さんを亡くし、その後お父さんが再婚する。その継母は、ほとんどさんまさんを完全無視し、連れ子である弟さんばかりに愛情を注いだらしい。

 

さらに継母が酔っ払ったときに「うちの子はこの子(弟)だけや」とこぼしたのを聞いてしまう。

 

それでも継母と仲良くしたい、振り向いてもらいたい、と面白いことを考え続けたことがお笑い芸人としてのルーツとなったそうだ。

 

→大竹しのぶさんと結婚してからも、帰宅すると、血のつながっているIMARUちゃんより先に、連れ子であるニチカくん(さんまさんと血はつながっていない)の方に、真っ先に話しかけにいっていたというエピソードにつながってるんでしょうね。

 

 

 

◆弟さんの死

 

さんまさんと弟さんは、血のつながっていない兄弟だったわけだが、

「ぼくのことを、昔から、すごく尊敬してくれてるやつ」「ぼくがいうことは、すべて正しいと思っていたみたいです」と、

仲の良い関係だったみたいだ。

 

しかし、さんまさんが「オレたちひょうきん族」などの冠番組を持つほどになったある時に、そんな弟さんが、実家の火事で亡くなってしまう。

 

このことに、相当ショックを受けてしまい、一時は芸能界を引退しようかと思うほど、笑いが取れない日々が続いたそうだ。

 

 

 

◆九死に一生

 

さんまさんは、1985年8月に起きたあの日本航空123便墜落事故で死んでいたかもしれなかった。

しかし、「オレたちひょうきん族」の収録が早く終わったことから日本航空123便をキャンセルし、一つ前の飛行機に搭乗していたため、九死に一生を得た。

 

→現在でも大阪東京間は飛行機を乗らずに新幹線を利用している、というエピソードは有名。

 

さんまさんの座右の銘と言えば、

 

「生きてるだけで丸儲け」

 

だが、

 

その言葉の重みが伝わって来るエピソードだ。

 

→娘さんの名前にも

イマル(きてるだけでまるもうけ)

と名付けている。

 

さんまさんは、よくテレビでも

「僕たちは生かされてる」って言います。

 

だからこそ、

 

生かされた人生を最高に楽しむ、

周りを笑顔をすることが自分に与えられた使命

 

と思ってるのではないかと思った。

 

こうした背景が、

いまのさんまさんの笑いの哲学を創ったのだ。

 

 

 

他にも、

 

■テレビでは絶対に泣かない

 

■写真やサインには必ず応じてくれる(神対応エピソードがたくさんあります)

 

■スターなのに一般人と気さくに話してくれる

 

■信号待ちのとき、中学生からお尻を蹴られたのに怒ることなく、「ナイスキック!」と返した

 

などなど、

 

尊敬に値するエピソードがいっぱいあります。

 

 

 

なぜ、↑のような言動を取るのか?

 

その1つひとつに、哲学やエピソードがあるのだ。

 

 

 

 

 

 

さて、昨夜は、

 

「誰も知らない明石家さんま」

 

という番組を観てました。

 

 

 

副題は「さんまが泣いた日」。

誰も知らない明石家さんま

 

 

 

杉本高文(さんまさん本名)という、

当時から才能はあったけれども、

まだタダの青年を、

「明石家さんま」にしたのは、

 

師匠の笑福亭松之助さんだった。

誰も知らない明石家さんま

 

「弟子にしてほしい」というさんまさんを

 

「ラーメン食いに行くぞ、着いて来い」

 

と言って、弟子にした。

 

弟子の仕事として、カバン持ちをするのが当たり前。

でも、松之助師匠は

 

「カバンを持っても噺(はなし)がうまくなるわけじゃない」

 

そう言って、

さんまさんに一切カバンを持たせなかった。

 

その背景には、

 

「カバンを持つ暇があったら、周りを目を凝らして観察して、噺(はなし)がうまくなる方にエネルギーを注げ!」

 

という意図があったらしい。

 

 

 

その後さんまさんは、当時の彼女と駆け落ちして、

何も言わず東京に行ってしまう。

 

要は、師匠からすれば、

弟子が勝手にやめて、

突然いなくなったのである。

 

しかし、東京でうまくいかず、

結局半年後戻って来て、土下座をするさんまさん。

 

必死で謝ろうとするさんまさんにに対して、師匠は、

 

「何も言うな!ラーメン食いに行くぞ!」

 

その一言しか言わなかった。

 

 

 

そのラーメン屋で、師匠から言われた言葉に、

さんまさんは涙した。

 

 

 

誰も知らない明石家さんま

↑さんまさん役の成田凌くんいい演技でした

 

 

 

まさに、

 

この師にして、この子あり。

 

 

 

「生きてるだけで丸儲け」という言葉は、

飛行機事故から九死に一生を得たことから

生まれた言葉だと思っていたが、

笑福亭松之助さんの座右の銘だった、

という背景があったんだと知った。

 

 

 

そうか、僕はさんまさんを超絶尊敬していたけど、

そのさんまさんの恩師も、超絶素晴らしい人だったのか。

 

 

 

誰も知らない明石家さんま

 

 

 

今年亡くなった笑福亭松之助さん。

さんまさんはたまたま仕事で大阪にいて、

お通夜も告別式も出ることができたそうだ。

 

その時さんまさんは、喪服ではなく、

普段着のまま師匠を見送りに行った。

これもさんまさんの師匠への愛と哲学だった。

 

 

 

僕みたいな凡人も、

この大きな器を持った、

魂レベルの高い2人の師弟関係から、

何かを学ばなければならない、と思った。

 

 

 

昨夜の番組、「見逃し配信」やってるサイトあると思うから、ぜひ観てみてほしい。

 

 

 

さんまさんみたいな天才でも、

決して自分ひとりだけの力では、

いまの地位はなかったはずだ。

 

人間、一人では生きていけない。

過ちもしてしまうこともある。

 

でも、

 

助けてくれる人がいる。

諭してくれる人がいる。

導いてくれる人がいる。

ただ優しく、抱きしめてくれる人がいる。

 

人生、「縁」なのだ、と思った。

 

その縁は、さんまさんに限ったことではなくて、

みんな必ず持っている。

恵まれている。

 

 

 

そんな器の大きい、恩人に感謝するのはもちろん、

 

自分自身も、

 

もっともっと人間としての器を大きくしていかねば、

もっともっと魂レベルを向上させていかねば、

 

と思った。

 

 

 

ホント、チンピラと小競り合いをしてる場合じゃねーな(笑)

自分が恥ずかしくなりました…。

 

 

 

 

 

 

番組では、

 

さんまさんの存在により、

神対応により、

人生が変わった人たちのエピソード

も紹介されていた。

 

さんまさんは何気ない対応だったかもしれないが、

本人にしてみれば、一生忘れられない思い出。

 

1人の人間の言動が、

誰かの人生を変えてしまう。

 

「本当にスゴイなぁ~」

 

とまた心打たれた。

 

 

 

そして、そのさんまさんを世に出した笑福亭松之助師匠。

 

2人とも本当にスゴイ、カッコいい!!

 

 

 

あー、なんて

 

器が大きくて、

魂レベルが高いんだ…。

 

 

 

 

 

 

そんな男たちに少しでも近づきたいと、心から思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組では、

 

母校への凱旋サプライズも!

誰も知らない明石家さんま

 

誰も知らない明石家さんま

 

誰も知らない明石家さんま

 

誰も知らない明石家さんま

みんなを笑顔にするさんまさんが素敵だ♪

 

 

 

 

 

 

本日もありがとうございました!

さて、今日も人生楽しみますか!

★★★★★★★★★★★★★★★★

↓↓1日1クリお願いしますm(_ _)m↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑我が家の愛犬「Lucky」です↑

ランキングのページに飛べば成功です!

いつも2つともボタンを押してくれてありがとう。

あなたに感謝です。

★★★★★★★★★★★★★★★★

 

リブログ・シェアはご自由に~♪

いい!と思ったら、自分が思いついたかのように周りに伝えてね(^^)v

 

=========

<募集中のイベント>

 

12月6日(金) 【ワークショップ in 神奈川】 コチラ ※個人セッション20分(1万円分)をプレゼント

 

12月22日(日) 【1dayイベント in 札幌】 コチラ

 

=========

 

★ヒッツの公式LINEができました♪

友達追加はコチラ↓

友だち追加

↑コレを押しても飛べない人は

LINEのメニューの「友だち追加」⇒「ID検索」⇒「@382dajwf」と入力検索⇒「友だち登録」

<質問募集中♪>

登録して、バシバシ送ってね!

運が良ければ、ヒッツから回答が来たり、ブログで回答が見れるかも(^^)v

 

★ヒッツのトークライブのプロモーションビデオができました♪

 

★ヒッツのワークショップのプロモーションビデオができました♪

 

 

★ヒッツのページができました♪→コチラ

 

まだまだ全国各地からオファーお待ちしてます!!

 

*********

★ヒッツへのオファー・お問い合わせはコチラ

★個人セッションの申し込み・お問い合わせはコチラ

*********