別れの季節

テーマ:
岐阜県中津川市の早川鍼灸院ひとときです。(当院の公式ウェブサイトはこちら)


3月は卒業シーズンでもあり、社会人なら異動があったりと、ある意味別れの季節ですね。そういった別れはまた新たな出会いの幕開けでもありますので、寂しさ半分、期待も半分くらいといったところでしょうか?


私はというと、寂しい方の別れがありました。先日祖母が他界したので葬儀のため臨時休業をいただきお隣の(といっても結構遠い)富山県まで行ってきました。(当日は数件ご予約のお断りをしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。)圧迫骨折をしてから調子が悪かったようで、亡くなったのは母親たちがそのお見舞いに行ってから数日後のことだったのでびっくりしました。


子供がもう少し大きくなって泊まりか遠出ができるようになったら一緒に会いに行こうと思っていたのですが、生きている間に会えなくてほんとうに残念です。自分だけでも会いに行けばよかったと後悔しています。(みなさんはそういうことで後悔されないようにしてくださいね。)


行くまでの道中、暖冬の影響かスキー場でもほとんど雪がなく、この時期の奥飛騨や北陸とは思えない景色でした。


無事に到着して久しぶりの再会を済ませ、納棺の儀~通夜~本葬~七日祭と慌ただしく2日間が過ぎて行きましたが、両親をはじめ、きょうだい・いとこ・おじ・おば達と一緒に過ごす時間もまた貴重なひとときとなりました。




サービスの行き届いた小綺麗なセレモニーホールでした。


仏教の葬儀は作法やらなんやらが神道と違うので少々戸惑いましたが、色々と勉強になりました。知らないことがたくさんあるってある意味新鮮ですね。そんな新鮮な気持ちを忘れずに自分の人生(仕事・趣味・生き甲斐)をまっとうできるといいですね。