【MW-ムウ-】

テーマ:

日々のつぶやき-ムウ


監督:岩本仁志

出演:玉木宏、山田孝之、石橋凌、石田ゆり子、鶴見辰吾、風間トオル


   世界を変えるのは、

         破壊か。祈りか。


「16年前、島民全員が死亡する事件が起こった。

しかしそれは政府によって闇に葬られ表ざたにはならなかった。

その村で偶然生き残った少年が二人、結城美智雄と賀来裕太郎。

1人は神父となり善の道を、1人は復讐のため悪の道へと進んでいた」


手塚治虫原作は未読です。

かなり濃厚で怖かったという感想は聞きます・・

かおりさんも「絶対子供には見せたくない」って言ってたし・・・いいや~って思ってたんだけど、でもちょっと興味湧いてきた。



原作とは結城美智雄と賀来裕太郎の二人の関係が違うみたいです。


友情とは違ったものすごく深いところで繋がった二人だと思っていたのに、何かそういう感じじゃないんですね。あまりにもアッサリと・・

まるでただ利用しただけって感じ。

どうも結城のことが解りません。
他人の犠牲など構わない結城の目的はただ一つあの事件の真相暴露なのでしょう。

でもなんか設定やら脚本やら色々弱かったかな~


誘拐事件で犯人を唯一追うことが出来た警視庁の刑事沢木。

沢木目線で見てしまったので、主人公である結城にちっとも共感できなかった~

あまりにも冷酷すぎだし、意味のない犯罪は許せない。

復讐のために・・っていうのだけなら犯罪と解りつつも同情しちゃったりできるものが、全くダメでした。

大体最初に復讐した元島民三人って首謀者とかじゃ全然なくて、島から出ていて生き残ったから口封じに出世させた・・と石田ゆり子さんの記者言ってなかったっけ?

だったら彼らを殺害するよりもっと先に復讐するべき人がいるのでは?

殺しやすい人間からってこと?

なんか解らないな~~~


突っ込みどころも多かった。

ラストの米軍基地ではどうしてあんな?

軍用機飛ぶ前に普通捕まえるって~しかも事前に当然誰か潜んでるのが普通でしょ!と思ったら賀来かい!何故~~??


どうも乗り切れずでした。

一番面白かったのはタイの誘拐事件のあたりかな~

徐々に失速してました。


映画前のドラマ「MW 第0章 悪魔のゲーム」 あんなサイドエピソードにしないで、もっと結城が悪魔となっていく過程や賀来の苦悩を描いた方がよかったのかも。残念ながらドラマが活きてませんでした。佐藤健くん好きだしあれはあれで面白かったんですけどね。


やっぱり原作読もうかな~