日々のつぶやき-ヘブンズ・ドア


監督:マイケル・アリアス

出演:長瀬智也、福田麻由子、三浦友和


「いきなり余命数日を告げられた28歳の青山勝人は入院した病院でここ数年病院から出たことのないという少女春海と出会った。春海も自分の間もなく迎える死を知っていた。

海が見たことがないという春海に海を見にいくか!と二人は病院を抜け出し海に向かった。」


人より早く確実に訪れる自分の死と向き合っている二人が海を求めて走り出したロードムービー。

どこか投げやりで諦めているような二人が、高級車に乗って、思いがけず拳銃を手にして、豪遊して追われて、非日常を過ごす。

自分の余命を告げられいなければきっとしなかったであろう行動の数々が、今までの自分と違う気持ちを思い出させてくれる。


ベッドの下のたくさんの酒瓶、檸檬、テキーラ・・病院内での喫煙、春海にお酒、病室でのキャンドル・・

病院シーンからまるで漫画のような展開が続いて、でもおかしいよ~って突っ込むのじゃなく自分の死を前にした彼らならこういうのでもアリかな~って思わせてくれます。

車泥棒やガソリンスタンドと郵便局の強盗!

これは見ていて嫌な気分にもさせられるんだけど・・

春海の存在で助かってるかな~

多分普通に生活していたら出会わなかったであろう二人が行動を共にする。

兄と妹のようだったり友達のようだったりするんだけど、最後に初めて「死にたくない」と叫んだ勝人を優しく包んで抱きしめた春海は姉のようでもありお母さんのようでもあり。

勝人が最後会えなかったお母さんに出会えたような気がしてジーンとしちゃった~



見ていて「最高の人生の見つけ方」を思い出しました。

死に確実に近づいていく旅なんだけど、爽やかな映画です。


嵐の二宮くん合ってたな~

土屋アンナちゃん気付きませんでした。