【人見知りと自覚のある人へ】もしかして『人見知り』のこと甘く見てませんか? | 人見知り過ぎてクラスで孤立していたキモメンが、新学期早々から脱人見知りを果たした魔法のようなコミュニケーション術

人見知り過ぎてクラスで孤立していたキモメンが、新学期早々から脱人見知りを果たした魔法のようなコミュニケーション術

人見知り。治したくても正解がわからない。
そんな悩みを一蹴する人見知りのためのコミュ障改善プラン、
『一人で出来る人見知り改善方法』公開していきます!

人見知りは大損



こんばんは!
トモです。


突然ですが、


もしかしてあなたは、
『自分は人見知りだ』と認めながらも
あまり深刻に考えていないですか?


だとしたら相当まずいです。


なぜなら、
それは僕が人見知りで若い頃の人生を
台無しにしたときと同じ状態だからです。


今回の記事は、
人見知りについて深刻に考えていない
あなたに向けた記事
になっています。


人見知りは改善してみないと
いかに人見知りという状態が
危険であるかというのがわかりません。


事実、僕も人見知りの時は
そんなに大きな問題とは
考えていませんでした。


でも、
人見知りが治ってからというもの、


今までどんなに自分が
損だらけの人生だったのか…


今までどんなに自分は
無駄な時間を過ごしてきたのだろう…


などと思ったりもしました。


あなたには、
僕と同じ後悔をしてほしくありません。


なので、
ぜひこの記事を
最後まで読んでみてください。


それでは本題に入ります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


突然ですが、
あなたは今幸せですか?


僕はとても幸せです。


でも、
昔の僕は今の僕から考えると、
とてもぞっとするような人生でした。


僕は中学のときから
人見知りが深刻になりました。


今まではクラス替えをしても
大半の人は知っている状態でした。


それが中学に上がった途端に、
クラスの大半が
知らない人だったんです。


でも周りはみんな
グループみたいなのが
出来上がってました。


そこから僕は人見知りとしての
長く退屈な日々が始まっていきました。


朝学校に着いて、
周りは友達同士で喋ってる横を
素通りして、


誰とも喋ることも、
もはや挨拶すらせずに
自分の席に着きます。


休み時間も、一人でいると
「あいつ友達いねーんだな。」
と思われるのが嫌で、


(俺は本を読みたいだけだ、
 だから友達がいないわけじゃない)


みたいなオーラを出して、
アニメの小説を
周りにばれないように
ブックカバーをつけて読んでました。


体育の授業なんかでは、先生の
「二人一組になってください」
このセリフは地獄でした。


みんな友達同士で組んで、
僕とか僕みたいな暗めの子が余り


みんなから痛い目で
見られているときもありました。



高校生になっても
状況は変わりませんでした。


みんな新しい人たちのはずなのに、
僕の周りの人たちは
みんな友達を作っていっていました。


何人か知り合いがいたからまだ良かったけど、
それでも大半の新しい人とは
喋ったこともない。


1年たっても、
クラスメートのことなんてろくに知らない。


知っているのは顔と名前と、
話しているときに聞こえてきた声くらい。


少し根暗そうな人となら
なんとか話せるけど、


クラスのイケイケの
リア充なんかに話しかけられると、
頭の中は一瞬で真っ白。


女子との会話なんてもってのほか。
異性と話すなんてまず緊張で無理。


たまたま話しかけられたときも
周りに合わせて愛想笑いで終了。


自分がいじられてても
いじられた経験がないから
いじられてるとは気づかずに、


「…え?そうだね、ははっ…」


なんて返しで気まずい空気が流れる始末。


嫌われたくない。


この一心で、
波風を立てないように、
無難に生きていこうとしてました。


話しかけて欲しい。
でも、うまく会話できないから
やっぱり話しかけないで欲しい。


勇気を出して自分から話しかけてみても、
結局うまく話せない。


そっけない返事がくると、


「え、俺この人に嫌われてる?」


なんて思い込んで、
「嫌われたくないから
 あんまり関わるのやめよう…」


この繰り返しでした。


ときどき話す根暗な人が
友達だと思い込んでました。


でもプライベートで遊ぶわけでもなく
放課後は自宅にすぐ帰って、
ゲームかアニメ。


昔の僕は、
それで満足はしていなかったけど、
別にそこまで不満もありませんでした。


重大な損をしている気づかぬままに。


今の僕は、
人見知りをだいぶ解消できました。


男女誰でも話せますし、
初対面だろうが関係ありません。
リア充だって普通に話せます。


人をいじったり、
人からいじられたり、


食事や遊びに誘われるようにもなりました。


ちょっとした悩みなんかも
相談されるようになったり、


今ではこれが当たり前の生活です。


リア充にはもしかしたら
普通で、当たり前で、
これくらい日常茶飯事なのでしょう。


でも、
人見知りはこの「普通」
はるか遠い夢のようなものです。


人見知りを治して得た今の現状は、
正直言って僕にはもう普通のことです。


でも、昔の僕からしたら
ありえないくらいの現実を
手に入れたのです。



いざ人見知りを改善してみて、
人見知りがいかに
損をしているかというのが、
手に取るようにわかります。


「友達ができない」
「なんとなく気まずい」
「会話ができない」


そんな程度ではなかったんです。


僕は人見知りを改善するまでの間の、
楽しかった思い出がありません。


「今までで楽しかった思い出は?」


僕には答えられる思い出はありません。


「今までで一番嬉しかったことは?」


僕には嬉しいと感じたことがありません。


無難に生きるとはこういうことです。


何かを頑張ったこともないし、
何か人の役に立ったこともない。


軽くいじめられていた記憶だけが残り、
良い記憶なんて正直まったくありません。


友達と遊んだ記憶も、
彼女ができた記憶も、
僕にはありません。


僕には『青春時代』がありませんでした。


好き放題遊んでいられて、
一番楽しい時期の思い出だけが、
僕の人生の中でごっそりないんです。


リア充たちが言う、
「普通の学生生活」
それを僕が得ることはありませんでした。


今でも思い出すとゾッとします。


高校卒業前から改善し始め、
大学生になって僕の人見知りは
ほぼ改善されました。


そこから僕の人生には彩りが生まれました。


大学での思い出はいくらでもあります。


友達と旅行に行ったり、
彼女と遊んだり、
大学のサークルでの思い出だったり、


大学での思い出はあげたらキリがありません。


人見知りが改善できたあとの未来では、
あなたに思い出が出来ます。


自分の中に、
輝きに満ちた記憶が
人生の1ページとして刻まれるのです。


僕は高校までの学生生活、
クラスの大半の連絡先を知りませんでした。


でも今大学生活を経て、
携帯の連絡先の件数は
200件を超えています。


この違いはなんだったのか。


人見知りだったかどうかの違いです。


人見知りが改善されると、
自分の目に見えている世界に
彩りが溢れてきます。


今まで会話が下手だと思っていた僕。


友達に、
「お前本当話うまいよな~」
と言われました。


驚きました。


でも、認めてもらえた感じがして
とても嬉しかったです。


それからは自分に自信が
持てるようになり、
今では彼女もできました。


もし僕が人見知りじゃなかったら…


こんな楽しい人生を
もっと早く送れていたのでしょう。


人見知りの期間は、
本当にもったいない時間でした。


僕は愚か者でした。


でもしょうがなかったんです。
どうしようもなかったんです。


誰も人見知りの治し方を
教えてくれなかったんだから。


本屋でコミュニケーション本みたいなのも見ました。


ダメでした。


「もっと聞こえるように喋れ!」
「ちゃんと自分の意見を言え!」
よく言われました。


(そんなことはわかってんだよ、
 でもできねえから困ってんじゃねえか!)


内心こんなこと思ってました。


でも今の僕なら、
人見知りを改善するのに
必要なことがわかります。


実際に人見知りだった僕が
改善できたんだから、ホンモノです。


・相手に話しかけさせる方法
・人に好印象を与える5つの秘密
・人から好かれる話し方の秘訣
・誰もが楽しくなる会話術


これは一部ですが、
こんな内容のものをまとめたものが、


『人見知り改善完全マニュアル』です。


今回このマニュアルを、
無料限定50名の方にプレゼントします。





これは人見知り専用のマニュアルなので、
受け取っていただいた方には
とても好評なので嬉しいです。


「人見知りなんてそのうち治るだろ」

「そんな気にしてないしな~」

「別に人見知りのままでいいや」


こんな風に考えてる人にこそ、
このマニュアルを受け取ってほしいです。


無料ですが、
限定50名ですのでお早めに。

【人見知り改善完全マニュアルを受け取る】


想像してください。


あなたが人見知りだったのはもう昔の話です。


学校に行けば、
「おはよう!」
と声をかけてくる友人がいて、


あなたは「おはよう!」と挨拶をし、
自分の席に行く前に友人の席に行きます。


そして昨日のテレビの話でもして、
そのあとようやく自分の席に行きます。


休み時間も、
自分の席の周りに友人が集まってきて、
5、6人くらいでお昼を食べます。


授業の移動も、


「◯◯、一緒に行こうぜ!」


と声をかけられ、
みんなでワイワイ移動します。


こんな他愛もない日常。


他愛もないけど楽しい日常が、
人見知りを改善すると待っています。


この未来は逃げることはありません。
あとはあなたが近寄るだけです。



心の準備はできましたか?
できたら下のリンクからどうぞ。


【人見知り改善完全マニュアルを受け取る】


リンクに飛ぶと、
メールアドレスを入力する画面が出ます。


そこに入力していただくと、
僕から一通だけメールが届きます。


そのメールの中から、
PDFファイルをダウンロードしてください。


最後にもう一度言わせてください。


人見知りは必ず治ります。


だから、
僕と一緒にゆっくりでもいいので、
人見知りを治していきましょう。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

追伸


ここ最近のスマートフォンの普及により、
メールではなく、
アプリのLINEからでも
受け取れるようにしました。


LINEであれば不要になったときに
すぐにブロックなどもできますし、
いろいろ便利かとは思います。


手順はいたって簡単です。


まず下の画像を保存してください。




次に、LINEを開きます。


LINEのその他というところ、
一番右のところにあるはずです、
そちらをタップしてください。


そしたら友達追加をタップし、
QRコードをタップしてください。


自動的にカメラに
切り替わるかと思いますが、

下の方にある
ライブラリをタップしてください。


そこから先ほど保存した画像を選んで
タップしてください。


以上が手順になります。